セグンダ・ディビシオンB

かつてのスペインのサッカー3部リーグ

セグンダ・ディビシオンBCampeonato Nacional de Liga de Segunda División B、国内2部リーグB)は、102チームを5つのグループに分けて運営されていたスペインのサッカーリーグ構成の第3部だった。スペインサッカー連盟が運営していた。プリメーラ・ディビシオン(ラ・リーガ)とセグンダ・ディビシオンの下、テルセーラ・ディビシオンの上に位置していた。セグンダ・ディビシオンBには、多くのリーガ・エスパニョーラとセグンダ・ディビシオンのチームのリザーブチームが含まれていた。

セグンダ・ディビシオンB
Campeonato Nacional de Liga de Segunda División B.svg
加盟国 スペインの旗 スペイン
創立 1977年
最終年 2021年
ディビジョン 4
参加クラブ 80
リーグレベル 第3部
国内大会 コパ・デル・レイ
コパ・フェデラシオン
国際大会 UEFAヨーロッパリーグ
(コパ・デル・レイ優勝クラブ)

2021-22シーズンからは、スペイン連盟(RFEF)がプリメーラ・ディビシオンRFEFというセミプロの3部リーグを新設したため、セグンダ・ディビシオンBは第4部となり、セグンダ・ディビシオンRFEFに改称された。

開催概要編集

試合方式編集

全80チームが20チームずつ4つのグループに分かれて戦う。ホーム・アンド・アウェー方式の2回戦総当りの全38節。勝ち点は勝ち3、引き分け1、負け0である。 2019-20シーズンにおける地域によるグループ分けは以下のとおり。チーム数調整のためにグループ分けが変更されることがたびたびあり、場合によっては1つの州が複数のグループに分けられることもある。

昇格編集

各グループ上位4チームの計16チームでプレイオフを行う。2008年までは16チームを4グループに振り分けなおしてトーナメント方式で争い、各グループで勝ち上がった1チーム、計4チームがセグンダ・ディビシオンに昇格するという方式だったが、2009年からは各グループの1位にとってより有利な形式に変更され、また昇格に加えてその年のセグンダBチャンピオンも決める戦いが行われている。各グループの1位同士が対戦して(2カード)その勝者2チームがまず昇格確定、この2チームはさらに同年のセグンダBチャンピオンの座を賭けて対戦する。また、グループ2位と4位の対戦が4試合、3位同士の対戦が2試合行われ、これを勝ち抜いた6チームと前述の1位同士の対決で敗れた2チームを合わせた8チームを4チームずつ2つに分け、トーナメントで勝ち抜いた2チームが昇格となる。対戦は全てホーム&アウェーで行われ、各グループでの順位が下のチームが先にホームで戦うが、順位が同じ場合は抽選によって決定される。

なお、リザーブチームの昇格には以下のような制限がある。リーガ・エスパニョーラではトップチームとリザーブチームが同じリーグに所属することは禁じられている。トップチームが翌シーズンにおいてセグンダ・ディビシオンに所属することが決定している場合には、たとえセグンダ・ディビシオンBに所属するリザーブチームが昇格プレイオフに参加できる順位でシーズンを終えたとしてもその権利は認められない。この場合、シーズン順位で次点のチームがプレイオフ参加の権利を得る。

降格編集

各グループ下位4チームの計16チームがテルセーラ・ディビシオンへと自動降格する。また、各グループ16位の計4チームは降格プレイオフを行い、そのうち2チーム(2013年には3チーム)がテルセーラ・ディビシオンに降格。残り2チームがセグンダ・ディビシオンBに残留する。降格プレイオフは4チームを2つのグループに分け、ホーム・アンド・アウェーの2試合を行い勝利したチームが残留となる。

もしも、セグンダ・ディビシオンBに所属するリザーブチームのトップチームがこのディビシオンへ降格してくることが決定した場合には、そのリザーブチームは自動的にテルセーラ・ディビシオンへ降格することになる。

備考編集

  • 各グループの上位5チームと、残りの全チームのうち最も勝ち点の多かった2チームが翌シーズンのコパ・デル・レイへの出場権を得る。(リザーブチームを除く)(セグンダ・ディビシオン枠に参加資格のないリザーブチームがいた場合はこのチーム数が増える。)
  • 上記コパ・デル・レイへの参加資格を得られなかったチーム(テルセーラからの昇格組を含む)はコパ・フェデラシオンへと参加することができる。

歴史編集

1928年にプリメーラ・ディビシオンセグンダ・ディビシオンとともに誕生した。1928-29シーズンは10クラブが参加し、クルトゥラル・レオネサが初代チャンピオンとなった。

ところがまだシステムが確定していない時期であったため、翌シーズンには早くも姿を消してしまった。新しく第3のリーグとなったのはテルセーラ・ディビシオンである。このリーグ構成は1977年まで続いた。

セグンダ・ディビシオンBは1977-78シーズンにセグンダとテルセーラの間に割り込む形で第3のリーグとして復活。この当時は20チームずつ2つのグループによって構成されていた。1986-87シーズンに一旦22チーム1グループ体制になったのち、1987-88シーズンに20チーム4グループの現在の形となった。なお、1986年のリーグ縮小時には前年度各グループの半数以上の合計25チームがテルセーラへ降格となっており、セグンダからの降格組4チーム、残留組13チーム、テルセーラからの昇格組5チームの顔ぶれとなったが、翌年の拡張の際にはセグンダからの降格がなかったため、昇格4チーム、降格1チームを除いた残留17チームとテルセーラからの昇格63チームが4地区に分けられた。

2020年5月6日、スペインサッカー連盟は、これまで4グループ80チームだったチーム数を、5グループ102チームにまで拡大して2020-21シーズンのセグンダ・ディビシオンBを行うことを発表した。全クラブの内訳はテルセーラ・ディビシオンから20チームが昇格し、セグンダ・ディビシオンから2チームが降格、2019-20シーズンにセグンダ・ディビシオンBに所属していた80クラブである。

また、2021-22シーズンからのスペインリーグ構成の変更も併せて発表された。現行のセグンダ・ディビシオンBは3部から4部相当のディヴィジョンに落とされ、空いた3部相当のリーグにはプリメーラ・ディビシオンRFEFと呼ばれるリーグが入ることになった、このプリメーラ・ディビシオンRFEFは2グループ40チームの構成である。

過去の優勝クラブ編集

2009年より、グループ優勝クラブによるセグンダ・ディビシオンB優勝クラブ決定戦が行われている。

1グループのみ
1928-29
グループI グループII グループIII グループIV
1977-78 ラシン・フェロル ADアルメリアスペイン語版
なし
1978-79 パレンシアCFスペイン語版 レバンテUD
1979-80 バラカルドCF リナーレスCFスペイン語版
1980-81 セルタ・デ・ビーゴ RCDマヨルカ
1981-82 FCバルセロナB シェレスCD
1982-83 ビルバオ・アスレティック グラナダCF
1983-84 CEサバデル ロルカ・デポルティーバCF
1984-85 セスタオSCスペイン語版 ラージョ・バジェカーノ
1985-86 UEフィゲレススペイン語版 シェレスCD
1グループのみ
1986-87
グループI グループII グループIII グループIV
1987-88 SDエイバル CFJモリェルッサスペイン語版 UDサラマンカ UDアルシーラスペイン語版
1988-89 ビルバオ・アスレティック パラモスCFスペイン語版 アトレティコ・マドリードB レバンテUD
1989-90 レアル・アビレス・インドゥストリアルスペイン語版 UEリェイダ アルバセテBP オリウエラ・デポルティーバCFスペイン語版
1990-91 レアル・マドリード・カスティージャ ラシン・サンタンデール CDバダホス FCバルセロナB
1991-92 UDサラマンカ UEサン・アンドレウ FCカルタヘナ CAマルベーリャスペイン語版
1992-93 UDサラマンカ デポルティーボ・アラベス レアル・ムルシア UDラス・パルマス
1993-94 UDサラマンカ デポルティーボ・アラベス UDAグラマネートスペイン語版 CFエストレマドゥーラ
1994-95 ラシン・フェロル デポルティーボ・アラベス レバンテUD コルドバCF
1995-96 UDラス・パルマス スポルティング・デ・ヒホン レバンテUD レアル・ハエン
1996-97 スポルティング・デ・ヒホン CDアウレーラ・デ・ビトーリアスペイン語版 ジムナスティック・タラゴナ コルドバCF
1997-98 CPカセレーニョスペイン語版 バラカルドCF FCバルセロナB マラガCF
1998-99 ヘタフェCF クルトゥラル・レオネサ レバンテUD UDメリージャスペイン語版
1999-2000 ウニベルシダ・ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアCFスペイン語版 RSヒムナスティカ・デ・トレラベーガスペイン語版 CFガンディアスペイン語版 グラナダCF
2000-01 アトレティコ・マドリードB ブルゴスCF UDAグラマネートスペイン語版 カディスCF
2001-02 バラカルドCF FCバルセロナB レアル・マドリード・カスティージャ モトリルCFスペイン語版
2002-03 ウニベルシダ・ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアCFスペイン語版 レアル・ウニオン CDカステリョン アルヘシラスCF
2003-04 ポンテベドラCF アトレティコ・マドリードB UEリェイダ UDランサローテスペイン語版
2004-05 レアル・マドリード・カスティージャ SDポンフェラディーナ アリカンテCF セビージャ・アトレティコ
2005-06 ウニベルシダ・ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアCFスペイン語版 UDサラマンカ CFバダローナスペイン語版 FCカルタヘナ
2006-07 ポンテベドラCF SDエイバル アリカンテCF セビージャ・アトレティコ
2007-08 ラージョ・バジェカーノ SDポンフェラディーナ ジローナFC エシハ・バロンピエスペイン語版
2008-09 レアル・ウニオン FCカルタヘナ CDアルコヤーノ カディスCF
2009-10 SDポンフェラディーナ ADアルコルコン UEサン・アンドレウ グラナダCF
2010-11 CDルーゴ SDエイバル CEサバデル レアル・ムルシア
2011-12 レアル・マドリード・カスティージャ CDミランデス CDアトレティコ・バレアレス カディスCF
2012-13 CDテネリフェ デポルティーボ・アラベス CEロスピタレート レアル・ハエン
2013-14 ラシン・サンタンデール セスタオ・リーベル・クルブスペイン語版 UEリャゴステラ アルバセテ・バロンピエ
2014-15 レアル・オビエド SDウエスカ ジムナスティック・タラゴナ カディスCF
2015-16 ラシン・サンタンデール レアル・マドリード・カスティージャ CFレウス・デポルティウ UCAMムルシアCF
2016-17 クルトゥラル・レオネサ アルバセテ・バロンピエ FCバルセロナB ロルカFC
2017-18 CFラージョ・マハダオンダ ミランデス RCDマヨルカ FCカルタヘナ
2018-19 CFフエンラブラダ ラシン・サンタンデール CDアトレティコ・バレアレス RCレクレアティーボ・デ・ウエルバスペイン語版
2019-20 CDアトレティコ・バレアレス UDログロニェス CDカステリョン FCカルタヘナ

2020-21シーズンは、新型コロナウイルス感染拡大により、リーグを第1ステージと第2ステージ、セグンダ・ディビシオン昇格プレーオフの3ステージに分割して開催された。

第1ステージは、リーグをIからVの5つのグループに分け、更に各グループをAとBの2つのサブグループに分割した。ここへ82クラブを州ごとに、1サブグループに10クラブ(グループII-AとIII-Aは11クラブ)となるように振り分け、1回戦総当たりのリーグ戦を行い、各グループ上位3クラブをセグンダ・ディビシオン(2部)昇格を賭けた第2ステージ(グループC)に、中位3クラブ(グループII-AとIII-Aは4クラブ)はプリメーラ・ディビシオンRFEF(3部、新規設立)参加を賭けた第2ステージ(グループD)に、下位3クラブはセグンダ・ディビシオンRFEF(4部、「セグンダ・ディビシオンB」から改称)参加を賭けた第2ステージ(グループE)にそれぞれ進出する。
第2ステージは、グループC、D、EをIからVの5つのサブグループに分け、1回戦総当たりのリーグ戦を行う。
グループCは、各サブグループ上位3クラブがセグンダ・ディビシオン昇格を賭けたプレーオフに、下位2クラブはプリメーラ・ディビシオンRFEFに参加となる。また、各グループ4位同士で1回戦総当たりのリーグ戦を行い、1位となったクラブのみがセグンダ・ディビシオン昇格プレーオフに進出、残る4クラブはプリメーラ・ディビシオンRFEFに参加する。
グループDは、各サブグループ上位2クラブがプリメーラ・ディビシオンRFEFに参加、下位4クラブ(グループII-DとIII-Dは5クラブ)はセグンダ・ディビシオンRFEFに参加する。
グループEは、各サブグループ上位2クラブがセグンダ・ディビシオンRFEFに参加、下位5クラブはテルセーラ・ディビシオンRFEF(5部、「テルセーラ・ディビシオン」から改称)に降格となる。また、各グループ3位同士で1回戦総当たりのリーグ戦を行い、上位5クラブがセグンダ・ディビシオンRFEFに参加、最下位の6位となったクラブはテルセーラ・ディビシオンRFEFに降格する。
セグンダ・ディビシオン昇格プレーオフは、シングルレグの一発勝負で行われる。16クラブによる準決勝を行い、これに勝利した8クラブが決勝に進出する。決勝で勝利した4クラブがセグンダ・ディビシオンに昇格し、これ以外の12クラブはプリメーラ・ディビシオンRFEFに参加する。
グループI グループII グループIII グループIV グループV
2020-21 セルタ・デ・ビーゴB(A)
ブルゴスCF(B)
レアル・ソシエダB(A)
CDトゥデラーノ(B)
ジムナスティック・タラゴナ(A)
UDイビサ(B)
アルヘシラスCF(A)
UCAMムルシアCF(B)
UDサン・セバスティアン・デ・ロス・レイエススペイン語版(A)
CDバダホス(B)

歴代得点王編集

シーズン 選手 在籍クラブ 得点
2000-01   キコ・レイ
  エゴイツ・スキア
CDオウレンセスペイン語版
SDベアサインスペイン語版
22
2001-02   ハルナ・ババンギダ
  ダビド・プラツ英語版
バルセロナB
CEマタロ・エスコーラ・デ・フトボルスペイン語版
23
2002-03   キコ・ラカーサ デポルティーボ・アラベスB 22
2003-04   パウリーノ・マルティネススペイン語版 クルトゥラル・レオネサ 21
2004-05   ケパ・ブランコ セビージャ・アトレティコ 23
2005-06   イニゴ・ディアス・デ・セリオ レアル・ソシエダB 24
2006-07   ユーリ・ジ・ソウザ
  ハビ・モレノ
ポンテベドラCF
コルドバCF
24
2007-08   ルシアーノ・ベッキオスペイン語版 メリダUD 22
2008-09   タリク・スペシエスペイン語版 CDプエルトジャーノスペイン語版 24
2009-10   アイラム・ロペス・カブレーラスペイン語版 CDテネリフェBスペイン語版 27
2010-11   ミケル・アルアバレーナスペイン語版 CDレガネス 21
2011-12   ヘスス・ペレーラスペイン語版 CDアトレティコ・バレアレス 23
2012-13   アリダーネ・サンターナスペイン語版 CDテネリフェ 27
2013-14   ホセルスペイン語版 SDコンポステラ 30
2014-15   ミゲル・リナレス レアル・オビエド 28
2015-16   マリアーノ・ディアス レアル・マドリード・カスティージャ 25
2016-17   ボルハ・イグレシアス セルタ・デ・ビーゴB 32
2017-18   エンリク・ガジェゴ UEコルネジャ/エストレマドゥーラUD 27
2018-19   アシエル・ビジャリブレ ビルバオ・アスレティック 23
2019-20   ルフィーノ・サンチェススペイン語版 インテルナシオナル・デ・マドリード/ポンテベドラCF 18
2020-21   カルリートス   FCアンドラ 18

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集