メインメニューを開く

メイダン競馬場(メイダンけいばじょうMeydan Racecourseアラビア語: مضمار ميدان‎)はアラブ首長国連邦(UAE)・ドバイにある競馬場である。2010年1月28日開場。

メイダン競馬場

メイダン競馬場で行われているレースの様子

施設情報
所在地 アラブ首長国連邦の旗ドバイ・メイダンシティ
座標 北緯25度09分22秒 東経55度18分24秒 / 北緯25.15611度 東経55.30667度 / 25.15611; 55.30667座標: 北緯25度09分22秒 東経55度18分24秒 / 北緯25.15611度 東経55.30667度 / 25.15611; 55.30667
開場 2010年1月28日
所有者 ドバイレーシングクラブ
コース
周回 左回り
馬場 芝・ダート
テンプレートを表示

2009年まで使用されていたナド・アルシバ競馬場の隣接地に立地。競馬場以外にホテル・ショッピングモール・映画館などを含む複合商業施設「Meydan City」の中核施設となる。

2010年よりドバイワールドカップを始めとするドバイミーティングのレースは全て同競馬場で行われる。

目次

施設概要編集

 
場内ビジョン

2009年まで使用されていたナド・アルシバ競馬場とは異なり、外がコースで一周2,400m。内は一周1,750mで当初ダートコースとなる予定だったが[1]、最終的にはオールウェザー馬場の一種である「タペタ」を導入した[2]

グランドスタンドは約6万人収容で、中にはホテルが併設される。また船着場も併設され、船で直接競馬場に訪れることが可能となる。駐車場はUAEの国鳥であるファルコン(ハヤブサ)を模した作りとなっており、約10,000台を収容する。

場内ビジョンは三菱電機オーロラビジョンで高さ10.88m、幅107.52m、面積が約1,169.8m2とスポーツ施設の単独1面のものでは世界最大・最長の映像装置である(複数ビジョンの合計では2013年に5面設置となった福岡 ヤフオク!ドームがこれを上回る)。

しかし、維持費や管理上の問題でオールウェザーコースが数年以内にダートコースへの転向プランが浮上[3]。2014年5月、メイダングループよりダートコースへ転向されることが発表された[4]

主な競走編集

脚注編集

外部リンク編集