メッツ-ウィレッツ・ポイント駅 (ロングアイランド鉄道)

メッツ-ウィレッツ・ポイント駅(Mets - Willets Point)はロングアイランド鉄道ポート・ワシントン支線の季節駅で、ニューヨーク市クイーンズ区フラッシング・メドウズ・コロナ・パークのルーズベルト・アベニュー寄りにある。以前はシェイ・スタジアム駅(Shea Stadium)という名前だった。

メッツ-ウィレッツ・ポイント駅
Mets – Willets Point
Shea Stadium (LIRR).jpg
所在地 Perimeter Road in Flushing Meadows Park
Flushing, New York
座標 北緯40度45分09秒 西経73度50分37秒 / 北緯40.752516度 西経73.843725度 / 40.752516; -73.843725座標: 北緯40度45分09秒 西経73度50分37秒 / 北緯40.752516度 西経73.843725度 / 40.752516; -73.843725
所有者 ロングアイランド鉄道
路線
ホーム数 島式ホーム 3面
線路数 6線
接続 ニューヨーク市地下鉄:
NYCS-bull-trans-7.svg NYCS-bull-trans-7d.svg 系統の列車(メッツ-ウィレッツ・ポイント駅
Local Transit ニューヨーク市バス: Q48
歴史
開業 1939年
改築 1964年
電化 直流 750 V 第三軌条方式
過去名 ワールズ・フェア駅 (1939–1946)
ユナイテッド・ネーションズ駅 (1946–1952)
ワールズ・フェア駅 (1961–1966)
シェイ・スタジアム駅 (1966–2008)[1]
サービス
前の駅   MTA NYC logo.svg ロングアイランド鉄道   次の駅
ポート・ワシントン支線
(メッツ戦とUSTA大会開催時のみ)
テンプレートを表示

この駅はシティ・フィールド(2009年以前はシェイ・スタジアム)でのニューヨーク・メッツのホームゲーム開催時とUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターでの全米オープンテニス大会開催時、そして緊急時のみ営業する。当初はシティチケットの対象外だったが、2011年8月に対象駅に含められた[2]。なお、営業時には乗車前に運賃を徴収される。

ラガーディア空港へのアクセス路線として建設が検討されているエアトレイン・ラガーディア英語版では、当駅に接続することが提案されている[3]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ LIRR Station History”. trainsarefun.com. 2011年1月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年6月24日閲覧。
  2. ^ MTA LIRR'S Discounted Weekend 'CityTicket' Now Good for Travel to Mets-Willets Point Station” (2011年8月4日). 2012年6月12日閲覧。
  3. ^ Maps of proposed Airtrain LGA route at ny.gov

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、メッツ-ウィレッツ・ポイント駅 (ロングアイランド鉄道)に関するカテゴリがあります。