メインメニューを開く

マーサナリー (Mercenary)は、デンマーク出身のヘヴィメタルバンド

マーサナリー
Mercenary
Mercenary SN2007 03.JPG
基本情報
出身地  デンマーク
ノーユラン県 オールボー
ジャンル メロディックデスメタル
パワーメタル
活動期間 1991年 - 現在
レーベル ブラック・デイ・レコード
シリアス・エンタテインメント
ハンマーハート・レコード
センチュリー・メディア・レコード
ノイズアート・レコード
アヴァロン・レーベル
公式サイト mercenary.dk
メンバー レネ・ペデルセン (ボーカルベース)
ヤコブ・モルブイェルグ (ギター)
マーチン・ブース・ペデルセン (ギター、キーボード)
ピーター・ミカエル・マティーセン (ドラムス)
旧メンバー ヘンリック・アナスン (ボーカル、ベース)
ミッケル・サンダガー (ボーカル)
ハンス・ヨルゲン・アナスン (ギター)
ニコライ・ブリンクマン (ギター)
シグナー・ピーターセン (ギター)
アンドレアス・ハンセン (ベース)
モルテン・サンダガー (キーボード)
ヤコブ・ヨンセン (ドラムス)
ラスムス・ヤコブセン (ドラムス)
マイク・パーク・ニルセン (ドラムス)
モルテン・ローヴェ・ソレンセン (ドラムス)

メロディックデスメタルに分類されることが多く、デスヴォイスに加えてクリーン・ヴォーカルも多用した、パワーメタル色が強いのが特徴[1]

目次

略歴編集

黎明期
1991年オールボーで結成。創設メンバーは、ヘンリック・クラル・アナスン (VoG)、ハンス・ヨルゲン・アナスン (G)、アンドレアス・ハンセン (B)、ヤコブ・ヨンセン (Ds)の4名。
1993年、1stデモ『...Domicile』をリリース[2]。同年に、ハンス・ヨルゲン・アナスン、アンドレアス・ハンセン、ヤコブ・ヨンセンの3名が脱退。ヤコブ・モルブイェルグ (G)、ラスムス・ヤコブセン (Ds)が加入、3人体制となる。またこのメンバーチェンジに合わせて、ヘンリック・クラル・アナスンがギターからベースに転向している。
1994年、2ndデモ『Gummizild』をリリース[2]。その後、デンマークのインディペンデントレコードレーベル・シリアス・エンタテインメントと契約。
デビュー
1998年、1stアルバム『First Breath』をリリースしデビューする[2]。デビューしてから少しして、ニコライ・ブリンクマンが脱退、シグナー・ピーターセン(G)が加入。
2002年、モルテン・サンダガー (Key)とミッケル・サンダガー (Clean Vo)が加入、それまでの4人体制から6人体制となる。オランダハンマーハート・レコードに移籍して、2ndアルバム『Everblack』をリリースした[2]。リリース後には、ラスムス・ヤコブセンとシグナー・ピーターセンが脱退、マイク・パーク・ニルセン(Ds)、マーチン・ブース・ペデルセン(G)が加入した。
2ndアルバムリリース後、大手ヘヴィメタル・レーベル「センチュリー・メディア・レコード」に移籍[3]2004年に3rdアルバム『11 Dreams』をリリース[3]。同アルバムは、日本でも「アヴァロン・レーベル」からリリースされ日本デビューを果たした[3]
メンバーチェンジ〜現在
2006年、オリジナルメンバーのヘンリック・クラル・アナスンが脱退[3]。元々クリーン・ヴォーカルを担当していたミッケル・サンダガーがデスヴォイスも担当し[3]、正式ベーシスト不在のまま4thアルバム『The Hours that Remain』をリリース[3]。同アルバムでは、ベースをプロデューサーでもあるヤコブ・ハンセンがセッションで担当した。同アルバムリリース後、ヘンリック・クラル・アナスンの後任にレネ・ペデルセン (Vo/B)が加入。レネ・ペデルセンがデスヴォイスによるボーカルを担当する。
2008年、5thアルバム『Architect of Lies』をリリースした[2]。同アルバムリリース後の翌年、ミッケル・サンダガー、モルテン・サンダガー、マイク・パーク・ニルセンの3人が脱退。メンバーの加入はモルテン・ローヴェ・ソレンセン(Ds)のみで、2002年以来の4人体制へと戻る。また、このメンバーチェンジによって、レネ・ペデルセンがクリーン・ヴォーカルも兼任、マーティン・ブース・ペデルセンがキーボードも兼任するようになった。更に、オーストリアの「ノイズアート・レコード」に移籍した。
2011年、6thアルバム『Metamorphosis』をリリース[2]。リリース後、モルテン・ローヴェ・ソレンセンが脱退、ピーター・ミカエル・マティーセン (Ds)が加入した。
2012年には、「センチュリー・メディア・レコード」から、『11 Dreams』、『The Hours that Remain』、『Architect of Lies』の3枚をセットにしたコンピレーション・アルバム『Recollections - The Century Media Years』がリリースされている[2]
2013年、7thアルバム『Through Our Darkest Days』をリリース。

メンバー編集

現ラインナップ編集

旧メンバー編集

  • ヘンリック・"クラル"・アナスン (Henrik "Kral" Andersen) - ボーカル/ベース (1991-1994)
  • ミッケル・サンダガー (Mikkel Sandager) - ボーカル (2002-2009)
  • ハンス・ヨルゲン・アナスン (Hans Jørgen Andersen) - ギター (1991-1994)
  • ニコライ・ブリンクマン (Nikolaj Brinkman) - ギター (1994-2000)
  • シグナー・ピーターセン (Signar Petersen) - ギター (2000-2002)
  • アンドレアス・ハンセン (Andreas W. Hansen) - ベース (1991-1994)
  • モルテン・サンダガー (Morten Sandager) - キーボード (2002-2009)
  • ヤコブ・ヨンセン (Jakob Johnsen) - ドラムス (1991-1993)
  • ラスムス・ヤコブセン (Rasmus Jacobsen) - ドラムス (1993-2002)
  • マイク・パーク・ニルセン (Mike Park Nielsen) - ドラムス (2002-2009)
  • モルテン・ローヴェ・ソレンセン (Morten Løwe Sørensen) - ドラムス (2009-2011)

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 1998年 First Breath
  • 2002年 Everblack
  • 2004年 11 Dreams
  • 2006年 The Hours that Remain
  • 2008年 Architect of Lies
  • 2011年 Metamorphosis
  • 2013年 Through Our Darkest Days

デモ・EP編集

  • 1993年 ...Domicile (Demo)
  • 1994年 Gummizild (Demo)
  • 1996年 Supremacy (EP)
  • 2002年 Everblack (Demo)

コンピレーション編集

  • 2006年 Retrospective
初期音源『...Domicile』、『Gummizild』、『Supremacy』のコンピレーション・アルバム。
  • 2012年 Recollections - The Century Media Years
センチュリー・メディア・レコード在籍時のアルバム『11 Dreams』、『The Hours that Remain』、『Architect of Lies』の3枚をセットにしボーナス・トラックを追加したボックスセット。

脚注編集

  1. ^ 11 Dreams - HMV 2013年9月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g [1] 2013年9月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f アヴァロン・レーベルのカタログページより。2013年9月21日閲覧。

外部リンク編集