メインメニューを開く

マスターズ甲子園(マスターズこうしえん)とは、かつて高校野球に出場した元高校球児たちが阪神甲子園球場を舞台に世代を超えたOBチームを結成して、野球を通しての同窓会を行いそれを生涯スポーツとし発展させまた次世代の子供たちに野球の素晴らしさを伝えていくことを目的に2004年から創設された大会である。別名「秋の甲子園」。

マスターズ甲子園5カ年計画編集

2004年の第1回大会は1日間だけの開催だったがそれを2005年以後は2日間開催として大会を全国規模に拡大することを目指し、更に2007年以後はそれを定着させるため3日間開催の実現を目指す。

それを実現させるための方針編集

  • 「1人でも多く、1チームでも多く」を目指し将来的な全国全都道府県からの出場実現を目指した大会日程の調整、プログラムの調整を図る。
  • また高校野球全国大会の出場の有無、プロ・アマ経験などのキャリアなどを一切問わず、同じ高校野球同窓生として甲子園に再び出場できる機会を提供する。
  • 大会の運営は自己負担を原則とし、参加者からの会費(参加料)を基本にスポンサーからの支援を仰いで継続的な大会実施を目指す。

司会編集

開催日編集

回数 開催日
第1回 2004年11月28日
第2回 2005年11月5日12月5日
第3回 2006年11月4・5日
第4回 2007年6月17日
第5回 2008年6月15日
第6回 2009年6月14日
第7回 2010年11月1314日
第8回 2011年12月2324日
第9回 2012年11月1011日
第10回 2013年11月1617日
第11回 2014年11月1516日
第12回 2015年11月14日12月2日

※第2回は2日目を11月6日に開催する予定だったが、雨のため12月5日に延期となった。

※第8回は東日本大震災の影響で開催日程が12月にずれ込んだ。

関連項目編集

外部リンク編集