メインメニューを開く

吉國 一郎(吉国 一郎、よしくに いちろう、1916年9月2日 - 2011年9月2日)は、日本官僚。第9代プロ野球コミッショナー放送文化基金理事長(1993年-2005年)。日本ペア碁協会名誉会長。神奈川県出身。

目次

来歴・人物編集

旧制東京高校を経て、東京帝国大学卒業後、1940年商工省入省。同期に、熊谷典文国井真小島慶三、加藤悌次(鉱山局長)など。戦後は、新制通商産業省から出向で内務省解体後の総理府において、主に法令審査畑を歩む。法制局長官総務室主幹、法制局第三部長、内閣法制局第一部長、内閣法制次長等を経て1972年第1次田中角榮内閣の下において内閣法制局長官に就任。その後、田中角栄三木武夫の2人の首相に合計4年半仕えた。

1973年6月28日参議院における政府参考人答弁で、「天皇元首であるかどうかは、要するに元首の定義のいかんに帰する問題であると思います。この点は、先般、衆議院内閣委員会においても私申し上げたところでございますが、かつてのように、元首とは内治外交のすべてを通じて国を代表して、行政権を掌握する存在であるという定義によりまするならば、現在の憲法のもとにおきましては天皇は元首ではない」と断りつつ、見方によっては「日本は立憲君主制と呼んで差し支えないと思う」と発言した。

三木内閣改造に伴い内閣法制局長官を辞任。その後は様々な企業、団体の顧問、相談役を引き受けた(基本的に頼まれると断れない性格だという)。地域振興整備公団総裁、日本電信電話公社経営委員・同委員長、株式会社日本コンベンションセンター社長を歴任。

そんな中、1989年3月、官界の識者として日本野球機構コミッショナーに推薦する声が上がり、先代の竹内寿平が辞任して9か月もの間空席だったこともあり、吉國はコミッショナー就任を決意。第9代コミッショナーとなった。功績としては、アマチュア野球、特に学生野球との間にあった障壁を取り除くことに尽力し、学生がプロ入りするにあたっての一定の規則作りへの道筋を立てた(これは次代コミッショナーの川島廣守により2004年に結実する)。

一方でプロ野球内部の改革については、概して経営者側と選手側の板ばさみに遭い、統率力を発揮できなかったと評する声が多い。「職業選択の自由」を楯に選手側に入団したい球団を選ばせるべきであるとの一部球団首脳の意見に抗いきれず、結局1993年オフからプロ野球ドラフト会議において逆指名制度が導入された。また、これも一部球団首脳や選手会の声に押され、フリーエージェント制度を同年オフに導入し、1965年から「戦力均衡、12球団共存」の名の下に行われてきたドラフト会議を徐々に変質させていく道筋を作った。対外的な面に目を向けると、在任中は頻繁に日米野球、日韓野球を開催し、プロ野球レベルにおける野球の国際化に貢献した。

なお、野茂英雄が近鉄を任意引退してメジャーリーグに挑戦した際には日本球界が想定していない手法で日本球団を退団してメジャー挑戦のために渡米した野茂に吉國は否定的な見解を持っていた。その後で野茂がメジャーで大活躍すると「野茂は日本の誇り」と肯定的な見解を出した。吉國は歴代コミッショナー中最長となる3期9年もの間その職務を務め、1998年4月、その座を川島廣守に譲り、退任した。長きにわたりコミッショナー職を務め上げたことや野球の国際化に貢献したことを評価され、退任の翌年である1999年、特別表彰で野球殿堂入りした。特別表彰とはいえ、職を辞してから1年以内での殿堂入りは異例の早さである。

父の吉國兼三は逓信省灯台局長を務めた官吏。弟の二郎大蔵省事務次官を務めた後横浜銀行頭取へと転身しており、この二人の履歴から吉國賢兄弟と評される。晩年は日本ペア碁協会名誉会長を務めていた。

2011年9月2日、肺炎のため東京都渋谷区の自宅で死去。95歳没[1]。没日付をもって従六位から正三位に昇叙せられた[2]

系譜編集

  • 吉國氏
      ┏━吉國 二郎━━━吉國 真一
吉國 兼三━┫
      ┗━吉國 一郎

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 元コミッショナー吉国一郎氏が死去 - プロ野球ニュース : nikkansports.com 2011年9月2日閲覧
  2. ^ 官報第5565号、2011年10月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集