メインメニューを開く

マシュー・アロイシウス・キルロイ(Matthew Aloysius Kilroy, 1866年7月21日 - 1940年3月2日)は、アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のプロ野球選手投手)。左投げ左打ち。

マット・キルロイ
Matt Kilroy
Matt Kilroy.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
生年月日 1866年6月21日
没年月日 (1940-03-02) 1940年3月2日(73歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
初出場 1886年4月17日
最終出場 1898年8月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ニックネームは"Matches"マッチ)。1886年にアメリカン・アソシエーションで、メジャーリーグ史上唯一となる『シーズン500奪三振』を達成した。

目次

経歴編集

1886年、20歳の時に当時のボルチモア・オリオールズ(現存せず)に入団、チームの先発投手として68試合に登板して66試合を完投、1年目から600イニングス近くを投げた。この年の勝敗は29勝34敗で、負け数と自責点はリーグ最多だったが、ルイビル・カーネルズの投手だったトード・ラムジーと奪三振の数を争い、キルロイのシーズン奪三振数は実に513にも達した。同年のラムジーの奪三振数は499で、キルロイはメジャーリーグでシーズン500奪三振を達成したただ一人の投手となった。またこの年の10月6日の試合では、ピッツバーグ・アレゲニーズ(現パイレーツ)を相手にノーヒットノーランも達成した。

1887年にも69試合に登板(66試合完投)したキルロイは、46勝19敗の成績を上げ、この年のアメリカン・アソシエーションの最多勝利投手となり、前年最下位に沈んだオリオールズをリーグ3位に躍進させた。この年の奪三振数は217で、前述のトード・ラムジーに次ぐリーグ2位の成績だった。同年10月1日には、ダブルヘッダーの両方の試合に登板、1日で2勝を挙げるという快挙も成し遂げている。翌日の10月2日には審判を勤めたという記録も残っている。

1888年4月9日に結婚。この日キルロイはフィラデルフィアで挙式をする予定だったが、当日朝にオリオールズとの契約の予定が入り、彼は契約を済ませた後ボルチモアからフィラデルフィアに移動してその日の夜に式を上げ、翌日からそのままオリオールズのキャンプに参加したという。この年は登板も40試合ほどに減ったが、翌1889年には再び59試合に登板し29勝を上げている。

1890年にキルロイはプレイヤーズ・リーグに参加したが、9勝15敗の成績に終わる。その後はそれまでの投げすぎもあって登板は年数試合程度にとどまった。1894年を最後に一旦メジャーから降格し、3年後の1898年にシカゴ・オーファンズ(現カブス)で6勝7敗の成績を挙げ選手を引退した。引退後は故郷フィラデルフィアで暮らし、1940年に73歳で亡くなった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1886 BAL 68 68 66 5 -- 29 34 0 -- .460 2469 583.0 476 10 182 -- 19 513 61 1 350 218 3.37 1.13
1887 69 69 66 6 -- 46 19 0 -- .708 2492 589.1 585 9 157 -- 20 217 46 1 326 201 3.07 1.26
1888 40 40 35 2 -- 17 21 0 -- .447 1407 321.0 347 5 79 -- 23 135 45 0 224 144 4.04 1.33
1889 59 56 55 5 -- 29 25 0 -- .537 2070 480.2 476 8 142 -- 27 217 32 0 283 152 2.85 1.29
1890 BOS 30 27 18 0 -- 9 15 1 -- .375 1026 217.2 268 14 87 -- 15 48 9 5 161 103 4.26 1.63
1891 CKK 7 6 4 0 -- 1 4 0 -- .200 213 45.1 51 1 19 -- 8 6 0 0 42 15 2.98 1.54
1892 WHS 4 3 2 0 -- 1 1 0 -- .500 116 26.1 20 0 15 -- 2 1 1 0 11 7 2.39 1.33
1893 LOU 5 5 5 1 -- 3 2 0 -- .600 188 35.0 57 2 23 -- 4 4 2 0 41 35 9.00 2.23
1894 8 7 3 0 -- 0 5 0 -- .000 175 37.0 46 2 20 -- 2 11 1 0 34 16 3.89 1.78
1898 CHC 13 11 10 0 -- 6 7 0 -- .462 448 100.1 119 2 30 -- 11 18 6 0 67 48 4.31 1.49
通算:10年 303 292 264 19 -- 141 133 1 -- .515 10604 2435.2 2445 53 754 -- 131 1170 203 7 1539 939 3.47 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はMLB最高

獲得タイトル・記録編集

打撃成績編集

  • 通算成績:330試合、1062打数236安打、本塁打1、打点103、打率.222

脚注編集

  1. ^ 1886年当時の投手-本塁間の距離は50フィートで、現在の規定(60フィート6インチ)よりやや短かった。

関連項目編集

外部リンク編集