メインメニューを開く

マンチェスター公爵: Duke of Manchester)は、グレートブリテン貴族公爵位。

マンチェスター公爵
Achievement of the Duke of Manchester.svg
創設時期 1719年4月13日
創設者 ジョージ1世
貴族 グレートブリテン貴族
初代 4代マンチェスター伯チャールズ・モンタギュー
現所有者 13代マンチェスター公爵アレグザンダー・モンタギュー英語版
相続資格 初代公の嫡出の男系男子
付随称号 マンチェスター伯爵、マンデヴィル子爵、キンボルトンのモンタギュー男爵

マンチェスター伯爵位を前身とし、第4代マンチェスター伯爵チャールズ・モンタギュー1719年に叙されたのに始まる。

モンタギュー公爵家英語版は本家筋にあたる。またサンドウィッチ伯爵家ハリファックス伯爵(第2期・第3期)は分流にあたる(モンタギュー公爵家とハリファックス伯爵家は絶えたが、サンドウィッチ伯爵家は現存している)。

目次

歴史編集

 
初代マンチェスター公爵チャールズ・モンタギュー
 
12代マンチェスター公アンガス・モンタギュー英語版とかつての邸宅キンボルトン城英語版

大蔵卿英語版(在職1620年-1621年)を務めた庶民院議員ヘンリー・モンタギュー英語版(1563頃-1642)は、1620年12月19日イングランド貴族爵位「マンデヴィル子爵(Viscount Mandeville)」と「カウンティ・オブ・ハンティンドンにおけるキンボルトンのキンボルトンのモンタギュー男爵(Baron Montagu of Kimbolton, of Kimbolton in the County of Huntingdon)」に叙せられ、ついで1626年2月5日に「カウンティ・オブ・ランカスターにおけるマンチェスター伯爵(Earl of Manchester in the County of Lancaster)」に叙せられた[1][2]

このマンチェスター伯爵の爵位名はマンチェスターに由来するのではなく、ハンティンドンシャー英語版ゴッドマンチェスター英語版に由来している。しかしゴッドを爵位名に使うなど冒涜であると考えて、ゴッドを取り除いたマンチェスターに変更された[3]

彼の兄エドワード・モンタギュー英語版(1563-1644)も庶民院議員として活躍し、1621年にイングランド貴族爵位ボートンのモンタギュー男爵英語版に叙せられた[4]。この兄の家系は後にモンタギュー公爵家英語版となる(1749年に廃絶)。また彼の弟シドニー・モンタギューの家系からはサンドウィッチ伯爵家が誕生する(現存)。

2代マンチェスター伯爵エドワード・モンタギュー(1602-1671)は、長老派貴族として清教徒革命イングランド内戦)の際に議会派東部連合軍の司令官を務めた事で知られる[5]。また彼の弟ジョージの家系からはハリファックス伯爵家が出ている(1771年に廃絶)。

4代マンチェスター伯爵チャールズ・モンタギュー(?-1722)は、駐フランス大使(在職1699年-1701年)や駐ヴェネツィア大使(在職1697年-1698年、1707年-1708年)などを務めた外交官として活躍し、1719年4月28日グレートブリテン貴族爵位「マンチェスター公爵(Duke of Manchester)」に叙せられた[6][7]

以降マンチェスター公爵位は彼の男系男子の子孫によって継承されていく。

4代マンチェスター公爵ジョージ・モンタギュー(1737-1788)は、駐フランス大使(在職1783年)を務めた[8]

5代マンチェスター公爵ウィリアム・モンタギュー英語版(1771-1843)は、長期にわたってジャマイカ総督(在職1808年-1827年)を務め、その後トーリー党政権で郵政長官英語版(在職1827年-1830年)を務めた[9]

2015年現在の当主は13代マンチェスター公爵アレグザンダー・モンタギュー英語版(1962-)である。彼はアメリカ合衆国カルフォルニア州ニューポートビーチに在住している[10]

一族の本邸は1615年から1950年までキンボルトン城英語版だった。同城は現在キンボルトン学校英語版の校舎になっている。

紋章に刻まれるモットーは「自分を変えることによってではなく、自分を捨てることによって(Disponendo Me, Non Mutando Me)」[11]

現当主の保有爵位編集

現在の当主13代マンチェスター公爵アレグザンダー・モンタギュー英語版は、以下の爵位を有する[10][11]

  • 13代マンチェスター公爵 (13th Duke of Manchester)
    (1719年4月28日勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第16代マンチェスター伯爵 (16th Earl of Manchester)
    (1626年2月5日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • 第16代マンデヴィル子爵 (16th Viscount Mandeville)
    (1620年12月19日の勅許状によるイングランド貴族爵位) ※法定推定相続人の儀礼称号の爵位
  • ハンティンドン州におけるキンボルトンの第16代モンタギュー男爵 (16th Baron Montagu of Kimbolton, of Kimbolton in the County of Huntingdon)
(1620年12月19日の勅許状によるイングランド貴族爵位)

一覧編集

マンデヴィル子爵 (1620年)編集

マンチェスター伯 (1626年)編集

マンチェスター公 (1719年)編集

家系図編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ Lundy, Darryl. “Henry Montagu, 1st Earl of Manchester” (英語). thepeerage.com. 2015年8月23日閲覧。
  2. ^ Rigg, James McMullen (1894). "Montagu, Henry" . In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 38. London: Smith, Elder & Co.
  3. ^ Brooke, Christopher (1985). A History of Gonville and Caius College. Boydell & Brewer Ltd. p. 127. ISBN 9780851154237. http://books.google.co.uk/books?id=Mr2KIZdS0YQC&pg=PA127&lpg=PA127&dq=Godmanchester+title&source=bl&ots=RhwbB80AE_&sig=6L3gYjbMq5ZfOE6rB56sm1Io4YI&hl=en&sa=X&ei=S93LUbf8Na6N0wXCsoCoDg&redir_esc=y#v=onepage&q=Godmanchester%20title&f=false. 
  4. ^ Lundy, Darryl. “Edward Montagu, 1st Baron Montagu of Boughton” (英語). thepeerage.com. 2015年8月23日閲覧。
  5. ^ 今井宏編 1990, p. 202-206.
  6. ^ Lundy, Darryl. “Charles Montagu, 1st Duke of Manchester” (英語). thepeerage.com. 2015年8月23日閲覧。
  7. ^ "Montagu, Charles (1660?-1722)" . Dictionary of National Biography (in English). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  8. ^ Lundy, Darryl. “George Montagu, 4th Duke of Manchester” (英語). thepeerage.com. 2015年8月23日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “William Montagu, 5th Duke of Manchester” (英語). thepeerage.com. 2015年8月23日閲覧。
  10. ^ a b Lundy, Darryl. “Alexander Charles David Drogo Montagu, 13th Duke of Manchester” (英語). thepeerage.com. 2015年8月23日閲覧。
  11. ^ a b Heraldic Media Limited. “Winchester, Marquess of (E, 1551)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月30日閲覧。

参考文献編集