モノグラム

2つ以上の文字を組み合わせた記号

モノグラム英語: monogram)とは、2つ以上の文字やその他の記号を重ね合わせたり、組み合わせたりして、1つの記号を形成した文様のことである。日本語で「組合せ文字」ともいう[1]:575 [2]。単に文字を並べただけのものとは区別される。モノグラムは、個人名や企業名の頭文字を組み合わせて作られることが多く、認知度の高いシンボルやロゴタイプとして使用されている。

オランダ東インド会社のロゴ。オランダ語による社名"Verenigde Oost-Indische Compagnie"の略称の"VOC"のモノグラムになっている。かつて、同社が建設したキャッスル・オブ・グッドホープの入り口に掲げられていたもの。

なお、頭文字を元にしていないものは、正式には「サイファー」(cypher)としてモノグラムと区別する(例: ロイヤル・サイファー英語版[3]

歴史編集

 
アルブレヒト・デューラーの"AD"を組み合わせたモノグラム

モノグラムの最も古い使用例は、紀元前350年頃の硬貨である。最も古い例では、硬貨を発行したギリシャの都市名を表したもので、都市名の最初の2文字が多い。例えば、アカイアのモノグラムはΑ(アルファ)とΧ(カイ)の文字を組み合わせたものだった[4]

特にギルドが不正な取引を禁止していた時代に、芸術家や工芸家が絵画や彫刻、家具などにモノグラムを署名として使用していた。有名な例では、アルブレヒト・デューラーの"AD"がある。

クリストグラム編集

 
カイ・ロー英語版のモノグラム

何世紀にもわたって、イエス・キリストの名前から作られたモノグラムが、キリスト教のシンボルとして使われてきた。これを「クリストグラム英語版」という。"IX"のクリストグラムは、「イエス・キリスト」という名前をギリシャ語で書いたΙησούς Χριστοςの頭文字から取られたものである。"IHS"のクリストグラムは、ギリシャ語のイエスの名前の最初の3文字を表している。

最も重要なクリストグラムは、"Χριστος"の最初の2文字を組み合わせたカイ・ロー英語版である。このシンボルは、ローマ皇帝コンスタンティヌス1世(在位306-337)がローマ帝国正規軍の紋章(ラバルム)としても使用した。

王室のモノグラム編集

 
カール大帝のモノグラム

シグナム・マヌス英語版(Signum manus)またはクリスモン(Chrismon)とは、メロヴィング朝から14世紀まで、フランク王国とその末裔の間で行われていた、文書などに個人を表す特殊なモノグラムやロイヤル・サイファー英語版で署名するという慣習のことである。

君主の名前のモノグラムは、王国の公的組織の記章の一部として、警察のバッジなどに使用されている。これは君主とのつながりを示すものである。ただし、イギリスの郵便ポストピラー・ボックス英語版)に刻まれているロイヤル・サイファーは、頭文字を組み合わせたものではないため、厳密にはモノグラムではない。

王室のモノグラムは硬貨に刻まれることが多く、その上には王冠が描かれていることが多い。過去に硬貨にモノグラムを採用した国には、ブルガリアイギリスロシアスウェーデンドイツなど多くの国がある。現在、デンマークの硬貨には女王マルグレーテ2世のモノグラムが、ノルウェーの1クローネ硬貨には国王ハーラル5世を意味する"H5"のモノグラムが裏面に描かれている[5]ユーロを使用している国の中で、ベルギーモナコは王室のモノグラムを国の識別マークとして使用している[6]タイでは、主要な王族の個別の旗に王室のモノグラムが描かれている。

個人用モノグラム編集

 
ドレスシャツにモノグラムを入れる箇所

個人用モノグラムは、文房具、荷物、衣類、その他の個人の持ち物に様式化された形で表示される。個人用モノグラムは2文字または3文字で構成される。

基本的な3文字の個人用モノグラムは、中央にラストネームのイニシャルを大きく、または特別な処理を施し、その左にファーストネームのイニシャル、その右にミドルネームのイニシャルを配する。これは男性と女性では書き方が異なる。例えば、"Mary Ann Jones"という女性の名前の場合は、MJAのように、ラストネームの"Jones"のイニシャル"J"を中央に大きく、"Mary"の"M"を左に、"Ann"の"A"を右に配置する[7]。伝統的に、男性の個人用モノグラム[8]は名前の順番通りの並びにする。"Kyle George Martin"という男性の名前の場合は、KGMとする。

夫婦や婚約中のカップルは、結婚式の招待状などに、2人の名前を組み合わせた2文字のモノグラムを使用することがある。夫婦の場合は、共通の姓のイニシャルを組み合わせた3文字のモノグラムを作ることもできる。例えば、Michael JonesとAlice Jonesという夫婦の場合はMJAのようになる[7]。ただし、夫婦のモノグラムのマナーは、モノグラムを付けるアイテムによって異なる。例えば、リネンには、女性のイニシャルを最初に記載し、次に夫婦共通の姓のイニシャル、そして男性のイニシャルを記載して、先程の例の場合は"AJM"のようにするのが一般的である。

また、オーダーメイドのドレスシャツには、様々な箇所に個人用モノグラムが入れられる。

その他のモノグラム編集

 
テキサス大学のモノグラム

企業や団体、スポーツチームなどの中には、ロゴにモノグラムを採用していることが多く、通常はその頭文字を使っている。例えば、テキサス大学では、公式の紋章の他に、"UT"を組み合わせたモノグラムを使用している。大リーグニューヨークヤンキースユニフォームに使用しているNYマークもモノグラムである。日本プロ野球では読売ジャイアンツのYG、阪神タイガースのHT、中日ドラゴンズのCDなどがある。かつては他にヤクルトスワローズ(ys)、南海ホークス(NH)、ロッテオリオンズ(LO)、日本ハムファイターズ(nh これは親会社の社章でもあった)など多くのプロ野球チームがモノグラムを使用していた。長期的に見るとプロ野球チームのモノグラム使用は減少しつつあるが、2004年に中日がDの一文字に改めていたロゴマークをCDに戻し、2005年に福岡ソフトバンクホークスがShマークを採用する(その前の福岡ダイエーホークスがFDHだった)など復活のきざしもある。一方で日本ハムは北海道に移転して以降、“「F」(ホームゲーム)「H」(ビジターゲーム)の上にボールと七芒星”に変え、そのまま続けている。

オランダ東インド会社(Vereenigde Oost-Indische Compagnie)の"VOC"のモノグラム・ロゴは、おそらく世界で最初に認知された企業ロゴである[9]

ルイ・ヴィトンフェンディなど、モノグラムをロゴに採用しているファッション企業は多い。ココ・シャネルが作成した""CC"を連結した企業ロゴは、国際的に最も認識されているモノグラムの一つである。モノグラムという言葉自体は日本ではルイ・ヴィトンを代表する商品ラインナップとして知られる[独自研究?]。創業者ルイ・ヴィトンのイニシャル「L」と「V」を重ね合わせた幾何学文様をキャンバスに使用しているのが特徴。1896年に初めて商品化された。

タイガー・ウッズロジャー・フェデラーなどのスポーツ選手も、自身の名前のモノグラム・ロゴを商品に使用していることで知られている[10]

レジスタンスのシンボルとしてのモノグラム編集

 
Polska Walcząca(戦うポーランド)

王室のモノグラムの代表的な例として、ノルウェー国王ホーコン7世の"H7英語版"のモノグラムがある。第二次世界大戦中にノルウェーはドイツに占領された。ホーコン7世はイギリスに亡命したが、ドイツ占領下のノルウェー英語版のレジスタンス活動の先頭に立った。"H7"のモノグラムは、国王への連帯感と忠誠心、ノルウェーのレジスタンス活動への支持を示すシンボルとして、ノルウェー国民の間で使用された。ドイツ占領下のノルウェーでは、H7のシンボルを描いたり作成したりする行為は、投獄の対象となった[11].。

第二次世界大戦中のポーランドでは、"PW"のモノグラムがレジスタンスのシンボルとして使われており、その特徴的な形から「錨」(ポーランド語: Kotwica)と呼ばれていた。その意味は様々で、「戦うポーランド」「ワルシャワ蜂起」「ポーランド軍」など、様々なスローガンの頭文字として使われていた。ノルウェーの例と同様、その使用はナチスの占領当局によって罰せられた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 寶田 1997.
  2. ^ 金 et al.
  3. ^ The Shorter Oxford English Dictionary (Fifth edition; 2002) defines it as a "device composed of two or more letters... interwoven together." Volume 1, p. 1820.
  4. ^ Henry Noel Humphreys, The Coin Collector's Manual, Or Guide to Numismatic Student in the Formation of a Cabinet of Coins (Bibliolife, 2008), 226.
  5. ^ Coins Archived 2011-02-03 at the Wayback Machine., at the Norges Bank website.
  6. ^ A commemorative €2 coin from Luxembourg carried the monogram of Grand Duke Henri.
  7. ^ a b Jeanine Twigg, Embroidery Machine Essentials: How to Stabilize, Hoop and Stitch Decorative Designs, KP Craft, 2001, 0-87341-999-5, p. 43.
  8. ^ https://www.simplystamps.com/blog/2016/06/30/monogram-guide-how-to/
  9. ^ Brook, Timothy: Vermeer's Hat: The Seventeenth Century and the Dawn of the Global World. (New York: Bloomsbury Press, 2008), p. 16
  10. ^ Brubach, Holly (2009年8月29日). “The Main Characters of Tennis, and Style”. New York Times. https://www.nytimes.com/2009/08/31/sports/tennis/31logo.html?pagewanted=all&_r=0 2014年8月21日閲覧。 
  11. ^ Hjeltnes, Guri (2008年4月7日). “Meldinger fra Norge” (ノルウェー語). VG: pp. 2 

参考文献編集

関連項目編集