チン州

ミャンマーの行政区画

チン州(チンしゅう; ビルマ語: ချင်းပြည်နယ်ALA-LC翻字法: Khyaṅʻ" praññʻ nayʻ、IPA: [t͡ɕʰím pjì nɛ̀] チン・ピーネー)はミャンマー西部にある州である。東はザガイン地方域マグウェ地方域、南はラカイン州、南西はバングラデシュ、西はインドミゾラム州、北はマニプール州に接している。人口は2014年の国勢調査で約478,801人である[1]。 州都はハカである。同州は山岳地帯であり、交通の便は良くない。チン州はミャンマー国内でも人口が少なく、最も開発が遅れている地域の1つとされている。

ချင်းပြည်နယ်
チン州
(MLCTS: hkyang: pranynai)
Flag of Chin State.svg
州都 ハッカ英語版
地域 西部
面積 36,018 km²
人口 538,000 (2005)
民族 チン族英語版ビルマ族
宗教 キリスト教仏教
Chin State in Myanmar.svg

歴史編集

1896年にMindatとKanpetletは英領ビルマのPakokku Hill Tracts Districtの管轄となり、後にチン丘陵地帯となった。Paletwaタウンシップのみが英領ビルマのArakan Hill Tracts Districtの一部となった。

1948年アラカン州から分離し、ファラム英語版を州都として Chin Hills Special Division となった。

1974年、州都をハカに移し、チン州が成立した。

地理編集

ミャンマーの西部に位置し、ザガイン地方域マグウェ地方域ラカイン州インドマニプル州ミゾラム州)、バングラデシュチッタゴン管区と接している。

チン州には9つの郡がある。ハカ郡、タンタラン、ファラム、ティディム、トンザン、マトゥピ、ミンダッ、カンペトレッ、パレッワである。

言語と民族編集

国営ラジオ放送はチン語の番組を放送しているが、その言語はファラム・チン語であり、ティディムやミンダッなどの他のチン州の都市で暮らすチン族にとっては理解が難しいのが現状である。

チン州には53の異なる部族と言語が存在する。

行政区画編集

脚注編集

  1. ^ Census Population Dashboard | MIMU”. themimu.info. 2022年9月8日閲覧。

関連項目編集