ペア碁(ペアご)は、二人が組を作って対戦する、囲碁の競技の一形式。現在では国内プロ棋戦も行われ、国際大会でも正式種目として採用されるなど、囲碁を楽しむ形式の一つとして市民権を得ている。

同性同士がペアを組んで戦うことももちろん可能だが、日本ペア碁協会のルールでは「男女がペアを組む」と規定されており、一般にも普及・交流の目的などから、男女ペアで行われることがほとんどである。

男女ペアで戦う形式は1990年代ごろから開始された。ペア碁に勝つためには、パートナーとの意思の疎通、お互いのミスをカバーし合う気遣いなども必要であり、通常の対局にはない独特の楽しみがある。

ルール編集

「日本ペア碁協会」の定めるルールは以下の通り。

  • 男女がペアを組み、同じチームの男女は碁盤の同じ側に並んで座る。
  • 男女交互に着手する。最初の着手は黒番女性が行い、以下白番女性→黒番男性→白番男性→黒番女性→……の順に着手を行う。
  • ペア同士で、着手について相談・アドバイスを行ってはならない。投了・着手順番の確認のみ、会話が許される。
  • 投了の意思確認は手番の対局者がパートナーに対して行い、パートナーは諾否のみを述べることができる。
  • 着手順番を間違えた場合、直前の着手に対してのみ指摘ができる。順番ミスがあった場合、石を置き直すことはせず、間違えたチームに対して3目のペナルティが科される。

類似の形式編集

数人がチームを作って交代に打つ「連碁」という形式もあり、江戸時代から打たれている。多くは勝負碁ではなく、祝賀会の記念などとして座興で打たれるケースがほとんどである。また、ペア同士が相談しながら次の着手を決める「相談碁」というものもある。この場合相手に相談内容が聞こえないよう別室で打ち、連絡係が着手を伝えるような形式が採られる。

関連項目編集

外部リンク編集