メトロエンジン株式会社: Metro Engines Inc.)は、東京都港区に本社を置く日本の企業。人工知能機械学習の技術を利用したダイナミックプライシング事業と宿泊事業者向けに特化したWebサービスの提供を行なっている。

メトロエンジン株式会社
Metro Engines Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
105-0014
東京都港区3丁目12番地1号いちご芝公園ビル6F
設立 2016年10月31日
業種 情報・通信業
法人番号 0104-01-127963
事業内容 宿泊事業者向けWebサービスの提供
代表者
資本金 5億101万円
従業員数 80名
決算期 毎年9月30日
会計監査人 太陽有限責任監査法人
主要株主
外部リンク https://info.metroengines.jp/
テンプレートを表示

主なサービス編集

  • メトロエンジン(レベニューマネジメントツール)
  • メトロブッキング(メタサーチ特化型自社予約エンジン)
  • ME Car Rentals(レンタカー企業特化型ダイナミックプライシングサービス)
  • マンスリーエンジン(マンスリーマンション管理ツール)
  • 民泊ダッシュボード(民泊事業者向け管理ツール)
  • HotelBank(ホテル特化型メディア)

沿革編集

  • 2016年10月 ジェイピーモバイル株式会社より民泊の関連事業を分離される。民泊事業者向け各種サービス提供会社として発足。
  • 2016年12月 BEENOS株式会社及び事業会社を引受先とする資金調達を行う。
  • 2017年1月 国内初となる総合チャットプラットフォーム「メトロチャット」をリリース。
  • 2017年2月 民泊の客室単価を自動設定できる「メトロプライシング for 民泊」をリリース。
  • 2017年2月 民泊データやホテルの分析が容易にできる「メトロデータ」をリリース。
  • 2017年3月 SLUSH TOKYO 2017にてIBM社ブース内に共同出展。
  • 2017年4月 人工知能・機械学習を活用した客室単価設定ツール「メトロエンジン」をリリース。
  • 2017年5月 日本IBM社主催のIBM BLUEHUBにて「最優秀賞」「Tech Crunch賞」を受賞。
  • 2017年5月 バケーションレンタルEXPOを主催。
  • 2017年11月 ホテルデータに特化したWebメディア「HotelBank」の運営開始。
  • 2017年11月「民泊ダッシュボード」を全面リニューアル。
  • 2018年1月 本社オフィスを移転。
  • 2018年3月 株式会社KEY STATIONと本人確認及び鍵の受け渡しを同時に行う「メトロチェックインシステム」を共同開発。
  • 2018年3月 荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」と「民泊ダッシュボード」業務提携開始。
  • 2018年5月 バケーションレンタルEXPO2018を主催。
  • 2018年6月 Airbnb Partnersに参画しシステム開発の提供を開始。
  • 2018年8月 クラウド型マンスリーマンション管理ツール「マンスリーエンジン」をリリース。
  • 2018年8月 総額7億円の資金調達を実施。
  • 2018年11月 JR東日本スタートアップ株式会社によるJR EAST STARTUP PROGRAM 2018にて「アクセラレーションコース最優秀賞」を受賞
  • 2019年2月 みずほ銀行が主催する「Mizuho Innovation Award 2018・4Q」にて最優秀賞を受賞。
  • 2019年5月 7社から総額3億円の資金調達を実施。

外部リンク編集