メインメニューを開く

特徴編集

遺伝子工学によって、ミュウの遺伝子をベースに様々なポケモンのデータを加えた結果造り出された、人工のポケモン。電子工学を駆使して作られたポリゴンとは異なり、正真正銘の生体である。身体を構成する遺伝子はミュウのものとほとんど同じだが、ミュウよりも遥かに大型で、手足や尻尾もより長く強靭となった人型に近い外見をしている。また首の後ろには頭部と体をつなぐ管が存在するが、何の器官なのかは不明。

遺伝子操作によって極限まで戦闘能力を高められた結果、目の前の敵を倒すことしか考えられない、闘いのためだけに存在する生命体と化している。闘いで力を最大限に出せるよう、普段は洞窟深くで少しも動かず眠りにつき、エネルギーを貯めている。その性格はポケモンで最も凶暴であり、優しい心は存在しないと言われている。

グレンタウンのポケモン研究所の研究員に捕獲された幻のポケモン「ミュウ」から生み出されたポケモンであり、遺伝子操作を行ったミュウが産んだとされる。グレン島のポケモン屋敷のあちこちに4冊の研究日記があり、『ミュウが子供を産み、産まれた子供をミュウツーと呼ぶことになった』『ミュウツーは強すぎる。我々の手には負えない』という趣旨の文が残されている。なお、これによるとゲーム本編におけるミュウツーの誕生日は2月6日とされる。

ゲームでのミュウツー編集

RPG本編でのミュウツー編集

赤・緑』では最強のポケモンといわれており、当時のポケモン評論家筋からは「1匹だけでもバランスブレイカーなのに、これ6匹で固めたパーティなど論外」という趣旨の論評を書かれていた[1]。後の作品においても「強さ」の象徴として扱われ、外伝作品ではラストボスに位置付けられていることも多い。同作およびリメイク版『ファイアレッド・リーフグリーン』では、「ハナダのどうくつ」の最深部に1匹のみ生息している。初期レベルは70とかなり高い。

金・銀・クリスタル』では野生では登場しないが、その名残か、かつての「ハナダのどうくつ」付近の水中には「はかいのいでんし」という道具が落ちている。リメイク版『ハートゴールド・ソウルシルバー』では、オリジナル版にあった「はかいのいでんし」が消失したが、「ハナダのどうくつ」には入れるようになり、ミュウツーも登場した。レベルは『赤・緑』系統と同じく70となっている。なお、同作の連れ歩きシステムではミュウツーも普通のポケモンと同じような反応をするため、図鑑テキストにそぐわない可愛らしい一面を見せることもある。

X・Y』では「メガミュウツーX[2]」、「メガミュウツーY[3]」へとメガシンカを遂げる。殿堂入り後、ポケモンの村の奥にある「ななしの洞窟」でひっそりと佇んでいる。レベルは70。捕獲すると『X』なら「ミュウツナイトX」、『Y』なら「ミュウツナイトY」が入手できる。ウルップによると強すぎる力ゆえに周囲に馴染めずポケモンの村に来たとのこと。ミュウツーとの戦闘には初代『赤・緑』の戦闘BGMのアレンジが使われており、洞窟の名前も「ななしの洞窟(『赤・緑』当時ハナダの洞窟とは仮名で、この洞窟に正式な名前は付いていなかった)」であったりと随所に『赤・緑』当時のオマージュが使われている。『ウルトラサン・ウルトラムーン』では「にちりんのさいだん」(「がちりんのさいだん」)からウルトラワープライドで行ける「ウルトラスペースゼロ 平地の世界」に出現。

メガミュウツーX
タイプ:エスパー/かくとう、高さ:2.3m、重さ:127.0kg、特性:ふくつのこころ
大型・重量かつよりがっしりとした姿になり、腕や足がミュウツーに比べ太くなった。一方で尻尾はミュウツーの時に比べ小さくなった。瞳の色も紫から青に変わる。これまでのミュウツーにはない肉弾戦の強さを感じさせる形態となった。攻撃がさらに伸びを見せるようになった。これまでトップを誇ったブラックキュレムの攻撃をさらに超え、『X・Y』現在全ポケモン中最も高い数値になる。もともとある特攻もあるため二刀流で攻撃ができるステータスとなっている。なお、映画には未登場。
メガミュウツーY
タイプ:エスパー、高さ:1.5m、重さ:33.0kg、特性:ふみん
Xとは対照的に小型・軽量かつシャープな姿へと変貌し、太い尻尾が無くなり、後頭部よりそれとほぼ同様の形状をした触手状器官が発生、これにより強力なサイコパワーを操る。首にあった管がなくなって頭頂部にアーチ状の管が生じている。また、瞳の色が紫から赤に、指先が紫色に変化している。この形態では「とくこう」が更に上昇する。これまでトップを誇ったホワイトキュレムのとくこうをさらに超え、『X・Y』現在全ポケモン中最も高い数値になる。最初に発表されたのはこちらの方の形態である。

大乱闘スマッシュブラザーズでのミュウツー編集

シリーズ第1作目『大乱闘スマッシュブラザーズ』では一切登場していないが、開発段階ではプレイヤーキャラクターの候補として挙がっていた[4]

大乱闘スマッシュブラザーズDX』では隠しプレイヤーキャラクターとして初登場[5]。声は劇場版などと同じく市村正親が担当しており、劇場版を意識した台詞を喋る。

大乱闘スマッシュブラザーズX』では、不参加ながら観賞用フィギュアの一つとして登場。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』ではダウンロードコンテンツによる追加キャラクターとして参戦することが2014年10月24日に発表され[6]、2015年4月15日に両機種購入者特典としての無料配信、4月28日からは有料配信[7]がなされている。「最後の切りふだ」は、メガミュウツーYにメガシンカした後に前方に「サイコブレイク」を放つ。声は藤原啓治が担当。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にも参戦[8]

エスパーを意識したキャラ設定がなされ、常時「ねんりき」によって浮いていて、よく滑る(アイテムは直接持たずに浮かして所持)。ふんわりとしたモーションで、トリッキーな動きがしやすく、復帰力も高い。が、プリンにも相当する軽さが欠点で、ヘタに動くと場外へ簡単に吹っ飛ばされてしまう。一方で地上での攻撃力は高いものが多く、特に「シャドーボール」は各キャラクターの飛び道具中でも絶大な威力を誇る(同時に牽制にも利用できる)。投げ技の威力が高いのも特徴で、上投げ・後ろ投げで相手を場外へ吹っ飛ばすことも可能。相手を吹き飛ばすまでは時間がかかるが、一度吹き飛ばしてしまえば戦況を有利に持ってゆけるキャラクターである。

ポッ拳でのミュウツー編集

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』ではミュウツーに「黒共鳴石」が侵食した「ダークミュウツー」と、「黒共鳴石」が外れたミュウツーの2体がバトルポケモンとして参戦している[9]。ダークミュウツーは自身のHPを豪快に削りながら相手を攻めるキャラで、共鳴バーストでメガダークミュウツーXに進化する。その共鳴バーストの為に必要な共鳴ゲージ量が最も少ないクラスである事も強み。

反面、「ミュウツー」の方はポケモンわざを使うたびに自身の共鳴ゲージを消費する上に、全キャラクターで最も共鳴バーストの為にゲージが必要でダークミュウツーの4倍の量を必要とする。そういったハンデを持つものの、基本性能の高さで闘う強力なポケモンである。

ポケモンスタジアムでのミュウツー編集

初代『ポケモンスタジアム』でのミュウツーはプレイヤーが使えないポケモンだったが、3Dデータは収録されており、図鑑などで閲覧できた。

ポケモンスタジアム2』ではセンターを大きく飾るパッケージポケモンとなった。作中では「ミュウツーを倒せ」という最終ステージがあり、ゲームのラスボスにあたる存在であった。同作のCMにおいては、女性が「やっぱりミュウツーよね」と発言し周囲の子供が唖然とする演出が存在し、攻略本においてはその台詞がキャッチコピーのごとく頻繁に使われた。

ポケモンスタジアム金銀』でも同じように、事実上の最終ボスの一角を担った。同作でのラストバトルにあたる「ライバルをたおせ」では、同作のパッケージを飾るルギア・ホウオウと共に、ミュウツーを含めた3体が相手の手持ちとなっている。

その他のゲームでのミュウツー編集

スマートフォン用アプリ「Pokémon GO」では2017年8月14日に横浜スタジアムにて開催された「ポケモンGOスタジアム」の先行実装を経て、「EXレイド」で解禁された[10]。その後2018年9月からは伝説レイドで一般登場[11]

アニメでのミュウツー編集

ゲーム中では凶暴で闘い以外の行動原理は存在しないと設定されているが、アニメ版では知的で哲学的な面をも併せ持つ性格となっている。

アニメ映画でのミュウツー編集

劇場版ポケットモンスターは長編だけでも2019年までに22作が公開されたが、そのうちリメイクを含めて3作がタイトルに「ミュウツー」の名を冠している。劇場版のタイトルに新ポケモンの名前が使われるケースは珍しくないが、時期の異なる複数の映画において同じポケモンが繰り返しタイトルの一部になるケースは稀で、この時点でミュウツーの他には短編映画におけるピカチュウくらいしか例が無い。[要出典]

『ミュウツーの逆襲』関連編集

1998年公開の劇場版『ミュウツーの逆襲』およびその関連エピソードに登場するミュウツーは、凶暴さを見せつつも哲学的な一面を併せ持ち、知的で高度な悩みを抱え自問自答し続ける、どこか哀愁があり虚無的なポケモンとして描かれている。声優は『ミュウツーの逆襲』関連作品では特別出演の市村正親、それらにおける幼少期は『ミュウツーの逆襲 完全版』では森久保祥太郎、ラジオドラマ版『ミュウツーの誕生』では瀧本富士子が演じている。

市村が抜擢されたのは総監督である湯山邦彦の熱心な推薦によるものである。市村は「ミュウツーの性格はオペラ座の怪人そのまま」と分析して演じたと語っており[12]、実際にも脚本を担当した首藤剛志は生前のコラムにて、湯山が市村を推薦した理由を「劇団四季時代の市村の持ち役である『オペラ座の怪人』の主人公(怪人)は、才能がありながらも暗く屈折した人物像である点でミュウツーと同質の存在と捉えたため、彼が適任と考えたのだろう」と推測していた[13]。市村はミュウツーの役を気に入り、後にミュウツーの大きな刺繍を施したシャツを自作して着用し[12]、後に『大乱闘スマッシュブラザーズDX』でミュウツーのアフレコを行った際も相当な熱演であったことが現場スタッフから語られている[14]

久保雅一によると、「何だかこわいイメージがある」ため、「日本版ではあえて、「クローン」という言葉を避けて」いるという[15]

テレビアニメ本編では劇場版への伏線としてミュウツーが登場するシーンが断片的に描かれたが、ポケモンショックにより放送時期が遅れたために、該当するエピソードが放映されたのは劇場公開よりも後になってしまった[16]

『ミュウツーの逆襲』は後年にCGアニメ映画としてリメイクされ、2019年7月22日に『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』が公開された。下記『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』に続き、ミュウツーの名をタイトルに冠するポケモン映画となった。

『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』編集

神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』では別個体のミュウツーが登場。「覚醒」と称してメガミュウツーYへのメガシンカを行い[17]、ゲノセクト集団の制止・説得に動く。声は特別出演の高島礼子が担当。

実写映画でのミュウツー編集

名探偵ピカチュウ』で主要キャラクターとして登場。作中に「20年前にカントー地方から逃走した」という表現があり、『ミュウツーの逆襲』に登場するものと同一個体である可能性を意識している[18]

その他編集

読売新聞の連載ポケモン四字熟語では、『闘志満々・とうしまんまん』[19]が、ミュウツーを紹介するキャッチフレーズとして用いられた。

出典編集

  1. ^ 『ポケットモンスターを極める本』キルタイムコミュニケーション 24-25頁 1997年7月、ISBN 9784944000609
  2. ^ メガミュウツーX - ポケットモンスターオフィシャルサイト、2013年10月6日閲覧。
  3. ^ メガミュウツーY - ポケットモンスターオフィシャルサイト、2013年10月6日閲覧。
  4. ^ スマブラ拳!! アンケート集計拳!! 『スマブラ2があるとしたら出てほしいキャラ』
  5. ^ 「『スマブラ』に参戦決定して1番嬉しかったファイターは?」結果発表―ファンに衝撃を与えた他社作品キャラたちが上位入り!【アンケート】”. iNSIDE (2019年2月6日). 2019年6月28日閲覧。
  6. ^ 『スマブラ for 3DS/Wii U』にミュウツー参戦決定!DLCとして無料配布”. iNSIDE (2014年10月24日). 2019年6月28日閲覧。
  7. ^ 「スマブラ for 3DS/Wii U」、「ミュウツー」の配信を本日開始”. GAME watch (2015年4月15日). 2019年6月28日閲覧。
  8. ^ ファイター”. 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL. 任天堂. 2019年6月28日閲覧。
  9. ^ Wii U版『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』ミュウツー&ダークミュウツーのポケモンわざほか新要素を一挙ご紹介!”. ファミ通.com (2016年2月15日). 2019年6月28日閲覧。
  10. ^ 速報:ポケモンGO、ミュウツーは特別な『EXレイド』で解禁。招待状をゲットして挑戦する新システム”. engadget (2017年8月14日). 2019年6月28日閲覧。
  11. ^ 「Pokemon GO」伝説レイドにミュウツー登場 9月21日から”. くらテク. ITmedia (2018年9月11日). 2019年6月28日閲覧。
  12. ^ a b WEBアニメスタイル COLUMN シナリオえーばだ創作術 だれでもできる脚本家 首藤剛志 第169回 『ポケモン』ここはどこ? 私は誰?
  13. ^ WEBアニメスタイル COLUMN シナリオえーばだ創作術 だれでもできる脚本家 首藤剛志 第168回 『ミュウツーの逆襲』市村正親氏
  14. ^ 速報スマブラ拳!! 音楽スタッフ座談会 声優さんのアフレコ
  15. ^ 久保雅一「「ポケモン」はなぜ米国で成功したか」『論座』2000年2月号、朝日新聞社、 78-86頁。
  16. ^ 首藤剛志 (2009年4月30日). “「シナリオえーだば創作術」 第167回 ポケモン事件前までの『ミュウツーの逆襲』”. WEBアニメスタイル. 2019年6月28日閲覧。
  17. ^ ミュウツーが“メガシンカ” ポケモン最新ゲームと映画が連携、「覚醒したミュウツー」秘密明らかに”. アニメ!アニメ! (2013年8月12日). 2019年7月1日閲覧。
  18. ^ 『ポケモン』実写映画、800匹から選抜の苦悩 20~30代意識で『ミュウツーの逆襲』リスペクト”. ORICON NEWS (2019年5月11日). 2019年7月1日閲覧。
  19. ^ [1][リンク切れ] - 2013年04月20日の読売新聞・朝刊