マクシム・ソコロフ

マクシム・ユリエヴィチ・ソコロフロシア語: Максим Юрьевич Соколов、ラテン文字転写の例:Maksim Yur'yevich Sokolov, 1968年9月29日 - )は、ロシア経済学者政治家2012年5月21日からドミートリー・メドヴェージェフ内閣ロシア連邦運輸大臣(交通大臣)[1]

マクシム・ソコロフ
Максим Юрьевич Соколов
Maksim Sokolov 2012.jpg
マクシム・ソコロフ(2012年7月24日撮影)
生年月日 (1968-09-29) 1968年9月29日(54歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic (1954–1991).svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード
出身校 サンクトペテルブルク大学経済学部
前職 エコノミスト、教授、会社取締役
現職 ロシア連邦運輸大臣
所属政党

ソ連共産党 (1991年まで)→)
(独立系(1991年–2003年)→)

統一ロシア (2003年から)
称号 勲2等メリット勲章

内閣 ドミートリー・メドヴェージェフ内閣
在任期間 2012年5月21日 -
テンプレートを表示

経歴・人物編集

1991年サンクトペテルブルク大学経済学部を卒業する。1991年から1993年まで母校で経済史マクロ経済学の講座を担当した。1997年からは、サンクトペテルブルク大学経済学部同窓会役員も務めている。

1992年から1999年まで、公開株式会社ロッシ総支配人(代表取締役社長)。1999年から2004年まで、サンクトペテルブルクの有力ビジネスマン、ヴァシーリー・ソプロマゼが会長を務める「Корпорация С」の総支配人。 2011年国家及び都市経営大学院研究科「官民パートナーシップ」コース教授、議長。

政治的な経歴は、2004年サンクトペテルブルク市役所(行政府)入りしたことから始まる。市投資戦略計画委員会議長を経て、2009年サンクトペテルブルク経済開発・産業政策・貿易委員会議長。2009年12月4日、ロシア連邦政府で産業・インフラ局長。 2012年5月21日、ドミートリー・メドヴェージェフ内閣でロシア連邦運輸大臣に任命された。運輸大臣としてはモスクワ、カザン間の鉄道幹線の高速化について言及した[2]。 また、ロシア運輸省はサハリン(樺太)北海道の間に横断路を建設する構想について、ソコロフが協議のため来日すると発表した[3]

私生活では夫人との間に三子がいる。

脚注編集

  1. ^ (ロシア語) Указ Президента Российской Федерации от 21.05.2012 № 660 "О Министре транспорта Российской Федерации"”. ロシア連邦大統領府 (2012年5月21日). 2013年11月24日閲覧。
  2. ^ (日本語) 02/08/2013 14:15 - ノーボスチ・ロシア通信社 モスクワ-カザンの鉄道幹線に個々に超高速が走る”. ノーボスチ・ロシア通信社. 2013年11月24日閲覧。
  3. ^ (日本語) 北海道とサハリンをつなげよう”. インターファクス通信 (2013年9月16日). 2013年11月24日閲覧。
先代
イーゴリ・レヴィチン
ロシア運輸大臣
2012年 -
次代
現職