メインメニューを開く

デノミネーション

額面表示が5000の各国紙幣。上からアメリカ合衆国ドル中央アフリカCFAフランBEAC日本円,中央アフリカCFAフランBEAC(チャド),イタリア・リラフランス・フラン

デノミネーション: denomination)とは、通貨単位を表す言葉である。日本語においては、それを切り下げる、もしくは切り上げることとして使われることもある。国内の全ての資産負債に対して行われる。インフレーションなどにより、通貨金額の桁数表示が大きくなると経済活動に支障をきたすので、その解決のために行われる。デノミと省略されることが多い。

目次

言葉の用法編集

英語のデノミネーションとは「通貨の単位」のことであり、「切り下げ」や「切り上げ」といった意味は持たない。日本語の「デノミネーション」に相当する英語としては、リデノミネーション(: redenomination)、あるいはチェンジ・オブ・デノミネーション(: change of denomination、日本語:通貨単位の変更)などが挙げられる。なお、デノミという略称は、英語のデノミネーション[1]、あるいはロシア語のデノミナーツィヤ[2]に基づくとされる。

方法編集

例えば、10,000円の単位を に切り下げ新100円にするなど。具体的には、新しい貨幣を発行したり、現行貨幣の数字を書き換えたりする。  の単位で切り下げることが多い。ただし、ニュージーランドザンビアでは通貨単位を2倍にしたことがある。

近年のデノミネーション例編集

脚注編集

関連項目編集