ボーラーン(Boran、パフラヴィー語: BoranPahlavi.pngボーラーンドゥフトペルシア語: پوراندخت、Pūrāndokht)は、途中に数か月の空白期間を挟んで630年から632年の間在位していた、サーサーン朝イランの女王。彼女は王(またはシャー)であるホスロー2世と、東ローマ帝国の王女であるマリア英語版の娘だった。ボーラーンはイランの歴史上統治者となった数少ない3人の女性の内の1人であり、他の女性はムサとボーラーンの姉妹であるアーザルミードゥフトである。

ボーラーン
ボーラーンの唯一知られている金貨 (ボストン美術館)。

イランの女王
在位期間
630年
先代 シャフルバラーズ
次代 シャープール5世

イランの女王
在位期間
631年6月 – 632年6月
先代 アーザルミードゥフト
次代 ヤズデギルド3世

死亡 632年6月
クテシフォン
王室 サーサーン家
父親 ホスロー2世
母親 マリア英語版
配偶者 カワード2世
信仰 ゾロアスター教
テンプレートを表示

628年、ボーラーンの兄弟であり夫でもあるカワード2世は、彼らの父親であるホスロー2世を処刑した。カワード2世は、彼らの兄弟と半血兄弟も全員処刑し、帝国を分裂状態にした。カワード2世は数か月後に死亡し、彼の8歳の息子であるアルダシール3世が後継者となった。アルダシール3世は、約2年間その地位に就いた後、将軍シャフルバラーズに処刑された。ボーラーンはファッルフ・ホルミズド英語版の支援を受けてシャフルバラーズを打倒し、王座に就いた。

経歴編集

 
ホスロー2世のコイン

ボーラーンは、ホスロー2世マリア英語版の娘だった[1]。ホスロー2世は628年に息子であるカワード2世によって処刑され、マルダーンシャーも含む多くのボーラーンの兄弟と半血兄弟が処刑された。この事変は帝国に大きな打撃を与えた。伝承によると、ボーラーンとその姉妹のアーザルミードゥフトは、野蛮な行いをしたカワード2世を非難し、叱責した[2]。『フーゼスターンの年代記』によると、ボーラーンは実の兄弟であるカワード2世の妻でもあり、ゾロアスター教フヴァエトヴァダタと呼ばれる最近親婚の教義を実行していた[3][1]

脚注編集

  1. ^ a b Al-Tabari 1985–2007, v. 5: p. 404 (note 996).
  2. ^ Al-Tabari 1985–2007, v. 5: p. 399.
  3. ^ Daryaee 1999, p. 77.

出典編集

  • Al-Tabari, Abu Ja'far Muhammad ibn Jarir (1985–2007). The History of Al-Ṭabarī.. V. Albany, NY: State University of New York Press. ISBN 978-0-7914-4355-2 
  • Daryaee, Touraj (1999). “The Coinage of Queen Bōrān and Its Significance for Late Sāsānian Imperial Ideology”. Bulletin (British Society for Middle Eastern Studies) 13: 77–82. JSTOR 24048959.  (要登録)
ボーラーン


存命中

先代:
シャフルバラーズ
女王
630年
次代:
シャープール5世
先代:
アーザルミードゥフト
女王
631年6月–632年6月
次代:
ヤズデギルド3世