メインメニューを開く

ミス・ポピーシードのメルヘン横丁

ミス・ポピーシードのメルヘン横丁』( - よこちょう)は、山本ルンルン漫画作品。

ミス・ポピーシードのメルヘン横丁
漫画
作者 山本ルンルン
出版社 芳文社
掲載誌 まんがタイムラブリー
レーベル まんがタイムコミックス
フラワーコミックス(復刻版)
発表号 2006年5月号 - 2008年8月号
巻数 全2巻
話数 全20話
テンプレート - ノート

概要編集

芳文社の漫画雑誌「まんがタイムラブリー」において、2006年5月号より2008年8月号まで、ほぼ隔月で連載された。同誌は4コマ漫画専門雑誌だが、この作品は例外的に4コマ漫画ではない。単行本は全2巻。

同作者のいくつかの他作品と同様、架空の国家「シトラス公国」が物語の舞台。ただし『マシュマロ通信』などの児童向け作品と違い、いくらかのブラックユーモア的要素が取り入れられている。

またこの芳文社版より以前に、講談社の「K-DASH」SPRING2003#2に、同名の読みきり短編が2本掲載された。これらは太田出版から発売された『シトラス学園 完全版』に掲載されている。主な登場人物はポピーシードのみで、サイレント映画のように台詞が無いなど、芳文社版とは違った作品となっている。

なお2010年小学館フラワーコミックス』レーベルで復刻版単行本(全2巻)が発売された。


あらすじ編集

シトラス公国に住むマーガレットは、春から服飾学校に通うために、メルヘン横丁にある「アパートの雑務をこなしてくれるなら家賃は無料」という奇妙な条件のアパートに下宿を取った。そこで出会ったのは、アパートの女性オーナーポピーシードと、彼女の執事でネズミそっくりのベルガモット。浮世離れした雰囲気の2人に加えて、なんとそこには若い男の幽霊ユーレイまでもが住み着いていた。しかもユーレイの話によると、実はポピーシードは本物の魔女だというのだ。

登場人物など編集

ポピーシード
本作の主人公で魔女。由緒正しき魔女の家柄の出身らしいが、なんらかの過去の事情で家を出て、現在は自分の魔力を生かして「よろず相談所」を開き生計を立てている。少し冷めた態度を見せているが、怒りっぽい人物でもある。喫煙者でいつもタバコをふかしている。
マーガレット
実家の田舎からポピーシードのアパートに越してきた、18歳の服飾学校生の女の子。童顔小柄な見た目のせいで、すぐに子供に間違えられる。お人よしの性格に加えて、なまじ家事ができるせいか、何かといいように使われている苦労人。しかし、ポピーシードの飼い犬のウルシに似ているせいか、彼女からは可愛がられている様子。
ベルガモット
ポピーシードの執事で、彼女を「お嬢様」と呼んでいる。プライドがやたら高く金銭感覚に乏しい。実は73歳の人間男性だが、すぐに金を持ち出しては女性に貢ぐ悪癖のため(ポピーシード曰く「色ボケジジイ」)、ポピーシードの魔法で2頭身のネズミのような姿に変えられている。しかし彼はそれにもめげず、今日も人間に戻れる薬や惚れ薬をポピーシードの薬倉庫からこっそり持ち出しては、街で女性を口説いている。
ユーレイ
アパートに住み着いている、軽い性格の若い男の幽霊。幽霊なので壁なども自由自在に通り抜けることができるが、なぜか生きている人間のように食事をしたり、喫煙することもできる。彼が死んだ理由は、悪友たちとの一時の悪ノリで、アパートの屋上の花壇に生き埋めにされてしまったからであった。
アラム
服飾学校で初めてできたマーガレットの友達。陽気な性格の女の子で、口調になまりがある。
ウルシ
かつてポピーシードが実家で飼っていたプードル。彼女を慕いメルヘン横丁までやってきたが、途中で力尽きて死んでしまった。だが、魔法の種で「花」になってアパートの屋上の花壇で生き返ることができた。高級犬で国産牛肉しか食べない。

所収編集

  1. 2007年8月発行 ISBN 978-4-8322-6564-6
  2. 2008年10月発行 ISBN 978-4-8322-6682-7

エピソード一覧編集

第1巻収録

第1話「メルヘン横丁へようこそ!」
第2話「ポピーシードのよろず相談所」
第3話「マーガレットは悩んでいる?」
第4話「ベルガモットの春」
第5話「たばこすわせろ」
第6話「屋上菜園」
第7話「人気者になりたい!」
第8話「孤独な少女」
第9話「ユーレイになったわけ」
第10話「ミス・ウェンディ」
特別編1「さよなら子供時代」

第2巻収録

第11話「キラキラナイトチョーク」
第12話「夢見るレストラン」
第13話「春の公園でめぐるもの」
第14話「ポポとルミエル」
第15話「彼女が知ってるちょっといいこと!」
第16話「魔女ルーシーは修行中」
第17話「口笛は風にのって」
第18話「エキゾチック・バザール」
第19話「ねじれてつながる」
第20話(最終回)「おかえり!マーガレット」
特別編2「寒さと空腹と」

外部リンク編集