メインメニューを開く

マクスウェル・マクゴーギー・ハミルトン

アメリカ合衆国の外交官

マクスウェル・マクゴーギー・ハミルトン(Maxwell McGaughey Hamilton, 1896年12月20日 - 1957年11月12日[1]は、アメリカ合衆国外交官。1945年から1947年まで駐フィンランド大使を務めた。

生涯編集

1896年12月20日、オクラホマ州チェロキーにて誕生[2]。1918年にプリンストン大学をで文学士号を取得[2]。 1918年にワシントン・アンド・ジェファーソン大学を卒業[3]ファイ・デルタ・シータに所属[3]

1920年から1924年まで在中国公使館にて通訳研修生[2]。1924年から1927年まで在中国領事[2]。1927年から1931年まで国務省極東部担当職員[2]。1931年から1937年まで極東部長補佐[2]。1937年から1943年まで極東部長[2]。1943年から1944年まで在ソ連大使館公使参事官[2]。1944年に国務長官特別補佐官[2]

1944年末、フィンランドの第二次世界大戦離脱を受けて、アメリカはフィンランドと新たな関係を構築することを検討[4]。1944年12月8日、フランクリン・ルーズベルト大統領はハミルトンをフィンランド担当特別代表(公使級)に任命[4]。ただしこの任命の時点では、国交の公式な正常化は重要視されていなかった[4]

1945年3月、フィンランド議会選挙が終了すると、アメリカは「自由な秘密投票を通じて、フィンランド国民による民主化の願いを実現させた」とフィンランドを評価した[4]。1945年8月31日、アメリカはフィンランドとの国交を再構築する意向を発表し、9月25日にハミルトンを特命全権公使に指名した[4]。ハミルトンは1946年3月26日に信任状を奉呈し、1947年8月25日まで在任した[5]。1949年に極東委員会議長[2]

出典編集

  1. ^ Hamilton, Maxwell McGaughey (1896-1957)”. 2011年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j Register of the Maxwell McGaughey Hamilton Papers, 1916-1957”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月1日閲覧。
  3. ^ a b Navarro Abad, Jay-Raymond (2002年). “Prominent Alumni by Chapter”. Prominent Alumni of Phi Delta Theta. 2011年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e VI REBUILDING OF U.S.-FINNISH TIES, 1945–1980 - Resumption of U.S.-Finnish Diplomatic Relations (PDF)”. U.S.- Finnish Diplomatic Relations. The United States Embassy - Helsinki, Finland. p. 34. 2011年7月1日閲覧。
  5. ^ Maxwell McGaughey Hamilton(1896-1957)”. Office of the Historian, Bureau of Public Affairs, United States Department of State. 2011年7月1日閲覧。
公職
先代:
スタンリー・クール・ホーンベック
アメリカ合衆国国務省極東部長
1937年 - 1943年
次代:
ジョセフ・ウィリアム・バランタイン
外交職
先代:
ベンジャミン・ハリー
在フィンランドアメリカ合衆国大使
1946年3月26日 - 1947年8月25日
次代:
アヴラ・ウォレン