ミズハタネズミ属

ミズハタネズミ属(ミズハタネズミぞく、Arvicola)は、キヌゲネズミ科ハタネズミ亜科に属する水生の比較的大きなハタネズミの一種。ハタネズミ亜科の模式属である。

ミズハタネズミ属
Water.vole.arp.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目 Rodentia
上科 : ネズミ上科 Myomorpha
: キヌゲネズミ科 Cricetidae
亜科 : ハタネズミ亜科 Arvicolinae
: ミズハタネズミ属 Arvicola
学名
Arvicola
Lacépède, 1799
和名
ミズハタネズミ属
英名
Water Voles

本属に属する種の多くは、ヨーロッパ及び北アジアの多くによる水生及び乾燥地に生息している。北米西北部で見つけられたアメリカミズハタネズミ (Microtus richardsoni) は過去にこの属に属すると考えられていたが、ハタネズミ属 (Microtus) の方に近い種であるとされている[1][2]

体長は12-22cm 程度、尾の長さは6.5-12.5cm であり、体重は70-250g である。

生態の詳細については、代表的な種であるミズハタネズミを参照のこと。

目次

種類編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Conroy, C. J. and J. A. Cook. 2000. Molecular systematics of a Holarctic rodent (Microtus: Muridae). Journal of Mammalogy, 81:344-359.
  2. ^ Musser, G. G. and M. D. Carleton. 2005. Superfamily Muroidea. Pp. 894-1531 in Mammal Species of the World a Taxonomic and Geographic Reference. D. E. Wilson and D. M. Reeder eds. Johns Hopkins University Press, Baltimore.

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集