モッタマ(Mottama; ビルマ語: မုတ္တမ(မြို့)ALA-LC翻字法: Muttama (mrui')、IPA: [moʷʔtəma̰ (mjo̰)] モウッタマ(・ミョウ))は、ミャンマーの都市。モン州に属する。かつてはマルタバン(Martaban)と称された。

モッタマ
မုတ္တမမြို့
Kyaik-Pallan-Puu-Martaban.jpg
位置
モッタマの位置(ミャンマー内)
モッタマ
モッタマ
モッタマ (ミャンマー)
モッタマの位置(東南アジア内)
モッタマ
モッタマ
モッタマ (東南アジア)
座標 : 北緯16度32分 東経97度36分 / 北緯16.533度 東経97.600度 / 16.533; 97.600
行政
ミャンマーの旗 ミャンマー
  モン州の旗 モン州
 市 モッタマ
その他
等時帯 ミャンマー標準時 (UTC+6:30)

アンダマン海のモッタマ湾(マルタバン湾)に近い。タンルウィン川(サルウィン川)沿岸にあり、対岸のモーラミャインはモン州最大の都市。かつては両都市間をフェリーで移動したが、2006年には川を横断するタンルウィン橋が開通した。交通の要所でありヤンゴンへと鉄道・道路が通じている。

伝説上は、ペグー王朝初代の王によって街が開かれたとされる。1541年タウングー王朝タビンシュエーティーによって征服された。大航海時代の到来にともない、ポルトガル船などが往来した。19世紀のイギリス・ビルマ戦争では、イギリス軍の占領を受けた。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集