モヘヤ

アンゴラヤギの毛

モヘヤあるいはモヘア(英: mohair)は、アンゴラヤギ(英: Angora goat)の、およびそれらを用いた織物

モヘヤの毛糸
アンゴラヤギ

アンゴラウサギ(英: Angora rabbit)の毛「アンゴラ」を含める場合もある。

特徴編集

カシミアや羊毛などに比べ光沢が非常に強い[1]。繊度は11~90μmである[1]。色相はホワイト[1]。ステープル(短繊維)の形状にウェーブがないのも特徴(カシミアや羊毛などにはウェーブがある)[1]

毛足が長く通気性もよく、繊維のコシが強い利点がある。逆に欠点は抜けやすく、静電気が起きやすい。

用途編集

スーツセーター毛布ショールなどに使われる。

阪急電鉄では、一部を除き車両の座席にアンゴラヤギの毛織物を用いている。神戸電鉄でも採用例がある(6000系以降の各系列)。

産地編集

主要産地はトルコ南アメリカアメリカテキサス州である。

トルコでは年に1回しか毛刈りをしないため長い繊維を産出している。

使用中止の動き編集

2018年自然保護団体南アフリカの牧場にて、モヘヤを採取するヤギに虐待が行われていることを公表。H&Mザラは、モヘヤ素材を使用した製品の販売を中止する方針を打ち出した[2]

また、ユニクロも2020年までにモヘヤの使用を中止することを表明した。[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d 濱島義春. “カシミヤ"の特性とその加工”. 繊維工学Vol.33,No.1(1980). p. 68. 2022年9月12日閲覧。
  2. ^ H&Mやザラ、モヘアの使用中止を表明 ヤギ虐待の訴え受け”. CNN (2018年5月7日). 2018年5月7日閲覧。
  3. ^ ユニクロも「モヘア」使用中止 世界のアパレル動く”. 日本経済新聞(2018年6月6日). 2020年7月16日閲覧。

関連項目編集