メインメニューを開く

ミア・イムMia Yim)ことステファニー・ベルStephanie Bell1989年4月16日 - )は、アメリカ合衆国の女子プロレスラーカリフォルニア州フォンタナ出身。

ミア・イム
ミア・イムの画像
2014年11月
プロフィール
リングネーム ミア・イム
ジェイド
本名 ステファニー・ベル
ニックネーム ブラジアン・バービー
プリンセス・ミア
身長 170cm
体重 60kg
誕生日 (1989-04-16) 1989年4月16日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州フォンタナ
所属 NXT
スポーツ歴 テコンドー
陸上
水泳
バレーボール
テニス
トレーナー ジョン・ケルモン
マーク・ブラヴーラ
クリスチャン・ヨーク
CZWトレーニング
ROHアカデミー
デイジー・ヘイズ
デビュー 2009年8月22日
テンプレートを表示

経歴編集

アフリカ系アメリカ人の父親と韓国人の母親の間に生まれる。

2009年8月22日JAPWでデビュー。

11月14日アニー・ソーシャルに敗戦。以来ライバル関係となる。

2010年6月15日TNAダーク・マッチに出場。

7月17日、NWA DAWG Poundにて坂井澄江と対戦も敗れる。

2011年3月27日SHIMMER39にてジャミラと組んでデイジー・ヘイズ&中川ともか組と対戦。中川のフィッシャーマンズスープレックスに屈する。

その後、REINA女子プロレスにて初来日。5月28日のREINA3東部フレンドホール大会で上林愛貴と組み、豊田真奈美&ヘイリー・ヘイトレッド組と対戦するが、豊田のサイクロンスープレックスを上林が受け敗戦。

7月18日、REINA8板橋グリーンホール大会で松本浩代と対戦。来日初のシングルであったがバックドロップ2発に沈む。

8月14日、REINA9東部フレンドホール大会でCMLL-REINAインターナショナルジュニア初代王座決定トーナメントに参戦。1回戦で沙耶に勝利。

8月20日、REINA10ラジアントホール大会でトーナメント準決勝としてRayと対戦。しかしスカイツイスターに屈して敗退。

8月27日、REINA11新木場1stRING大会にてトライアウト最終選考試合としてルーシャス・ラターシャと対戦し、勝利してREINA入団決定となった[1]

9月23日のREINA14東部フレンドホール大会にてサラ・デル・レイと組んでREINA世界タッグ王座決定トーナメントに出場も1回戦敗退。

9月25日、REINA16大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ大会で上林が持つTLW女子インターナショナル王座に挑戦するが、奪取失敗。

10月1日、SHIMMER41にて華名と対戦するが、スリーパーでタップアウト。翌日のSHIMMER43でも桜花由美にタイガースープレックスで敗れる。

2012年5月13日、REINA後楽園ホール大会に参戦するも直後にREINA解散。上林愛貴石橋葵、K-DOJOの梶トマトヒロ・トウナイと「世界プロレス協会」を結成。REINA×WORLD、K-DOJOを主戦場として転戦する。

10月19日、REINA×WORLDと契約し、年内は日本で活動する。

11月11日、REINAアリーナ大会でアマポラが持つCMLL-REINAインターナショナル王座に挑戦するが、奪取ならず。

2013年1月のREINA興行を以って一時帰国。

9月20日、REINAに再来日[2]。今回は1試合のみの来日となった。

10月のSHIMMERで志田光とシングル。

2015年4月、TNAに参戦。ジェイドJade)のリングネームで活動。

WWE主催の「メイ・ヤング・クラシック2017年第1回大会、および2018年第2回大会に連続出場[3][4]。2018年10月にWWEと契約し、NXTでデビューした[5]

得意技編集

 
450°スプラッシュ
 
パッケージ・パイルドライバー
インヴァーデット・フェイスバスター
足を相手の顔面に押し当て、腕を取って後ろへと倒れこんで蹴りを決める。
ドロップキック
パッケージ・パイルドライバー
スカイ・イム
コークスクリュー・ムーンサルト・プレス
450°スプラッシュ

獲得タイトル編集

TNA
DDTプロレスリング
シャイン・レスリング
ビッグタイムレスリング
  • BTW女子王座 : 1回
タイダルチャンピオンシップレスリング
  • TCW女子王座 : 1回
サウスサイドレスリング
  • クイーン・オブ・サウスサイド王座 : 1回

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集