メインメニューを開く
コーガンの胸像

ミハエル・コーガンМайкл Коган1920年1月1日 - 1984年2月5日)は、ユダヤ系ウクライナ人の実業家タイトー創業者。

目次

経歴編集

極東のユダヤ人編集

1920年1月、ウクライナオデッサで生まれる。1932年、ロシア革命の混乱を避けるため満州ハルビンに移住。

1938年にハルビンで開催された「第2回極東ユダヤ人大会」では、シオニスト青年団の1人として参加し、ハルビン特務機関長・樋口季一郎、大連特務機関長・安江仙弘に出会う。

「極東のユダヤ人保護」に奮戦する安江大佐に感銘を受け、親日家となったコーガンは、翌1939年(19歳の時)に来日し、東京の「早稲田経済学院」で貿易実業を学んだ。5年間の日本滞在中、ロシア文学者の米川正夫の家に下宿し、ドストエフスキーの著作の翻訳を手伝った。

来日後の事業編集

1944年、コーガンは天津に渡り、貿易商を営み、1950年に再び来日。「太東洋行」という個人営業の輸入会社を始め、世田谷の仮住まいで雑貨の輸入業を営んだ。「太東」とは、極「東」と猶「太」人、すなわち「極東のユダヤ人」の意であり、みずからの民族的出自を示している。1953年に一度仕切りなおして株式会社太東貿易を創業、これが後のタイトーとなる。なお太東貿易以後の企業概要についてはタイトーを参照。

1954年、シベリアに抑留され病死した安江の葬儀の開催に尽力する。4月26日、青山斎場で行なわれた安江大佐の慰霊祭は、平凡社下中弥三郎社長を委員長として執行された。駐日イスラエル公使、在日ユダヤ人協会長、陸士21期生代表など多数が参列した。

1984年、出張中にアメリカ合衆国ロサンゼルスで心臓発作により死去。64歳だった。

タイトーが経営するゲームセンターで使われるメダルゲーム用の「メダル」には、コーガンの肖像が描かれているものが長く使われていた(近年は「インベーダー柄」のものが使われていることが多い)。

息子のアバはモナコに住んでいる。娘のリタは南カリフォルニアに住んでおり、リチャード・エドランドと結婚した。彼女はタイトーが2006年にスクウェア・エニックスの完全子会社になるまで、同社の株式を8.5%所有していた[1]。なお、コーガンの妻が2013年に死去した後、海外財産分の相続税110億円を滞納していることが発覚する[2]

関連項目編集

参考文献編集

  • タイトー社史編集委員会 『遊びづくり四十年のあゆみ』(株)タイトー、1993年
  • 中日新聞社社会部編 『自由への逃走』東京新聞出版局、1995年 ISBN 4-8083-0526-7
  • 武田徹 『偽満州国』河出書房新社、1995年 ISBN 4-309222-84-6
  • 赤木真澄『それは「ポン」から始まった』アミューズメント通信社、ISBN 4-9902512-0-2 C3076

脚注編集