マックス・アブラハム

マックス・アブラハム

マックス・アブラハムMax Abraham1875年3月26日 - 1922年11月16日)は、ドイツ帝国(現:ポーランドグダニスクダンツィヒ出身の(理論物理学者ベクトル記法の普及に貢献したとして名高い。

目次

生涯編集

1875年3月26日、ドイツ帝国ダンツィヒにユダヤ系商人はモーリッツ・アブラハム、はセルマ・モーリッツソンの元に生まれる。

フンボルト大学ベルリンにてドイツの物理学者であるマックス・プランクの元で学び、1897年学位の取得と共に卒業し、その後3年間はプランクの助手を務めた。

1900年ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン私講師を務めた。

1902年電子を剛体球とみなして電子の質量電荷電磁場との相互作用に起因すると言う電磁質量の理論発表した。しかし、1904年頃にオランダの物理学者であるヘンドリック・ローレンツはアブラハムの理論とは異なる電子は運動方向に短縮すると言う考えを発表し、論争や実験が行われ対立したが、後にドイツの物理学者であるアルベルト・アインシュタイン相対性理論により解決される。

1908年にはアメリカに渡りイリノイ大学物理学教授となったが大学の雰囲気に馴染めず、6ヶ月でゲッティンゲンに戻った。

1909年イタリア数学者であるトゥーリオ・レヴィ=チヴィタに招待されてミラノ工科大学にて古典力学、物理学の教授を務めるものの1914年第一次世界大戦が始まったため、ドイツへの帰国を余儀なくされた。その後はテレフンケン伝送研究をした。

戦後になってもアブラハムは1921年までシュトゥットガルトで物理学を教えていたためミラノ工科大学に戻れず、同年、アーヘンに招かれた。しかし、力学の教授に赴任する途中に脳腫瘍に罹り、入院した。

1922年11月16日に脳腫瘍のためミュンヘンで亡くなった。

アブラハムの死後、イギリスの物理学者であるマックス・ボルン、ドイツの物理学者であるマックス・フォン・ラウエはアブラハムの理論を研究した[1]。なお、ラウエはゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンに居た頃、アブラハムより物理学を学んでいた。

業績編集

1897年、フンボルト大学ベルリンでイギリスの理論物理学者であるジェームズ・クラーク・マクスウェルの電磁理論や境界値問題について研究し、導体中での電気振動を考察した博士論文がある。

1904年から1905年にかけて著された全2巻からなる主著『電磁理論(Theorie der Elektrizität)』は、ドイツで初めてベクトル解析を用いた電磁気学教科書である。

出版物編集

脚注・参考文献編集

  1. ^ アブラハム・パイス (2005). Subtle is the Lord. オックスフォード大学出版局. p. 232. ISBN 0-19-280672-6.