メインメニューを開く

メイリオ(Meiryo)は、和文のゴシック体フォントの一つである。

メイリオ
Meiryo font.svg
書体 サンセリフ
開発者 シーアンドジイ、河野英一、マシュー・カーター
発表メーカー マイクロソフト
Meiryo View.png
サンプル

目次

解説編集

Windows Vista 日本語版のシステム用フォントとして開発された。 Vista 以降のマイクロソフトOS に標準で搭載され、 Windows XPWindows Server 2003 までの Microsoft Windows で利用された MS UI Gothic に代わる、日本語版の新しいシステム用フォントとして提供されている。

TrueType アウトラインOpenType フォントで、ビットマップを持たずレンダリングの際に ClearType の使用を前提とするフォントである。欧文部はプロポーショナルフォント、和文部は等幅フォントで、全体としてプロポーショナルフォントになっている。

サンセリフゴシック体)系の書体で、直線部分と曲線部分がはっきりした若干膨らんだ印象の字形は横組みの可読性を重視した。和文は縦横比 95:100 と若干横長である。デザインは欧文部のラテン文字マシュー・カーターが担当し、和文部の漢字と仮名河野英一とシーアンドジイ (C&G) が担当した[1]。欧文部はカーターがデザインした Verdana を基に再構築され、和文部は Verdana を基調にデザインされた[2]。和文はベースラインを少し高くするなど工夫して、和文と欧文が混在する文章で可読性を高めている。

JIS X 0213:2004(以下「JIS2004」)の文字に対応しており、戸籍法施行規則に基づく全ての人名用漢字が支障なく使用できる。JIS2004 の文字に対応するその他のフォントは、MS系統のMS ゴシック、MS Pゴシック、MS UI GothicMS 明朝、MS P明朝があり、これらは Windows XP などへも提供され[3]、JIS2004 の文字に対応していなかった Windows でも JIS2004 の文字との互換性を持たせることができる。Windows 7に搭載されたバージョンからJIS X 0212の文字にも対応した。

いくつかのOpenTypeのレイアウト機能に対応しており、対応アプリケーションではJIS78、JIS83、JIS90字形への切替[4]や、ひらがなやカタカナなどを半角等幅の字体へ切替[5]られる。Windows 8 搭載のバージョンは JIS2004 で例示字形が変更される以前のJIS90字形の約120文字が、IVS(異体字セレクタ)で利用できる。

Windows 7 は後述する Meiryo UI が限定的に採用され、Windows 8 はメイリオに代わって Meiryo UI が全面採用された。Windows 10 はシステムフォントとして Yu Gothic UI が新たに採用され、メイリオおよび Meiryo UI はシステムフォントではなくなった。

フォント名編集

「メイリオ(Meiryo)」の語源は日本語の「明瞭」に基づき、画面上で見ても印刷しても極めて明瞭で読みやすいところから名付けられた。メイリョウでなく「メイリオ」であるのはアジア情緒な響きと「メイリョウ」より1文字少なくて済むためである[1]。フォントとしてはプロポーショナルフォントに属するが、フォント名に一部の TrueType フォントで採用されている等幅フォントではないことを示す「P」や「S」の文字が含まれていない。

フォントファミリーの仕様編集

標準のレギュラー、太字のボールド、斜体のイタリック、太字斜体のボールドイタリックと4種類のウェイトによるフォントファミリーで構成されている。ボールドはレギュラーを単純に太くせずに若干異なる造型である。和文は斜体表記を行う文化的背景がないとの意見から、イタリックはラテン文字部のみ提供されることになった。#注意点に後述した。

ClearType編集

メイリオは上述のように全てのサイズのフォント描画に ClearType を使用し、ビットマップを有していない[6]が、 Windows の日本語フォントとしては初めての試みである。MS ゴシックなどの従来から提供されているフォントは、画面上での可読性を確保するために 17pt 未満の小さいサイズは内蔵のビットマップフォントが表示される[7]。メイリオでは小さなサイズもアウトラインで綺麗な表示を実現するために、膨大なヒンティングデータが盛り込まれている。このヒンティングにより、水平方向の線分が縦に並んでいる漢字も線分が間引かれて表示されるため、潰れることなく表示できる。

Meiryo UI編集

 
Meiryo と Meiryo UI を比較

Windows Vista の後継 Windows 7 は新たに、リボン UIに最適化して開発されたフォント[8]Meiryo UI を採用した

メイリオと比較して行間が狭く、ひらがなとカタカナの文字幅が MS UI Gothic に近似で、これまでの MS UI Gothic に近い形でグラフィカルユーザインターフェースのデザインが可能となるが、アルファベットの文字幅はメイリオに等しく行間は MS UI Gothic に比して非常に広いため、 MS UI Gothic と完全な互換性、すなわち単純にフォントを置換するだけでの置換可能性はない。濁点句読点を再構成して ClearType を再調整しておりメイリオの文字幅を狭くしたものではないが、 MS UI Gothic 特有の非等幅性に起因する「不揃い」は残存する。

Windows 7 のユーザーインターフェイスの大部分は、 Vista に引き続きメイリオが用いられて全体として Meiryo UI は一部分であり、コントロールパネル項目の一部、ペイントワードパッドなど同梱アプリケーションの一部などの Vista で MS UI Gothic を用いた要素は Meiryo UI で、ダイアログボックスなどは MS UI Gothic が残る。

2009年11月17日にマイクロソフトが Windows Vista/Server 2008 向けに Meiryo UI を含んだメイリオ フォント コレクションのアップデートを公開[8]し、全ての Windows Vista ユーザーにインストールを推奨している。

Windows 8 日本語版のユーザインタフェースは全面的に Meiryo UI が採用された。

注意点編集

メイリオは従来のWindowsの日本語フォントである MS Pゴシックなどとは種々の相違点がある。

  • 全角文字はすべて固定幅で、行間も従来フォントに比べて広い。ウェブサイトなどで MS Pゴシックを想定したレイアウトでメイリオを使用すると、意図したデザインを満たさない場合がある。CSSborder-bottom を用いて下線を引くと、従来のフォントよりも低い位置に線が寄り不自然になる。background-color を指定した場合も同様の問題が起こりうる。
  • イタリック体フォントは、欧文部が斜体、日本語部が正体のデザインで、フォント切り替えでイタリック表示を行うソフトウェアは日本語部を斜体表示することが出来ない。
  • ClearType固有の問題点に変化はなく、9ptなど小サイズで「電」や「載」などが不自然、 Vista スタートメニューで「検索」の「索」が「検」より大きい、「名」が縦長など、漢字の高さが揃わないが、Windows 7 で採用した新バージョン[9]は改善が図られ、デザインした河野英一が改良について[10]語った。
  • ClearType 表示が前提で設計されており無効の場合は表示品質が低下する。
  • 等幅やプロポーショナルは個別に提供されないが、欧文などの等幅グリフと仮名のプロポーショナルグリフが内蔵され、グリフIDの指定や OpenType レイアウト機能に対応する環境で等幅やプロポーショナルが表現可能である。

旧版Windowsや他のOSでの使用編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2年がかりの新日本語フォント「メイリオ」”. ITmedia NEWS (2006年5月16日). 2017年10月23日閲覧。
  2. ^ 雑誌「+DESIGNING」2006年夏号の記事より
  3. ^ Windows XP および Windows Server 2003 向けJIS2004 対応 MS ゴシック & MS 明朝フォントパッケージについて”. マイクロソフト. 2010年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月23日閲覧。
  4. ^ jp78, jp83, jp90タグ
  5. ^ hwidタグ
  6. ^ メイリオ|フォント用語集”. モリサワ. 2017年10月23日閲覧。
  7. ^ 創刊号 MS明朝、MSゴシックが画面で読みやすいのはなぜ?”. リコー (2004年9月16日). 2017年10月23日閲覧。
  8. ^ a b MS、「Meiryo UI」フォントを追加するパッチをWindows Vista/2008向けに無償公開”. 窓の杜 (2009年11月17日). 2017年10月23日閲覧。
  9. ^ Windows Vista は前記アップデートバージョン
  10. ^ 実はメイリオまだ進化中! 誕生秘話を河野氏に聞いた”. @IT (2010年1月7日). 2017年10月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集