ホセイン・デフラヴィー

ホセイン・デフラヴィーペルシア語:حسین دهلوی、Hossein Dehlavi、1927年9月30日 - 2019年10月15日[1])は、イラン作曲家

ホセイン・デフラヴィー(2008年)

テヘラン出身。テヘラン音楽院でホセイン・ナセヒーに西洋音楽を学ぶかたわら、アボルハサン・サバーにイラン音楽を学んだ。その後、1957年から1967年まで芸術省管弦楽団の常任指揮者を務めた。またテヘラン音楽院の教授も務め、アレクサンダー・ラハバリらを育てた。1992年には約70人のイラン民族楽器の奏者を集めて、民族楽器オーケストラを設立した。

作品には民族楽器とオーケストラのための作品、声楽とオーケストラのための作品、合唱とオーケストラの作品、3つのオペラなどがある。

脚注編集

  1. ^ ““Sabokbal” composer Hossein Dehlavi passes away at 92” (英語). Tehran Times. (2019年10月15日). https://www.tehrantimes.com/news/441199/Sabokbal-composer-Hossein-Dehlavi-passes-away-at-92 2019年10月17日閲覧。 

外部リンク編集