メインメニューを開く

ボンベイtoナゴヤ』(BOMBAY TO NAGOYA)は1993年インド映画。日本では1999年に劇場公開された。

ボンベイtoナゴヤ
BOMBAY TO NAGOYA
Aye Meri Bekhudi
監督 チャンチャル・クマール
脚本 チャンチャル・クマール
製作 RBM
製作総指揮 ラリット・バクシー
出演者 アニル・バクシー
プリヤンカ
プレーム・チョープラー
原智彦
音楽 アニル・モヒーレ
主題歌 Aye Meri Bekhudi
ウディット・ナラヤン
撮影 キショール・カパーディア
配給 シネマスコーレ
スローラーナー
公開 インドの旗 1993年
日本の旗 1999年4月
上映時間 105分(日本公開時)
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
テンプレートを表示

概要編集

主人公が復讐のためにボンベイ(現・ムンバイ)からナゴヤにやって来ることからこの邦題となっており、物語の多くが日本を舞台に展開する。撮影は1991年に行なわれ、インドでは1993年に公開された[1]。日本ではマサラ映画が広く知られるようになる90年代後半になって初めてスクリーンにかかった[2]。なお、主題歌をはじめとする作中の歌はウディット・ナラヤン英語版アヌラーダ・パウドウェル英語版スレーシュ・ワドカール英語版クマール・サーヌー英語版などが担当した[3]

あらすじ編集

警察官のヴィジャイは父でもあるシンハ長官とともに密輸組織を摘発するなど大活躍。ヴィジャイは警察の慈善イベントで父を襲ったギャングを撃退し、同時に助けたダンサーのソーナと恋に落ちるが、その後ギャングの報復によってヴィジャイの両親は爆死。ヴィジャイは両親の仇であるギャングのダニーが取引相手の日本のヤクザ・佐藤を頼って逃亡したことを知り、その拠点でもある地方都市・名古屋にやって来た。仇を探す中、ヴィジャイは偶然にもリトルワールドでの公演のため来日していたソーナと再会。二人の恋は再び燃え上がる。

日本でのロケ地編集

日本パートでは名古屋やその周辺で(多くは許可を取らずに)ロケ撮影が行なわれた。見慣れた日本の風景の中で、マサラムービーの定番である情熱的なダンスが登場する。なお、先に記したように撮影自体は1991年で、現存しない建物などもある。

脚注編集

  1. ^ Aye Meri Bekhudi (1993)”. Bollywood Hungama. 2012年6月26日閲覧。
  2. ^ 1999年の上映作品”. シネマスコーレ (2007年2月11日). 2011年8月8日閲覧。
  3. ^ Aye Meri Bekhudi Songs”. Bollywood Hungama. 2012年6月26日閲覧。

外部リンク編集