マリアノ・フォルトゥーニ

1838-1874, スペインの画家。

マリアノ・フォルトゥーニ(Mariano Fortuny y Marsal または Marià Josep Bernat Fortuny i Marsa、1838年6月11日 - 1874年11月21日)は、国内外で称賛を受けていた当時のスペインにおける代表的な画家。短い生涯の中で、オリエンタリズムを主題としたロマン主義的絵画、歴史的風俗画、スペインの植民地主義時代の戦争画などを描いた。

マリアノ・フォルトゥーニ
Mariano Fortuny
Marià Fortuny - Self-portrait - Google Art Project.jpg
『自画像』
生誕Marià Josep Maria Bernat Fortuny i Marsal
1838年6月11日
スペイン
カタルーニャ州 レウス
死没1874年11月21日(36歳没)
イタリア ローマ
国籍スペイン
著名な実績絵画
運動・動向ロマン主義オリエンタリズム

略歴編集

スペイン、カタルーニャ州のレウスに生まれた。父親はフォルトゥーニが生まれる前に亡くなり、母親もフォルトゥーニが12歳の時に亡くなり、家具職人の祖父に育てられた。14歳の時、祖父とバルセロナに移り、彫刻家タラルン(Domènec Talarn)に宿を提供され、ラ・リョッジャ美術学校(Escuela de la Lonja)に入学し、4年間、クラウディ・ロレンサレ英語版パウ・ミラスペイン語版に学んだ。1857年3月に奨学金を得て、ローマに留学し、1858年から2年間ローマに滞在した。ローマに滞在していたスペイン人画家、エドゥアルド・ロサレス(Eduardo Rosales)やプエブラ(Dióscoro Puebla)と知り合い、イタリア人画家のアッティリオ・シモネッティと友人になり弟子にした。

1859年にバルセロナの州政府に呼び戻され、スペイン・モロッコ戦争の従軍画家としてモロッコへ派遣された。1959年の2月から4月までモロッコに滞在し、風景や戦闘場面のスケッチをし、帰国後マドリードやバルセロナで展示した。これらのスケッチから後の戦争画の代表作が生まれ、フォルトゥーニが「オリエンタリズム」の画家として中東の風物を描く契機となった。

1866年にパリに出て「オリエンタリズム」の画家、ジャン=レオン・ジェロームに学び、画商のアドルフ・グーピルのために働いた。パリではオラース・ヴェルネアンリ・ルニョーとも知り合って影響を受けた。マドリードに戻り結婚した。息子のマリアノ・フォルトゥーニ・イ・マドラーソ(Mariano Fortuny y Madrazo)は服飾デザイナーとして有名になった。

1874年にローマでマラリアで没した。

フォルトゥニの死後は、義理の兄弟であるリカルド・デ・マドラーソがアトリエを整理し、オテル・ドゥルオー英語版のオークションに出品する準備をした[1]

ギャラリー編集

参考文献編集