メインメニューを開く

ミゾラム州(Mizoram、मिज़ोरम)は、インドの東部にあるの一つ。その多くは丘陵地帯であり、ミゾ族英語版を多数とするチベットビルマ系の諸族が住んでいる。

ミゾラム州
Mizoram
मिज़ोरम
インド国内の位置
(インド国内の位置)
基礎情報
Flag of India.svg インド
行政区 ミゾラム州
州都 アイザウル(Aizawl)
面積 21,081 km²
人口 2001年
 - 合計 888,573 人
 - 人口密度 42 人/km2
時間帯 インド標準時(IST)UTC+5:30
公用語 ミゾ語英語ヒンディー語
創立 1987年2月20日
知事 ジャグディシュ・ムクヒ英語版(Jagdish Mukhi)[注釈 1]
首相 ゾラムタンガ(代行、Zoramthanga)
立法機関(議席数) 一院制(40)
略称ISO IN-MZ
州公式ウェブサイト http://mizoram.gov.in

目次

歴史編集

1877年に英領インド帝国が成立した段階では、まだミゾラムはインド帝国に併合されていなかった。

イギリスがビルマコンバウン朝アラウンパヤー朝)を倒した際、この地域にもイギリスが進出し、19世紀末、アッサム州の一部に組み込まれる。

第二次世界大戦後編集

1966年ミゾ国民戦線(MNF)によるミゾ独立運動が起こったが鎮圧され、組織は東パキスタン英語版(現バングラデシュ)のチッタゴン丘陵地帯に脱出した(en:March 1966 Mizo National Front uprising)。同地では後に、シャンティ・バヒーニー英語版(英語:Peace Force)によるチッタゴン丘陵地帯紛争英語版1977年 - 1997年)が発生した。

1987年、州の一つに昇格。

地理編集

地方行政区分編集

主要都市編集

住民編集

ミゾ族英語版が住民の多くを占め、言語も主にミゾ語が話される。ただし、ミゾラム州内のマー族もミゾ族として扱われるが、ミゾラム州外に住むマー族は決してミゾ族とは名乗らない。他のインドの州と異なり、イギリスによるキリスト教布教が成功したため、人口の9割を占めるミゾ族は100%がキリスト教徒である。南西部はチャクマ族のエリアで多くが仏教徒。インドの中でも識字率の高い州であり、9割近くの人々が文字を理解する。州都の表記はAizawl、多くの地図などで「アイザウル」の表記が見られるが、Aizawl自体はミゾ語表記であり、「アイゾール」と発音する。

人口動態編集

詳細は表中の数値を参照。

国勢調査 人口
1951年 196,000人 -
1961年 266,000人 35.7%
1971年 332,000人 24.8%
1981年 494,000人 48.8%
1991年 690,000人 39.7%
2001年 889,000人 28.8%

出典:Census of India[1]

注釈編集

  1. ^ アッサム州知事と兼任。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Census Population (PDF)”. Census of India. Ministry of Finance India. 2008年12月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集