ミリアム・フリード

ミリアム・フリード(Miriam Fried, 1946年9月9日[1][2] - )は、ルーマニア出身のヴァイオリン奏者[3]

サトゥ・マーレ出身[4]。2歳の時に家族でイスラエルのヘルツリーヤに移住[5]し、ピアノ教師だった母親からピアノの手ほどきを受けたが、8歳の時にヴァイオリンに興味を持ち、テル・アヴィヴでアリス・フニヴにヴァイオリンを学んだ。ルービン音楽院を1964年に卒業後、アイザック・スターンに招待されてアメリカに渡り、ジュリアード音楽院でイヴァン・ガラミアンインディアナ大学ジョーゼフ・ギンゴールドの各氏の薫陶を受けた。1968年にはパガニーニ国際コンクール、1971年のエリザベート王妃国際音楽コンクールのそれぞれで優勝を果たした。1986年からインディアナ大学で教鞭をとったが、2003年からニューイングランド音楽院にも出講し、2006年から同音楽院の教授に転出した。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ アーカイブ 2019年5月27日 - ウェイバックマシン
  2. ^ アーカイブ 2008年5月12日 - ウェイバックマシン
  3. ^ ミリアム・フリード - Discogs
  4. ^ DATABASE OF NOTABLE WOMEN”. 2019年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月28日閲覧。
  5. ^ Music History For Violin Students September 9 Miriam Fried”. 2013年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月5日閲覧。