ボリバル・ソベラノ

2018年8月から流通が始まったボリビアの通貨

ボリバル・ソベラノ(bolívar soberano venezolano)は、ベネズエラ通貨である。2018年8月21日よりデノミネーションに伴い、それまでのボリバル・フエルテに代わって流通が始まった[2]

ボリバル・ソベラノ
bolívar soberano venezolano (スペイン語)
ISO 4217
コード
VES
中央銀行ベネズエラ中央銀行
 ウェブサイトwww.bcv.org.ve
使用
国・地域
ベネズエラの旗 ベネズエラ
インフレ率少なくとも2,680,000%以上(2019年推定[1]
補助単位
 1/100センティモ(céntimos)
通貨記号Bs.S
硬貨50céntimos
1Bs.S
紙幣
 広く流通50000、200000、500000、1000000Bs.S
 流通は稀2、5、10、20、50、100、200、500、10000、20000Bs.S

概要編集

2018年3月22日、ニコラス・マドゥロ大統領は通貨のデノミネーションを計画する新しい通貨改革プログラムを発表した。当初の計画では同年6月4日より1000分の1のデノミネーションが実施される予定であったが、計画の実施が2ヶ月延期された後の同年8月に10万分の1に変更され、旧通貨と比較して95%以上切り下げられる事になった。ベネズエラ中央銀行の発表では、1000ボリバル以上のボリバル・フエルテの紙幣も補助通貨として一時的に利用できるとしていた。

8月21日より新しい硬貨や紙幣の流通が始まるも、当日は新紙幣の到着が遅れるなどして交換可能額が生活に必要な金額を大幅に下回る数十ボリバルに制限されるなど、多くの混乱が生じた[3]

新通貨の流通開始と同時に最低賃金の引き上げや消費税の引き上げが行われ、ベネズエラ政府が発行した暗号通貨であるペトロとペッグされ、1ペトロ=3600ボリバルと定められた。

史上最速のハイパーインフレーション編集

ベネズエラ中央銀行はこのデノミネーションを、「現金取引の容易化」や「通貨システムの簡素化」と称した。しかし、インフレーション率が2018年に169万8,488%に達し、すぐさまハイパーインフレーションに陥った[4]国際通貨基金は、インフレ率が2019年中に1,000万%に達すると予測していた[5]

あまりの通貨の暴落を受け、ニコラス・マドゥロ政権は自由主義を消極的に認める形になり、2019年の9月[6]にはインフレ率が9500%、2020年には3000%と下落はしているものの[7]、依然として高いインフレーションが進んでいる。 流通開始当初のレートは1ドル=60ボリバルだったが、2020年11月には1ドル=100万ボリバルの水準にまで達し、更なるベネズエラ経済の悪化やより高額な新紙幣を刷り始めた影響で2021年8月現在のレートは1ドル=410万ボリバル前後にまで悪化している。

ベネズエラの都市部ではアメリカ合衆国ドル決済やデビットカード等の電子決済が主に使用されており[8]、ボリバル現金での決済の割合は全体の3割を下回っている。

2021年8月5日、ベネズエラ中央銀行は同年10月に100万ボリバル・ソベラノを1ボリバル・デジタルにするデノミネーションを実施すると発表した[8][9]

硬貨・紙幣編集

硬貨編集

流通開始時に50センティモ硬貨と1ボリバル硬貨が発行されていたが、直後のハイパーインフレーションによって殆ど市場に出回ることなく消えた。表にはシモン・ボリバルの肖像、裏には額面とベネズエラの国章が描かれている。

紙幣編集

2018年編集

ボリバル・フエルテと同様、表にベネズエラ出身のイスパノアメリカ独立戦争で活躍した人物、裏にベネズエラゆかりの野生動物とベネズエラの国立公園の風景が描かれている。紙幣のデザインの一部はボリバル・フエルテの高額紙幣発行時に検討されていたデザインを流用したものである[10]

紙幣
金額 表に描かれている人物 裏に描かれている図柄
2 Bs.S ホセファ・カメホスペイン語版 キビタイボウシインコモロコイ国立公園英語版
5 Bs.S ホセ・フェリックス・リーバス英語版 ハーレクインヒキガエル英語版エンリ・ピッティエル国立公園英語版
10 Bs.S ラファエル・ウルダネタ オオアリクイカタトゥンボの雷
20 Bs.S シモン・ロドリゲス ジャガーアビラ国立公園英語版
50 Bs.S アントニオ・ホセ・デ・スクレ ジャガーネコペニンスラ・デ・パリア国立公園英語版
100 Bs.S エセキエル・ザモラ英語版 ブラウンスパイダーモンキー英語版グアトポ国立公園英語版
200 Bs.S フランシスコ・デ・ミランダ ミドリコンゴウインコアビラ国立公園英語版
500 Bs.S シモン・ボリバル ムクドリモドキマカラオ国立公園英語版

新紙幣の流通開始から4ヶ月も経たずに2ボリバル紙幣は価値が消滅し、銀行や商店が受け取りを拒否するなどして市場から取り除かれた。その後半年以内には500ボリバル紙幣を除いたすべての紙幣が価値を失い、その500ボリバル紙幣もわずか数円程度の価値しか無くなり、大量の500ボリバルの札束を持ち歩いたり、ボリバルの代わりに菓子や日用品等を用いて取引をする場面も見られた。

2019年編集

2019年6月、ベネズエラ中央銀行は進行するインフレーションに対処するため、「通貨システムの補完と最適化」「決済システムの効率化」を名目に新たな高額紙幣を発行した。

国内で行われていた紙幣印刷のコストを下げる狙いも見受けられ、シモン・ボリバルの肖像は500ボリバルのものを流用し、図柄や色彩も非常にシンプルなものになっている。

2020年後半には国内の紙幣印刷工場が稼働不能になった為、紙幣の印刷をロシアのゴズナク英語版社に委託した。またこの時期からセキュリティスレッドの幅が異なる紙幣が同時に流通している。

紙幣
金額 表に描かれている人物 裏に描かれている図案
10000 Bs.S 青色 シモン・ボリバル ベネズエラ国立霊廟英語版
20000 Bs.S 緑色 シモン・ボリバル ベネズエラ国立霊廟英語版
50000 Bs.S 橙色 シモン・ボリバル ベネズエラ国立霊廟英語版

2021年編集

2021年3月6日、ベネズエラ中央銀行は2019年同様、通貨システムの補完と最適化を名目に更に高額の新紙幣を発表した[11]。 20万、50万ボリバルの図柄は2019年の紙幣の図柄を額面を除いて丸々流用している。100万ボリバル紙幣は、ベネズエラの独立を決定づけたカラボボの戦い英語版の200周年を記念する図案になっている。

このシリーズの紙幣は額面のゼロが「MIL(千)」や「MILLÓN(百万)」で省略されており、特に100万ボリバル紙幣はこの省略によって額面の数字が1になっていることから、この地点でベネズエラ中央銀行が既存の紙幣のデザインを流用しながら100万分の1のデノミネーションを実施する可能性が指摘されていた。そして実際に100万ボリバル紙幣のデザインはボリバル・デジタルの5〜100ボリバル紙幣にそのまま流用されることとなった。

紙幣
金額 表に描かれている人物 裏に描かれている図案
200000 Bs.S 灰色 シモン・ボリバル ベネズエラ国立霊廟英語版
500000 Bs.S 紫色 シモン・ボリバル ベネズエラ国立霊廟英語版
1000000 Bs.S 金色 シモン・ボリバル カラボボ凱旋門スペイン語版カラボボの戦い英語版

為替レート編集

現在のVESの為替レート
Google Finance: AUD CAD CHF CNY EUR GBP HKD JPY/円USD
Yahoo! Finance: AUD CAD CHF CNY EUR GBP HKD JPY/円USD
Yahoo! ファイナンス: AUD CAD CHF CNY EUR GBP HKD JPY/円USD
XE: AUD CAD CHF CNY EUR GBP HKD JPY/円USD
OANDA: AUD CAD CHF CNY EUR GBP HKD JPY/円USD

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 268万%のインフレに 政治的混乱続く南米ベネズエラ”. www3.nhk.or.jp (2019年2月12日). 2019年2月12日閲覧。
  2. ^ “ベネズエラ、デノミ実施 通貨10万分の1に切り下げ”. 日本経済新聞. (2018年8月20日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34347140Q8A820C1FF8000/ 2018年8月20日閲覧。 
  3. ^ ベネズエラ10万分の1デノミ、国民に混乱と怒り ウォール・ストリート・ジャーナル (2018年8月22日) 2021年8月7日閲覧
  4. ^ Inflación de 2018 cerró en 1.698.488%, según la Asamblea Nacional" (in Spanish).”. efectococuyo.com (2019年2月6日). 2019年2月6日閲覧。
  5. ^ 商品価格の変動激しく デノミも効果なし ベネズエラ、ハイパーインフレで打撃”. www.sankeibiz.jp (2019年2月6日). 2019年2月6日閲覧。
  6. ^ ベネズエラが市場経済に転換? 統制緩和で希望の光”. jp.wsj.com (2019年9月18日). 2019年10月5日閲覧。
  7. ^ ベネズエラ、またデノミ 通貨価値100万分の1に AFPBB News (2021年8月6日) 2021年8月7日閲覧
  8. ^ a b ベネズエラ、3年ぶりデノミ 通貨100万分の1に切り下げ 日本経済新聞(2021年8月6日)2021年8月7日閲覧
  9. ^ El Banco Central de Venezuela anuncia la entrada en vigencia del Bolívar Digital a partir de octubre RT(2021年8月5日)2021年8月5日閲覧
  10. ^ Los ‘Bocetos’ de los Billetes Fuertes del año 2007 Monedas de Venezuela 2021年8月7日閲覧
  11. ^ BCV amplía Cono Monetario vigente con incorporación de tres nuevos billetes Banco Central Venezuela(2021年3月6日)2021年3月6日閲覧

関連項目編集