マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』(マギーズプランしあわせのあとしまつ、Maggie's Plan)は2015年アメリカ合衆国で公開されたロマンティック・コメディ映画である。監督はレベッカ・ミラー、主演はグレタ・ガーウィグが務めた。

マギーズ・プラン
幸せのあとしまつ
Maggie's Plan
監督 レベッカ・ミラー
脚本 レベッカ・ミラー
原案 カレン・リナルディ
製作 レベッカ・ミラー
デイモン・カルダシス
レイチェル・ホロヴィッツ
製作総指揮 フィリップ・スティーヴンソン
テンプル・ウィリアムズ
ルーシー・バーザン・ドネリー
アレクサンドラ・ケリー
マイケル・J・メイリス
スーザン・ルーベル
出演者 グレタ・ガーウィグ
イーサン・ホーク
ジュリアン・ムーア
ビル・ヘイダー
音楽 マイケル・ロハティン
撮影 サム・レヴィ
編集 サビーヌ・ホフマン
製作会社 ホール・モニター
ロコモーティヴ
レイチェル・ホロヴィッツ・プロダクションズ
ラウンド・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年5月20日
日本の旗 2017年1月21日
上映時間 99分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $7,091,326[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

マギー・ハーデンはアート関係の仕事に携わりつつ、大学でデザインを学んでいた。あるとき、彼女は子供が欲しいと思うようになり、旧知のガイ・チャイルダーズから精子の提供を受けた。

大学で、マギーは文化人類学者のジョン・ハーディングと知り合いになった。彼はコロンビア大学で教鞭を執るジョーゼットと結婚していたが、全てを研究に捧げる妻に嫌気がさしていた。その後、2人は大学でよく顔を合わせる関係になり、ジョンはマギーに「私は小説を書き進めているのです」という秘密を明かした。ジョンの小説を読み始めるようになったマギーは、それ以来、彼と小説の話をするようになった。

マギーがチャイルダーズの精子を注入しようとした矢先、ドアのベルが鳴った。マギーがドアを開けると、そこにはジョンが立っていた。ジョンは彼女に「君に惹かれているんだ。子供の父親になりたい」と告白した。

それから3年後、マギーとジョンは結婚し、娘のリリーとジョンの連れ子2人と共に幸せな生活を送っていた。しかし、マギーは自分の仕事を後回しにして子供3人の世話と夫のサポートに明け暮れている現状に不満を抱いていた。ある日、リリーと散歩に出かけたマギーは、チャイルダーズにばったり会った。リリーの顔を見たチャイルダーズは彼女を自分の娘だと勘違いした。リリーがジョンの娘だと知ったチャイルダーズは複雑な気分になった。

そんなある日、ジョーゼットがまだジョンを愛していると痛感したマギーは、魅力を失いつつある夫をジョーゼットに返す算段を整え始めた。

キャスト編集

製作編集

2014年1月9日、レベッカ・ミラーの新作映画でグレタ・ガーウィグが主演を務めることになったとの報道があった[3]。15日、ジュリアン・ムーアが本作に出演すると報じられた[4]。5月1日、クライヴ・オーウェンが本作に出演することになったとの報道があったが、本作の劇場公開版に彼が出演したシーンはなかった[5]2015年2月2日、トラヴィス・フィメルの出演が決まった[6]。3日、イーサン・ホーク、ビル・ヘイダー、マーヤ・ルドルフの出演が決まったと報じられた[7]。23日、本作の主要撮影がニューヨークで始まった[7]

公開編集

2015年9月12日、本作は第40回トロント国際映画祭でプレミアを迎えた[8]。その直後、ソニー・ピクチャーズ・クラシックスが本作の配給権を獲得したと発表した[9]。10月4日にはニューヨーク映画祭での上映が行われた[10]。2016年1月22日、本作はサンダンス映画祭で上映された[11]。2月15日、本作はパノラマ部門に出品されていた第66回ベルリン国際映画祭で上映された[12][13]

評価編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには165件のレビューがあり、批評家支持率は85%、平均点は10点満点で7.1点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「主演のグレタ・ガーウィグによる魅力的な演技のお陰で、『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』はロマコメ的な感受性に知的かつ予想を裏切る捻りを加えている。」となっている[14]。また、Metacriticには35件のレビューがあり、加重平均値は76/100となっている[15]

出典編集

外部リンク編集