メインメニューを開く

ベイブット・シュメノフ

ベイブット・シュメノフBeibut Shumenov、男性、1983年8月19日 - )は、カザフスタンプロボクサー南カザフスタン州シムケント出身。元WBA世界ライトヘビー級スーパー王者。元WBA世界クルーザー級王者。現WBA世界クルーザー級休養王者。世界2階級制覇王者。右のフックを武器にバックボーンである空手を感じさせる独特のボクシングスタイルを持つ選手。

ベイブット・シュメノフ
Beibut Shumenov vs. Gabriel Campillo (1).jpg
2010年、カンピージョに再挑戦するシュメノフ(左)
基本情報
階級 クルーザー級
身長 188cm
リーチ 188cm
国籍  カザフスタン
誕生日 (1983-08-19) 1983年8月19日(36歳)
出身地 南カザフスタン州シムケント
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 18
KO勝ち 12
敗け 2
テンプレートを表示

来歴編集

父親は会計士、母親は教師の比較的裕福な家庭に生まれる。両親が働いていたことから、代わりに叔母がシュメノフの面倒を見ていたが、間違ってシュメノフに有毒なミルクを与えてしまう。叔母はこの事に気づくが責任を問われることが怖くて誰にも話さなかった。2週間後ようやく父親がシュメノフの異変に気がつき、慌てて病院に駆け込む。しかし既に毒が全身に回っており、医師から余命2、3日と宣告を受ける。奇跡的に一命を取り留めるが、この時の影響で幼少期のシュメノフは免疫力が弱く、肺に疾患を持ち体力が無く非常に虚弱体質で頻繁に病院に通っていた。強さにあこがれていたシュメノフは6歳の時にテコンドー空手をはじめる、それからさらにレスリングキックボクシングムエタイを始め、ボクシングを始めたのは13歳の時だった[1]

アマチュア時代編集

2000年11月、ハンガリーブダペストで開催された世界ジュニア選手権ミドル級(75kg)で出場したが、2回戦でチャド・ドーソンに敗れた[2]

2003年7月、タイバンコクで開催された世界ボクシング選手権ライトヘビー級(81kg)で出場したが、2回戦で敗退した[3]

2004年8月、カザフスタン代表としてアテネオリンピックライトヘビー級(81kg)で出場したが、2回戦で敗退した[4]

プロ時代編集

プロ転向後兄チンギス・シュメノフとともにアメリカ合衆国に移住し兄と協力者が設立したプロモーターKZ・イベント・プロモーションと契約を交わし拠点をネバダ州ラスベガスに置いた。

2007年11月17日、ノースカロライナ州ウィルソンでウォルター・エドワーズと対戦し、初回2分58秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2008年4月10日、ABCOライトヘビー級王座決定戦並びにPABAライトヘビー級暫定王座決定戦をドネル・ウィギンスと行い、2回2分11秒KO勝ちを収めABCO王座の獲得、PABA暫定王座獲得に成功した。

2008年4月22日、ABCO王座並びにPABA暫定王座の防衛並びにWBOアジア太平洋ライトヘビー級王座決定戦をラベル・フィンガーと行い、初回1分5秒KO勝ちを収め、ABCO王座の初防衛、PABA暫定王座の初防衛、WBOアジア太平洋王座の獲得に成功した。

2008年8月2日、元WBC世界ライトヘビー級王者モンテル・グリフィンと対戦し、12回3-0(120-107、2者が120-108)の判定勝ちを収めABCO王座の2度目、WBOアジア太平洋王座の初防衛に成功した。

2009年5月9日、ABCO王座並びにWBOアジア太平洋王座の防衛並びにPABA暫定王座並びにIBA世界ライトヘビー級王座決定戦を元WBA世界スーパーミドル級王者バイロン・ミッチェルと行い、4回2分58秒TKO勝ちを収めABCO王座の3度目、WBOアジア太平洋王座の2度目の防衛、PABA暫定王座への返り咲き、IBA王座の獲得に成功した。

2009年8月15日、カザフスタンアスタナのスポーツ・コンプレックス“ダウレット”でWBA世界ライトヘビー級王者ガブリエル・カンピージョと対戦し、プロ初黒星となる12回0-2(113-113、113-114、111-115)の判定負けを喫し、王座獲得に失敗した。

2010年1月29日、ハードロック・ホテル・アンド・カジノザ・ジョイントでWBA世界ライトヘビー級王者ガブリエル・カンピージョと対戦し、12回2-1(111-117、117-111、115-113)の判定勝ちを収め4ヵ月ぶりの再戦を制すると共にWBA王座獲得、IBA王座は初防衛に成功した[5]

2010年7月23日、カリフォルニア州キングス郡リムーアタチパレス・ホテル・アンド・カジノでWBA世界ライトヘビー級2位のヴャチェスラフ・ウセルコフと対戦し、12回3-0(117-109、2者が118-108)の判定勝ちでWBA王座は初防衛、IBA王座の2度目の防衛に成功した[6]

2011年1月8日、カザフスタンシムケントのスポーツ・パレスでウィリアム・ジョッピーと対戦し、6回15秒KO勝ちでWBA王座は2度目、IBA王座は3度目の防衛に成功した。当初はユルゲン・ブリーマーと対戦予定だったが、ブリーマーがインフルエンザを理由に欠場し急遽ジョッピーが代役となった[7]

2012年6月12日、ハードロック・ホテル・アンド・カジノ内にあるザ・ジョイントでWBA世界ライトヘビー級15位のエンリケ・オルネラスと対戦し、12回3-0(3者とも120-108)の判定勝ちでWBA王座は4度目、IBA王座は5度目の防衛に成功した。

当時のWBO世界ライトヘビー級王者ネイサン・クレバリーやWBC世界ライトヘビー級王者チャド・ドーソンとの統一戦を模索するが交渉が失敗に終わり、交渉の煩わしさや自己プロモーションや自己マネージメントに限界を感じたシュメノフは、オスカー・デ・ラ・ホーヤ率いるゴールデンボーイ・プロモーションズと契約を交わした[8]

2013年10月8日、WBAからスーパー王座に認定された。

2013年12月14日、テキサス州サンアントニオアラモドームで元WBF世界ライトヘビー級王者でWBA世界ライトヘビー級14位のタマシュ・コバックス(スロバキア)と対戦し、3回2分55秒TKO勝ちを収めWBA王座の5度目、IBA王座の6度目の防衛に成功した。試合後、観戦に訪れていたIBF世界ライトヘビー級王者バーナード・ホプキンスと一緒にインタビューに応じ、ホプキンスとの王座統一戦を希望した[9]

2014年4月19日、ワシントンD.C.DCアーモリーでIBF世界ライトヘビー級王者バーナード・ホプキンスと王座統一戦を行い、12回1-2(114-113、111-116、111-116)の判定負けを喫し王座統一に失敗、WBA王座の6度目、IBA王座の7度目の防衛に失敗しWBA王座とIBA王座から陥落すると共にIBF王座の獲得にも失敗した[10]。シュメノフが保持していたIBA世界ライトヘビー級王座はホプキンスが団体への認定料の支払いを拒否したため空位となった。

2014年5月9日、WBAはシュメノフのクルーザー級転向要請に基づき、シュメノフをWBA世界クルーザー級4位にランクインした[11][12]

クルーザー級への転向にあたって、キューバ人トレーナーのイスマエル・サラスをトレーナーに招へいした[13]

2014年12月13日、MGMグランド・ガーデン・アリーナボビー・トーマス・ジュニアとクルーザー級契約8回戦を行い、トーマスが5回終了時棄権を申し出た為再起に成功した。

2015年6月20日、MGMグランド・ガーデン・アリーナでWBA世界クルーザー級3位のBJ・フローレスとWBA世界クルーザー級暫定王座決定戦を行う予定だったが[14]、シュメノフがトレーニング中に肩を負傷し延期となった[15]

2015年7月25日、ラスベガスパームス内ザ・パールでレベデフとの王座統一戦にカレンガが敗れ王座から陥落したことに伴いWBA世界クルーザー級3位のBJ・フローレスとWBA世界クルーザー級暫定王座決定戦を行い、12回3-0(3者とも116-112)の判定勝ちを収め暫定ながら2階級制覇を達成した[16]

2015年12月18日、ザ・パールで元WBC世界クルーザー級王者でWBA世界クルーザー級11位のクシシュトフ・ヴウォダルチクと対戦し、初防衛を目指す予定だったがシュメノフが負傷したため中止になった[17]

2016年5月20日、WBAはヘビー級バンタム級に続きクルーザー級でも統一トーナメントを開始すると発表。シュメノフは正規王座に認定された[18][19]

2016年5月21日、ザ・コスモポリタン内チェルシー・ボール・ルームでエリスランディ・ララバネス・マーティロスヤン戦の前座でWBA世界クルーザー級11位のジュニア・ライトと対戦し、10回1分4秒ライト陣営のタオル投入でのTKO勝ちを収め、初防衛に成功した[20][21][22]。勝ったシュメノフはWBA世界クルーザー級スーパー王者のデニス・レベデフと同日から120日以内に対戦し、その勝者は暫定王者のユニエル・ドルティコスと対戦するよう指令を受けた[23]

2016年8月17日、ベイブット・シュメノフと対戦するようWBAから指令を出されていたデニス・レベデフが指令を無視してムラト・ガシエフとの対戦を決めたことに対し、シュメノフはWBAにレベデフの王座を剥奪するよう要請した[24]

2016年11月14日、WBA世界クルーザー級レギュラー王者ベイブット・シュメノフとWBA世界クルーザー級暫定王者ユニエル・ドルティコスの間で行われる王座統一戦に関する入札が行われ、ドルティコス擁するカリブプロモーションズが35万1ドルで興行権を落札し、ファイトマネーの分配はシュメノフが75%に当たる26万2500ドル(約2900万円)、ドルティコスが25%に当たる8万7500ドル(約970万円)となった。シュメノフ擁するTGBプロモーションズの入札額は20万1000ドルだった[25][26][27]

2016年12月23日、ベイブット・シュメノフ陣営とユニエル・ドルティコス陣営はムラト・ガシエフ戦に敗れたデニス・レベデフからWBA世界クルーザー級スーパー王座を剥奪するようWBAに要求した[28][29]

2017年1月31日、上述のベイブット・シュメノフ対ユニエル・ドルティコス戦の興行権をドルティコス擁するカリブプロモーションズが35万1ドルで落札したものの、ベイブット・シュメノフ対ユニエル・ドルティコス戦を行う様子が無い為、WBAはカリブプロモーションズから興行権を剥奪してTGBプロモーションズに興行権を与えた[30]

2017年4月29日、ラスベガスパームスでWBA世界クルーザー級暫定王者のユニエル・ドルティコスと王座統一戦を行う予定だったが[31][32]、シュメノフがスパーリング中に目を負傷したため延期になった[33]

2017年6月17日、WBAはシュメノフを2017年5月度のWBA世界クルーザー級ランキングから除外した[34][35]

2017年6月19日、シュメノフが角膜びらんと診断され、再発すれば失明の危険があるとの医師の勧告を受け、同月15日にWBA世界クルーザー級正規王座を返上したため、WBAは暫定王者のユニエル・ドルティコスを正規王座に認定した[36][37][38]

2017年6月26日、眼疾を理由に現役引退を表明した[39][40]

2018年1月29日、現役復帰を発表した[41]

2018年7月7日、アスタナのバリーズ・アリーナにてWBA世界クルーザー級王座決定戦をWBA世界クルーザー級2位のヒズニ・アルトゥンカヤと行い、9回終了時にアルトゥンカヤが棄権した為2年ぶりの王座に返り咲いた[42]

2019年2月13日、WBA世界クルーザー級レギュラー王者ベイブット・シュメノフとWBA世界クルーザー級ゴールド王者アルセン・グラミリアンの間で行われる王座統一戦に関する入札が行われ、シュメノフ擁するドン・キングが821,000ドル(約9千万円)で興行権を落札し、ファイトマネーの分配はシュメノフが55%に当たる451,550ドル(約4900万円)、グラミリアンが45%に当たる369,450ドル(約4000万円)となった。グラミリアン擁するルイス・アカリエス率いるユニベント・イベント入札額は621,500ドルだった[43]

2019年5月31日、WBAは興行権を落札したドン・キングが5月中旬にカザフスタンで開催を予定していた興行を開催しなかったとして、レギュラー王者ベイブット・シュメノフを休養王者に認定し、ゴールド王者アルセン・グラミリアンをレギュラー王者に昇格させた[44]

戦績編集

  • アマチュアボクシング: 200戦 185勝 15敗
  • プロボクシング: 19戦 17勝 (11KO) 2敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2007年11月17日 1R 2:58 TKO ウォルター・エドワーズ   アメリカ合衆国 プロデビュー戦
2 2008年2月22日 1R 2:23 KO セドリック・ハワード   アメリカ合衆国
3 2008年3月21日 4R 1:43 TKO シャノン・ミラー   アメリカ合衆国
4 2008年4月10日 2R 2:11 KO ドネル・ウィギンス   アメリカ合衆国 ABCOライトヘビー級王座決定戦
PABAライトヘビー級暫定王座決定戦
5 2008年4月22日 1R 1:05 KO リーベリ・フィンガー   アメリカ合衆国 WBOアジア太平洋ライトヘビー級王座決定戦
ABCO防衛1・PABA防衛1
6 2008年8月2日 12R 判定3-0 モンテル・グリフィン   アメリカ合衆国 WBOアジア太平洋防衛1・ABCO防衛2
7 2008年12月13日 10R 判定3-0 エピファニオ・メンドーサ   コロンビア
8 2009年5月9日 4R 2:58 TKO バイロン・ミッチェル   アメリカ合衆国 IBA世界ライトヘビー級王座決定戦
PABAライトヘビー級暫定王座決定戦
WBOアジア太平洋防衛2・ABCO防衛3
9 2009年8月15日 12R 判定0-2 ガブリエル・カンピージョ   スペイン WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
10 2010年1月29日 12R 判定2-1 ガブリエル・カンピージョ   スペイン WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
11 2010年7月23日 12R 判定3-0 ヴャチェスラフ・ウセルコフ   ウクライナ WBA防衛1
12 2011年1月8日 6R 0:15 KO ウィリアム・ジョッピー   アメリカ合衆国 WBA防衛2
13 2011年7月29日 9R 0:46 TKO ダニー・サンティアーゴ   アメリカ合衆国 WBA防衛3
14 2012年6月2日 12R 判定3-0 エンリケ・オルネラス   メキシコ WBA防衛4→スーパー王座認定
15 2013年12月14日 3R 2:55 TKO タマシュ・コバックス   スロバキア WBA防衛5
16 2014年4月19日 12R 判定1-2 バーナード・ホプキンス   アメリカ合衆国 WBA・IBF世界ライトヘビー級王座統一戦
WBA王座陥落
17 2014年12月13日 5R終了 TKO ボビー・トーマス・ジュニア   アメリカ合衆国
18 2015年7月25日 12R 判定3-0 BJ・フローレス   アメリカ合衆国 WBA世界クルーザー級暫定王座決定戦→正規王座認定
19 2016年5月21日 10R 1:04 TKO ジュニア・ライト   アメリカ合衆国 WBA防衛1
テンプレート

獲得タイトル編集

受賞歴編集

  • ABCO表彰式
    • 2008年度年間最優秀選手賞

脚注編集

  1. ^ Q&A: Beibut Shumenov returns on Saturday”. Ring.TV (2013年12月11日). 2013年12月11日閲覧。
  2. ^ 11.World Junior Championships - Budapest, Hungary - November 5-12 2000”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月8日閲覧。
  3. ^ 12.World Championships - Bangkok, Thailand - July 6-12 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ 28.Olympic Games Athens, Greece August 14-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ シュメノフ2-1判定で戴冠 WBA世界L・ヘビー級王座 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年1月30日
  6. ^ ダウン報酬、シュメノフ初防衛 ボクシングニュース「Box-on!」2010年7月24日
  7. ^ シルベスター&カニンガム防衛戦延期に ボクシングニュース「Box-on!」 2011年1月19日
  8. ^ Shumenov Returns On December 14 SecondsOut.com 2013年12月4日
  9. ^ シュメノフ、久々のリングで圧勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月15日
  10. ^ ホプキンス49歳3ヵ月で王座統一、最年長記録更新 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月20日
  11. ^ WBA Ratings movements as of April 2014 WBA公式サイト 2014年4月26日
  12. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年5月9日
  13. ^ シュメノフがサラス・トレーナーとタッグ Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月10日
  14. ^ シーサケットが挑戦権、フランプトンはヘイモン傘下 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月29日
  15. ^ Beibut Shumenov-B.J. Flores title fight postponed”. ESPN.com (2015年6月11日). 2015年6月11日閲覧。
  16. ^ Beibut Shumenov claims vacant interim cruiserweight title ESPN.com 2015年7月26日
  17. ^ ヒューリーが凱旋帰国、ゾウが1.30復帰戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月1日
  18. ^ WBA Cruiserweight Tournament Begins WBA公式サイト 2016年5月20日
  19. ^ モスクワでC級統一戦、WBAがトーナメント発表 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月21日
  20. ^ WBA champ Shumenov stops Wright in ten Fightnews.com 2016年5月21日
  21. ^ シュメノフがWBAクルーザー級正規王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月22日
  22. ^ Shumenov TKOs Wright WBA公式サイト 2016年5月23日
  23. ^ WBA cruiserweight tournament kicks off”. Fightnews.com (2016年5月20日). 2016年5月24日閲覧。
  24. ^ Shumenov wants Lebedev stripped Fightnews.com 2016年8月17日
  25. ^ Caribbean Promotions Wins Shumenov-Dorticós Purse Bid WBA公式サイト 2016年11月14日
  26. ^ Shumenov-Dorticós Purse Bid Results Fightnews.com 2016年11月15日
  27. ^ Cruiserweight world titleholder Shumenov clashes with Dorticos in title bout”. ESPN.com (2016年11月15日). 2016年11月19日閲覧。
  28. ^ Shumenov and Dorticos want Lebedev stripped Fightnews.com 2016年12月23日
  29. ^ Shumenov, Dorticos Move To Have Lebedev Stripped of WBA Belt”. Boxing Scene.com (2016年12月23日). 2017年1月22日閲覧。
  30. ^ Promoter loses right to Shumenov-Dorticos Fightnews.com 2017年1月31日
  31. ^ Shumenov vs. Dorticos Headed To Palms in Las Vegas, April 29 Boxing Scene.com 2017年3月31日
  32. ^ April, month of great WBA battles WBA公式サイト 2017年4月3日
  33. ^ Beibut Shumenov Eye Injury Derails Yunier Dorticos Title Fight”. Boxing Scene.com (2017年4月20日). 2017年5月17日閲覧。
  34. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年6月17日
  35. ^ 黒田と小浦がWBAランク入り、再戦指示の村田は1位 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月20日
  36. ^ WBA: Dorticos upgraded to regular champion status, Shumenov out Fightnews.com 2017年6月19日
  37. ^ WBA Cruiserweight division situation WBA公式サイト 2017年6月19日
  38. ^ Former cruiserweight titlist Beibut Shumenov retires because of eye injury”. ESPN.com (2017年6月27日). 2017年6月30日閲覧。
  39. ^ Shumenov retires due to eye injury Fightnews.com 2017年6月26日
  40. ^ 2階級制覇王者シュメノフが引退表明、視力の低下 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月27日
  41. ^ Beibut Shumenov Announces Comeback, Ends His Retirement”. Boxing Scene.com (2018年1月29日). 2018年3月20日閲覧。
  42. ^ Shumenov Drops Altunkaya Twice, Wins By TKO After 9th Round”. Boxing Scene.com (2018年7月7日). 2019年6月16日閲覧。
  43. ^ Shumenov-Goulamiriam: Don King Wins Purse Bid”. Boxing Scene.com (2019年2月13日). 2019年2月21日閲覧。
  44. ^ Shumenov Stripped Of Title, Goulamiriam Now "Regular" Champ”. Boxing Scene.com (2019年5月31日). 2019年7月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

暫定王座決定戦 対戦者
ドネル・ウィギンス
PABAライトヘビー級暫定王者
2008年4月10日 - 2008年8月(返上)
次暫定王者
返上により消滅
暫定王座決定戦 対戦者
バイロン・ミッチェル
PABAライトヘビー級暫定王者
2009年5月9日 - 2009年6月(返上)
次暫定王者
返上により消滅
前王者
ガブリエル・カンピージョ
WBA世界ライトヘビー級王者

2010年1月29日 - 2013年10月8日

空位
次タイトル獲得者
ユルゲン・ブリーマー
前スーパー王者
N/A
WBA世界ライトヘビー級スーパー王者
2013年10月8日 - 2014年4月19日
次スーパー王者
バーナード・ホプキンス
暫定王座決定戦 対戦者
BJ・フローレス
WBA世界クルーザー級暫定王者
2015年7月25日 - 2016年5月20日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
デニス・レベデフ
WBA世界クルーザー級王者

2016年5月20日 - 2017年6月15日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ユニエル・ドルティコス