マスターピーシズ・バイ・エリントン

デューク・エリントンのアルバム

マスターピーシズ・バイ・エリントン (Masterpieces by Ellington) は、アメリカ合衆国ジャズピアニストビッグ・バンド・リーダーであるデューク・エリントンが、ビッグ・バンド編成で録音して1951年に発表した、12インチLP形態による初めてのアルバムである。

MASTERPIECES BY ELLINGTON
デューク・エリントンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1950年 12月18日12月19日  コロムビア30番街スタジオ
ジャンル ジャズ
時間
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース George Avakian
専門評論家によるレビュー
allmusic 星4.5 / 5 link
デューク・エリントン アルバム 年表
Masterpieces by EllingtonHi-Fi Ellington Uptown
テンプレートを表示

解説編集

デューク・エリントンは、SPレコードが主流であった1930年代から、長時間録音の試みを行なってきたが、彼が所属するコロムビア・レコードが、Hi-Fi録音技術の発達と共に1948年6月にLPレコードを開発したのを期に、エリントンは、1950年に自身の作品に新たにコンサート・アレンジを施し、アルバム制作に臨んだ。録音は同年12月18日と19日に行なわれ、往年の代表曲に、1948年に書かれた「刺青の花嫁」を加えた4曲が主要メンバーのソロ演奏を多く含んだ、1曲が約10分以上にも及ぶ長尺の演奏でモノーラル収録された。このアルバムに参加している楽団メンバーには、長期間在籍している充実した面々が揃っていたが、翌年の1951年には何人かの主要メンバーが退団する。特に、ドラマーのソニー・グリアーにとっては、これがエリントン楽団での最後の演奏となった。 このアルバムは、デューク・エリントンの記念すべき最初のLPであると同時に、その優れた演奏内容から、デュークの1950年代を代表するアルバムのひとつに数えられている。

収録曲編集

括弧内は作者

  1. ムード・インディゴ Mood Indigo  (A.Bigard-Ellington-Mills) 15:26
  2. ソフィスティケイテッド・レディ Sophisticated Lady  (Ellington-Parish-Mills) 11:28
  3. 刺青の花嫁 The Tatooed Bride (Ellington) 11:41
  4. ソリチュード Solitude (Ellington-Delang-Mills) 8:24

演奏者編集

  • キャット・アンダーソン (Cat Anderson) トランペット
  • ハロルド・ベイカー (Harold Baker) トランペット
  • ネルソン・ウィリアムス (Nelson Williams) トランペット
  • アンドレス・メレンギト (Andres Merenghito) トランペット
  • レイ・ナンス (Ray Nance) トランペット
  • ローレンス・ブラウン (Lawrence Brown) トロンボーン
  • クウェンティン・ジャクソン (Quentin Jackson) トロンボーン
  • タイリー・グレン (Tyree Glenn) トロンボーン
  • マーサ・エリントン (Mercer Ellington) フレンチホルン
  • ジョニー・ホッジス (Johnny Hodges) アルト・サクソフォーン
  • ラッセル・プロコープ (Russell Procope) アルト・サクソフォーン、クラリネット
  • ジミー・ハミルトン (Jimmy Hamilton) クラリネット、テナー・サクソフォーン
  • ポール・ゴンザルヴェス (Paul Gonsalves) テナー・サクソフォーン
  • ハリー・カーネイ (Harry Carney) バリトン・サクソフォーン
  • デューク・エリントン (Duke Ellington) ピアノ
  • ビリー・ストレイホーン (Billy Strayhorn) ピアノ
  • ウェンデル・マーシャル (Wendell Marshall) ベース
  • ソニー・グリアー (Sonny Greer) ドラム
  • イヴォンヌ・ロナーゼ (Yvonne Lanauze) ヴォーカル(収録曲1.2のみ参加)

主な発売記録編集