メインメニューを開く

マクトゥーム・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム

マクトゥーム・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームアラビア語: مكتوم بن راشد آل مكتوم, ラテン文字転写: Maktūm bin Rāshid Āl Maktūm英語: Maktoum bin Rashid Al Maktoum 1943年 - 2006年1月4日[1])は、アラブ首長国連邦の政治家。ドバイ首長国アミール(首長)で、ドバイを含む7つの首長国からなるアラブ首長国連邦副大統領首相を務めた。

マクトゥーム・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム
مكتوم بن راشد آل مكتوم
ドバイ首長国アミール
Maktoum bin Rashid Al Maktoum.jpg
在位 1990年10月7日 - 2006年1月4日
別号 アラブ首長国連邦副大統領首相副首相

出生 (1943-08-15) 1943年8月15日
Flag of the Trucial States.svg 休戦海岸ドバイ
死去 (2006-01-04) 2006年1月4日(62歳没)
オーストラリアの旗 オーストラリアクイーンズランド州ゴールドコースト
配偶者 アリヤー・ビント・ハリーファ・ビン・サイード・アール・マクトゥームアラビア語版
王家 マクトゥーム家
父親 ラーシド
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

生涯編集

ドバイ首長ラーシド英語版の長男。1971年にドバイなどイギリス保護国である6首長国が結成したアラブ首長国連邦の首相に就任し、1979年に父に譲るまで務めた。1990年、父の死によってドバイ首長に即位、再び首相に就任した。

マクトゥーム首長は弟のムハンマド(シェイク・モハメッド)を太子に指名し、政務はもっぱらムハンマドが執った。マクトゥーム在位中のドバイではオイルマネーを基盤に据え、外資を導入した経済開発が強力に押し進められ、その結果、ドバイは湾岸随一の商業都市に成長した。

また競馬の世界でも1994年に弟のムハンマドと共にゴドルフィンを設立、オーナーとして多くの有力馬を所有したことでも知られる[1]

2006年1月4日、前年末より滞在していたオーストラリアの保養地ゴールドコーストで急死し、ムハンマドが首長位を継いだ。

参考文献編集

  1. ^ a b “Obituary: Sheikh Maktoum”. BBC NEWS. (2006年1月4日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/4581068.stm 2013年8月31日閲覧。 

関連項目編集