ネズミ目 (ネズミもく、Rodentia) は脊椎動物亜門 哺乳綱の目の1つ。齧歯目(げっしもく)、齧歯類(げっしるい)ともいう。リスネズミヤマアラシなどが含まれる。現在の哺乳類で最も繁栄しているグループであり、現生哺乳類全種(4300-4600種)の約半数に当たる2000-3000種を占める。生息域は、南極大陸を除く全大陸、およびほとんどすべての島。さまざまな環境に適応した多様な種が存在する。

ネズミ目(齧歯目)
Rodentia
生息年代: 暁新世現世, 56–0 Ma
Capybara-thumbnail.jpg
現生種最大のネズミ カピバラ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : 真主齧上目 Euarchontoglires
大目 : グリレス大目 Glires
: ネズミ目(齧歯目) Rodentia
学名
Rodentia Bowdich1821
亜目

目次

特徴編集

ネズミの仲間には、概して小さいものが多く、なかでもアフリカンドワーフマウスは体長6cm、体重7g程度しかない。一方、大きいものでは、現生種最大のカピバラ Hydrochoeris hydrochaeris が 45kg 程度である。化石種としては、1999年南米ベネズエラで全身化石が発見された第三紀後期のフォベロミス・パッテルソニ Phoberomys pattersoni が最大で、体高 1.3 m(尾まで含めた体長は3 m)、体重 700 kg程度あったと考えられている[1]

ネズミ目の動物は、上顎、下顎の両方に伸び続ける2つの門歯をもつ。この門歯は物をかじることで次第に削れてゆき、長さを保っている。漢語名齧歯目、および学名「Rodentia」はラテン語で「かじる(齧る)」という意味のrodereからきている。歯は木を削ったり堅果類の皮をかじったり身を守ったりするために使われる。ネズミ目の動物の多くは、種子などの植物質を食料とするが、魚や昆虫を主食とする種もわずかに存在している。なお他のほ乳類とは異なり、ネズミ目では嘔吐反射がみられない[2]

ネズミ目と伝染病編集

ネズミ目は、伝染病の生物学的な媒介者となることがある。ペストの例は、公衆衛生が発達した2000年代においても世界的に年間数千人規模の患者が発生し、時にはアウトブレイクも発生するなど病気の撲滅が達成されていないが、これは野生のネズミ目が感染している広大な地域では対策が難しいためである[3]

系統編集

分類編集

ネズミ目は系統的にはヤマアラシ亜目 Hystricomorpha (Ctenohystrica)、ネズミ亜目 Myomorphaリス亜目 Sciuromorpha (Sciurognathi) の3亜目に分かれる[4]。ただし、古い分類では、同じ3目に分けていても内容が微妙に異なることがある。

ネズミ亜目の3下目をそれぞれ亜目に引き上げ5亜目とする分類もある[5]が、本質的には同じである。

顎骨の形態からリス顎亜目(リス亜目) Sciurognathiヤマアラシ顎亜目(ヤマアラシ亜目) Hystricognathi に分ける分類もあるが、リス顎亜目はネズミ亜目・リス亜目・ヤマアラシ亜目の一部(グンディ科)にわたって分布する側系統と思われる。

ヤマアラシ亜目編集

ヤマアラシ下目の2つの小目をそれぞれ下目とすることもある。

ネズミ亜目編集

3つの下目をそれぞれ亜目とすることもある。

リス亜目編集

ネズミ目でないもの編集

形態などから、ネズミの名を持たされた別目の種がいくつかある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Sanchez-Villagra et al. (2003)
  2. ^ Bininda-Emonds OR, Cardillo M, Jones KE, MacPhee RD, Beck RM, et al. (2007) The delayed rise of present-day mammals. Nature 446: 507–512. doi: 10.1038/nature05634
  3. ^ ペスト:地域別罹患率・死亡率の検討-2004年~2009年 CDC Travelers' Health, Outbreak Notice(2010年2月18日)2017年3月4日
  4. ^ Blanga-Kanfi et al. (2009)
  5. ^ ITISWikispeciesなど

参考文献編集

  • Marcelo R. Sánchez-Villagra, Orangel Aguilera, Inés Horovitz (9 2003). “The Anatomy of the World's Largest Extinct Rodent”. Science 301 (5640): 1708-1710. doi:10.1126/science.1089332. 

関連項目編集

外部リンク編集