メインメニューを開く

マレーシアの国歌

マレーシアの国歌(マレーシアのこっか)では、マレーシア国歌我が国」(わがくに、マレー語Negaraku)について記述する。

Negaraku
和訳例:我が国

国歌の対象
マレーシアの旗 マレーシア

作曲 ピエール=ジャン・ド・ベランジェ
採用時期 1957年
試聴
テンプレートを表示

目次

歌詞編集

マレー語 ジャウィ 直訳 和訳

Negaraku Tanah tumpahnya darahku
Rakyat hidup bersatu dan maju
Rahmat Bahagia Tuhan kurniakan
Raja kita selamat bertakhta
Rahmat Bahagia Tuhan kurniakan
Raja kita selamat bertakhta

نڬاراكو، تانه تومڤهڽ دارهكو
رعيت هيدوڤ، برساتو دان ماجو
رحمة بهاڬيا، توهن كورنياكن
راج كيت، سلامت برتختا
رحمة بهاڬيا، توهن كورنياكن
راج كيت، سلامت برتختا

My country the land where my blood has spilt
The people living united and progressive
May God bestow blessing and happiness
May our King have a successful reign
May God bestow blessing and happiness
May our King have a successful reign

我が祖国 我が血が注がれた土地よ
民が暮らす 団結と繁栄のもとに
祝福された幸福は 神より賜われし
我らが王のもと 平和な治世を
祝福された幸福は 神より賜われし
我らが王のもと 平和な治世を

モデル編集

この曲は、元はフランスシャンソン「La Rosalie」で、19世紀後半頃に東南アジアへ渡ったとされている。

1920年から1930年ごろにかけては、「Terang Boelan(トラン・ブーラン、月明かり)」という名前で大ヒットし、1937年にはインドネシアで同じ名前の映画が公開され、主題歌として歌われた。なお戦時中にインドネシア、マレーシアに従軍した日本軍の兵士の間でもよく歌われたという。

「トラン・ブーラン」は日本では戦後、渡辺はま子が歌って知られるようになり、雪村いづみ仲宗根美樹も歌った[1]1954年には松林宗恵監督の映画『トラン・ブーラン 月の光』の主題歌として雪村いづみが歌ったものが使用された(作詞:佐伯孝夫)。

1957年に「Negaraku」がマレーシアの国歌とされてからは、この「Terang Boelan」の歌詞はマレーシア国内で禁止された。日本においても「トラン・ブーラン」は1959年に「この曲を公然と歌うことがマラヤで禁止されている事実を考慮して」日本民間放送連盟要注意歌謡曲指定を受けた[1]

脚注編集

  1. ^ a b 吉野健三『歌謡曲 流行らせのメカニズム』晩聲社 (ヤゲンブラ選書) 、1978年、119-120頁。

外部サイト編集