ホス・ウルティア

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はウルティア第二姓(母方の)はテレリアです。(Template:スペイン語圏の姓名

ホス・ウルティアスペイン語: Josu Urrutia1968年4月10日 - )は、スペインレケイティオ出身の元サッカー選手。ポジションは守備的ミッドフィールダー

ホス・ウルティア Football pictogram.svg
Urrutia Lehendakaria Athletic-Napoli partidan izan da.jpg
名前
本名 Josu Urrutia Tellería
ホス・ウルティア・テレリア
ラテン文字 Josu URRUTIA
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1968-04-10) 1968年4月10日(53歳)
出身地 バスク州ビスカヤ県レケイティオ
身長 176cm
選手情報
ポジション MF
ユース
1977-1986 スペインの旗 アスレティック・ビルバオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1990 スペインの旗 ビルバオ・アスレティック 109 (13)
1988-2003 スペインの旗 アスレティック・ビルバオ 348 (10)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

選手としてはアスレティック・ビルバオ一筋であり、プリメーラ・ディビシオン通算348試合、公式戦通算400試合に出場した[1]。2011年から2018年までアスレティック・ビルバオの会長を務めていた。

経歴編集

選手時代編集

ビスカヤ県ビルバオに生まれ、アスレティック・ビルバオの下部組織(レサマ)で育った。16歳だった1984年9月9日、UDサラマンカ戦でセグンダ・ディビシオン(2部)のビルバオ・アスレティック(Bチーム)からデビューしたが、プロ契約選手がストライキを行なっていて不在だったことによる[2]。1987-88シーズンにはビルバオ・アスレティックで36試合に出場して4得点したが、チームはセグンダ・ディビシオンB(3部)降格となった。同シーズンにはトップチームデビューを果たし、1988-89シーズンには5試合出場、1989-90シーズンには13試合出場、1990-91シーズンには21試合出場と徐々に出場試合数を増やすと、同シーズンにはトップチームに不可欠な選手となった。タックルと運動量を持ち味とするミッドフィールダーであり、より攻撃的なフレン・ゲレーロを完璧に補完した。

1997-98シーズンには30試合に出場し、2位でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2000-01シーズンは21試合出場、2001-02シーズンは19試合出場と、30代になると出場試合数が減少した。34歳となった2002-03シーズンには右膝を繰り返し負傷し、リーグ戦出場なし(公式戦出場はコパ・デル・レイの1試合のみ)に終わった。プリメーラ・ディビシオンでは348試合、公式戦ではちょうど400試合に出場し、2002-03シーズン終了後に現役引退した[3]。現役期間中にはクラブ記録となる9回の退場処分を受けたが、この記録は2011年にフェルナンド・アモレビエタによって更新された[4]

アスレティック・ビルバオ会長編集

2011年にはアスレティック・ビルバオの会長選挙に出馬し、現職のフェルナンド・ガルシア・マクア(弁護士)との一騎討ちとなった。ウルティアは「マルセロ・ビエルサの監督招聘」を公約に掲げ[5]、54.36%の得票を得て会長に選出された[6]。アスレティックの元選手としては4人目の会長となった[7]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 300 rugidosEl Mundo Deportivo、2000年3月9日 (スペイン語)
  2. ^ 3–1: La juventud se impuso en San Mamés El Mundo Deportivo、1984年9月10日 (スペイン語)
  3. ^ Mi trayectoria es más que un título El Mundo Deportivo、2003年6月13日 (スペイン語)
  4. ^ A・ビルバオのアモレビエタ、退場回数でクラブ記録を更新WOWOWリーガニュース、2011年11月7日
  5. ^ ビルバオ会長候補、ビエルサ招へいを公約Goal.com、2011年7月1日
  6. ^ A・ビルバオ、新会長就任で大変革WOWOWリーガニュース、2011年7月8日
  7. ^ Josu Urrutia, new presidentアスレティック・ビルバオ公式サイト、2011年7月7日

外部リンク編集