メインメニューを開く

マーサ三宅

日本のジャズ歌手 (1933-)

マーサ 三宅(マーサ みやけ、Martha Miyake、本名:三宅 光子(みやけ みつこ)[1][2]1933年5月13日[3] - )は、日本の女性ジャズ・ボーカリスト

経歴編集

当時の満州国四平街(後の中国東北部吉林省四平市)に生まれる[4]

日本音楽学校卒業[3][4]直後の1953年5月にプロデビューし[5]、米軍キャンプで歌い始めたが、本人は後にこれを「生活していくために苦しまぎれに歌手になった」と語っている[6]

1954年レイモンド・コンデとゲイ・セプテットの専属歌手となり、注目を集め[5]、2年ほど在籍[4]

レコードデビューは、1955年マーキュリー・レコードから出たSP盤であったが、1958年にはキングレコードから初のアルバム『東京キャナリーズ』がLP盤でリリースされた[4]

1956年に、その当時はジャズ評論家がおもな仕事であった大橋巨泉と結婚した[7]。きっかけは、大橋が虫垂炎になった際、家族に代わって病院に付き添ったことだったという[7]。この結婚で夫妻の間には2人の娘(後のジャズ歌手、大橋美加豊田チカ)が生まれたが、大橋の仕事の軸がテレビの放送作家の仕事に移るようになると、それに反対だった三宅との間にすれ違いが生じ、1964年には別居状態となり、1967年に離婚に至った[7]

1972年、後進を指導する場としてマーサ三宅ヴォーカルハウスを開校し、以降、大橋純子今陽子芹洋子らを輩出した[4]

1988年には、第13回南里文雄賞を受賞したが、これは歌手としては第11回の笈田敏夫に次いで2人目、女性歌手では初めてのことであった[8]1990年には、第6回日本ジャズヴォーカル賞大賞を受賞した[9][10]

1994年には、1993年度の芸術祭賞を受賞したが、これも女性ジャズ歌手としては初めてのことであった[11]2000年紫綬褒章[1]2006年旭日小綬章を受章した[2]

おもなディスコグラフィ編集

以下は、CDで流通している作品

  • 夜明けのスキャット -あなたと夜とスキャット-(ブリッジ、2007年)- 1969年のLP盤からの復刻
  • (マーサ三宅、八城一夫トリオ) NICE'N'EASY(日本コロムビア、2014年)- 1972年のLP盤からの復刻
  • (マーサ三宅、後藤芳子)マーサ&ヨシコ(キングレコード、2012年)- 1976年のライブ/LP盤からの復刻
  • マーサ三宅presents~スタンダード・ジャズ・ボーカル・ベスト60(マーキュリー・ミュージックエンタテインメント、1990年)
  • ウィズ・ストリングス(P-JAZZ、2001年)
  • 愛の哀しみを歌う(ユニバーサル・ミュージック、2007年)
  • memories30th 歌手生活30周年記念リサイタル Live(MARTHA RECORDS、2008年)- 1983年のライブ音源
  • Softly As I Leave You(SPACE SHOWER MUSIC、2009年)
  • マーサ〜なんて静かなんだろう〜(JAZZFREAK RECORDS、2011年)
  • マイ・フェイバリット・ソングス(キングレコード、2012年)
  • (マーサ三宅 with マーサ・シンガーズ)帰り来ぬ青春 - Yesterday When I Was Young Original recording remastered(ラッツパック・レコード、2014年)

おもな著作編集

  • Taste of jazz:聴いておきたい名曲jazz20(主婦の友社、1988年)
  • 星空にスウィングを:女の自叙伝(婦人画報社、1989年)

脚注編集

  1. ^ a b “春の褒章758人 浜木綿子さん、山崎努さんらに紫綬褒章”. 朝日新聞・朝刊: p. 38. (2000年4月28日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  2. ^ a b “春の叙勲、都内では404人”. 朝日新聞・朝刊・東京都: p. 34. (2006年4月29日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ a b アーティスト詳細 マーサ三宅 プロフィール”. タワーレコード. 2015年3月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e マーサ三宅プロフィール”. マーサ三宅ヴォーカルハウス. 2015年3月23日閲覧。
  5. ^ a b 青木啓 (2003年11月12日). “ジャズ歌い、力みなく半世紀 マーサ三宅(ステージ)”. 朝日新聞・夕刊: p. 9  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ “ジャズ一筋に45年 マーサ三宅が記念公演 26日、東京で”. 朝日新聞・夕刊: p. 17. (1998年3月19日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  7. ^ a b c 大橋巨泉; 平出義明 (2013年1月8日). “(人生の贈りもの)タレント・文筆業、大橋巨泉:3 3万円で「おいらはドラマー♪」”. 朝日新聞・夕刊: p. 5  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  8. ^ “南里文雄賞にマーサ三宅”. 朝日新聞・東京夕刊: p. 21. (1988年1月14日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  9. ^ 日本ジャズヴォーカル賞”. ジャズワールド. 2015年3月23日閲覧。
  10. ^ 前年の第5回の際に、大賞の受賞が決定したと報じられたが、運営者側の分裂混乱があり、三宅は受賞を辞退していた。:“「ジャズボーカル賞」に不協和音 共催者間で異見、大賞が2人”. 朝日新聞・夕刊: p. 19. (1989年3月29日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  11. ^ “芸術祭賞に計25件 「夢千代日記」の三田佳子さんら”. 朝日新聞・朝刊: p. 29. (1993年12月16日) “ジャズ歌手のマーサ三宅さん ジャズこそ人生(人きのうきょう)”. 朝日新聞・朝刊: p. 2. (1994年1月21日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧