マチルダ 禁断の恋』(マチルダ きんだんのこい、原題:Матильда、英題:Mathilde)は、2017年10月26日に公開されたロシアの歴史ラブロマンス映画。監督・製作はアレクセイ・ウチーチェリ、主演はラース・アイディンガーミハリーナ・オルシャンスカらが務めている。

マチルダ 禁断の恋
Матильда
監督 アレクセイ・ウチーチェリ
脚本 アレクサンドル・テレコフ
製作 アレクセイ・ウチーチェリ
ヴラディーミル・ヴィノクール
アレクサンドル・ドストマン
出演者 ラース・アイディンガー
ミハリーナ・オルシャンスカ
ダニーラ・コズロフスキー
ルイーゼ・ヴォルフラム
インゲボルガ・ダクネイト
トーマス・オスターマイアー
音楽 ワレリー・ゲルギエフ
撮影 ユーリー・クリメンコ
製作会社 ロシアの旗 ROCK FILMS
配給 日本の旗 シンカ
公開 ロシアの旗 2017年10月26日
日本の旗 2018年12月8日
上映時間 108分
製作国 ロシアの旗 ロシア
言語 ロシア語
製作費 $15,000,000
興行収入 $9,365,944
テンプレートを表示

日本では2018年12月8日にシンカによる配給で、ヒューマントラストシネマ有楽町新宿武蔵野館YEBISU GARDEN CINEMAにてロードショー公開された[1]2019年6月5日ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントからDVDソフト化 (TADD-81487)、販売とレンタル (RAD-81487) がなされる。WOWOWシネマ2020年4月16日に日本語字幕版(115分)で放送予定[2]。キャッチコピーは「最も切なく、最も官能的な、仕掛けられた恋。」。

あらすじ 編集

キャスト 編集

スタッフ 編集

論争 編集

2016年に特にエロティックなラブシーンを含む映画の公式予告編が公開されたとき[3]、住民運動「キングスクロス」(King's Cross)の代表は 近日公開予定の映画で「歴史的事件の歪み」と「文化の分野における反ロシアと反宗教の挑発」を見つけたと主張した。自称正統派過激派組織が映画監督と上映の準備をしている映画館を脅迫した後、映画館チェーンの1つが映画の上映から撤退した[4]

ニコライ2世を崇敬していることでも知られる下院副議長のナタリア・ポクロンスカヤからロシア連邦最高検察庁の検事総長に要請があった後[5]、映画素材は監査を受けたが、違反は見つからなかった[6]。ロシア議会下院文化委員会の委員長である映画監督スタニスラフ・ゴヴォルーヒン英語版は映画をチェックするという考えを批判し、そのようなスキャンダラスなイニシアチブは「芽のうちに摘み取らなければならない」と信念を表明した。クレムリンではポクロンスカヤの要求が混乱を引き起こし、確信が持てずに対応が遅れた。文化省は映画のレンタルの証明書交付に関する質問は、映像の作業が完了したときに決定されると述べた[6][7][8][9]

2016年12月のやや後半、検察庁がポクロンスカヤの要請により、検査のために映画の脚本を要求すると報じられた[10][11]

2017年9月、ロシア最大の映画館チェーンであるシネマ・パーク(Cinema Park)とフォーミュラ・キノ・グループ(Formula Kino group)は「映画の反対者による極端な行動」と映画に対する脅迫のため上映をキャンセルした。彼らは後に決定を覆した[12]。映画監督アレクセイ・ウチーチェリの代理を務めた弁護士の事務所の外で2台の車が放火された[13]

9月4日、映画に反対した君主制主義集会の超正統派(ultra-Orthodox)の参加者がエカテリンブルク最大の映画館コスモス・シネマの入口に車をぶつけた。車内には多くのガソリンとガスボンベがあり、犯人は火炎瓶で車に火を放ち、脱出しようとしたが、すぐに取り押さえられた。法廷は男が正気でないと認めたため刑事責任から免れた。同じ理由で映画館の所有者は損害の補償を受けなかった(推定では1,930万ルーブル)[14][15]

禁止の試み 編集

ロシア皇室の室長であるアレクサンドル・ザカトフは映画を「冒涜」と呼んだが、「そのような作品は非難されるべきだが、スキャンダルを膨らませて正式に禁止することは意味がない」と付け加えた[16]

エゴリエフスクティコン・シェフクノフ英語版司教も同様の立場をとり、この映画を批判的に批評したが、映画の上映を禁止する要求は「絶対に行き止まりで間違ったアプローチである」と述べている[17][18]

是非に関する警告、これは映画の今後の幅広い上映に関連して設定できる目標である。

それにもかかわらず、ティコン司教は「おそらく正統派を含む個人や団体は上映禁止を要求するだろう」と指摘した[19]

脚注 編集

  1. ^ “最大のタブーにして最大のスキャンダル!最も切なく、最も官能的な、聖なる宮殿に漂うエロティシズムの究極の恋愛『マチルダ 禁断の恋』予告”. シネフィル編集部. (2018年9月25日). https://cinefil.tokyo/_ct/17208511 2020年4月14日閲覧。 
  2. ^ “マチルダ 禁断の恋 - J:COMテレビ番組表”. J:COM. https://tvguide.myjcom.jp/program/556465/ 2020年4月15日閲覧。 
  3. ^ Official trailer of the film Matilda. Mystery of the House of Romanov (2016). 2020/04/17閲覧 {{cite AV media}}: |accessdate=の日付が不正です。 (説明)
  4. ^ In Latin America and Russia, the spiritual status of the slain is a minefield”. The Economist. 2020年4月17日閲覧。
  5. ^ Поклонская попросила Генпрокуратуру проверить новый фильм Учителя "Матильда"” [ポクロンスカヤ氏は検事総長にウチーチェリの新作映画「マチルダ」の審査を依頼] (ロシア語). Vedomosti. 2020年4月17日閲覧。
  6. ^ a b Минкульт прокомментировал просьбу Поклонской проверить фильм "Матильда"” [文化省は映画『マチルダ』を検閲するポクロンスカヤの要求にコメントしました] (ロシア語). RBC Information Systems. 2020年4月17日閲覧。
  7. ^ Bondarenko, Maria. “Говорухин раскритиковал идею проверки фильма Алексея Учителя” [ゴヴォルーヒンはアレクセイ・ウチーチェリの映画を検閲する考えを批判しました] (ロシア語). RBC Information Systems. 2020年4月17日閲覧。
  8. ^ "Царь представлен в ложном, пошлом, негативном виде"” [「皇帝は偽りの下品かつ否定的な形で提示されています」] (ロシア語). ruskline.ru. 2020年4月17日閲覧。
  9. ^ Вновь ввергнуть Россию в кровавый хаос - цель создателей фильма "Матильда" и их покровителей” [再びロシアを血なまぐさい混乱に陥らせることが映画『マチルダ』とその後援者たちの目的です] (ロシア語). Cont. 2020年4月17日閲覧。
  10. ^ Прокуратура запросит сценарий фильма "Матильда", сообщила Поклонская” [検察庁は映画『マチルダ』の脚本を要求するとポクロンスカヤ氏は報じた] (ロシア語). RIA Novosti. 2020年4月17日閲覧。
  11. ^ Н.Поклонская: Прокуратура запросит сценарий фильма "Матильда"” [ポクロンスカヤ「検察庁は映画『マチルダ』の脚本を求めます」] (ロシア語). Монархистъ. 2020年4月17日閲覧。
  12. ^ 'Matilda' premiere draws extra security in Moscow after threats”. Digital Journal. 2020年4月17日閲覧。
  13. ^ Russian cinemas shun czar film Matilda after threats”. BBC. 2020年4月17日閲覧。
  14. ^ Максим Бородин. “ru:«Матильду» поджег невменяемый” (ロシア語). Газета.Ru. 2020年4月17日閲覧。
  15. ^ ru:Бунт царебожников: кто выпустил из подполья самую могущественную православную секту, которую остерегается даже патриарх” (ロシア語). Телеканал Дождь. 2020年4月17日閲覧。
  16. ^ А.Закатов: Фильм "Матильда" является кощунством” [A.Zakatov "Matilda" The film is a sacrilege] (ロシア語). Monarchist. 2020年4月17日閲覧。
  17. ^ Фильм Учителя "Матильда" построен на фальсификациях, считают в Русской церкви” [ロシア教会によるとウチーチェリの映画『マチルダ』は改竄に基づいている] (Russian). Interfax-Religion. 2020年4月17日閲覧。
  18. ^ Controversial film about Russian czar cleared for release”. Business Insider. 2020年4月17日閲覧。
  19. ^ Yakovleva, Elena. “РОССИЙСКАЯ ГАЗЕТА: "Вымысел и обман. Епископ Тихон Шевкунов: Мы в ответе за историческую правду о своей стране"” [ロシースカヤ・ガゼータ「フィクションと欺瞞」。司教ティコン・シェフクノフ「私たちは自分たちの国の歴史の真実に責任があります」] (ロシア語). Interfax-Religion. 2020年4月17日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集