マチン科(マチンか、Loganiaceae)は双子葉植物のひとつ。

マチン科
Strychnos ignatii - Köhler–s Medizinal-Pflanzen-132.jpg
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク上群 superasterids
階級なし : キク類 asterids
階級なし : asterids I
: リンドウ目 Gentiales
: マチン科 Loganiaceae
  • 本文参照

特徴編集

木本または草本つる性のものも多い。は4または5数で、花弁は筒状またはラッパ状になる。は対生。世界の熱帯を中心に15属400種ほどがあり、日本には3属7種がある。マチンストリキニーネを含む)、ゲルセミウム、またツボクラリンを含む数種の植物など、有毒植物が多い。

分類編集

マチン科はかつてはフジウツギ科(Buddlejaceae)と一緒にされていた(学名は Loganiaceae、和名はフジウツギ科だった)が、分離された。アイナエ属は分離当初はフジウツギ科とされていた[要出典]。現在でも文献に混乱が見られる。APG IVでは Loganiaceae がリンドウ目下に置かれる一方、旧来のフジウツギ科Androya属やフジウツギ属Buddleja)がゴマノハグサ科ヌクシア属Nuxia)がスティルベ科(Stilbaceae)に分割されている上に両科ともシソ目の下という位置付けとなっており、系統的に離れた関係とされている[1]

また、APG体系が発表される以前はAnthocleista[2]ゴムミカズラ属Fagraea[3]ゲルセミウム属Gelsemium[3]Mostuea[2]は Loganiaceae に含められていたが、APG IVではAnthocleista属やゴムミカズラ属はリンドウ科に、ゲルセミウム属やMostuea属はゲルセミウム科(Gelsemiaceae)に置かれている[1]

編集

分類については Hassler (2019)、米倉・梶田 (2013-)、World Flora Online[4] を参照。

また2014年にはC・S・P・フォスター(C. S. P. Foster)と B. J. Conn により Telopea 16: 152–155 でオーストラリア産植物13種からなる Orianthera という新属が記載された[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ Hassler (2019) は Mitrasacme prolifera のシノニムとしている。

出典編集

  1. ^ a b c Stevens, P. F. (2001 onwards). Angiosperm Phylogeny Website. Version 14, July 2017 [and more or less continuously updated since]. 2019年5月9日閲覧。
  2. ^ a b Beentje, H.J. (1994). Kenya Trees, Shrubs and Lianas. Nairobi, Kenya: National Museum of Kenya. ISBN 9966-9861-0-3. http://www.nzdl.org/gsdlmod?e=d-00000-00---off-0unescoen--00-0----0-10-0---0---0direct-10---4-------0-1l--11-en-50---20-about---00-0-1-00-0--4----0-0-11-10-0utfZz-8-10&a=d&c=unescoen&cl=CL1.6&d=HASH01b88f73433d5003648dbf5b.12.96 
  3. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-).「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info (2019年5月9日).
  4. ^ World Flora Online, http://www.worldfloraonline.org/, 09 May 2019
  5. ^ 『熱帯植物要覧』熱帯植物研究会、養賢堂、1996年、第4版、402頁。ISBN 4-924395-03-X
  6. ^ Hassler (2019).

参考文献編集

英語:

  • Hassler, M. (2019). World Plants: Synonymic Checklists of the Vascular Plants of the World (version Nov 2018). In: Species 2000 & ITIS Catalogue of Life, 2019 Annual Checklist (Roskov Y., Ower G., Orrell T., Nicolson D., Bailly N., Kirk P.M., Bourgoin T., DeWalt R.E., Decock W., Nieukerken E. van, Zarucchi J., Penev L., eds.). Digital resource at http://www.catalogueoflife.org/annual-checklist/2019. Species 2000: Naturalis, Leiden, the Netherlands. ISSN 2405-884X

関連項目編集