毛布(もうふ、: blanket ブランケット)は、ウールなどを厚く織って(あるいは編んで)起毛などの処理を施した製品[1]日本語では「ブランケット」を短縮して「ケット」と呼ばれることもある[2]

防寒具としての使用。毛布にくるまった男性
ロートレック画、題 "Le Lit英語版(ル・リ、「ベッド」の意)で知られる一連の作品の中の1枚。愛し合う二人はベッドの中で毛布にくるまれて眠っている。

概要編集

欧米では、寝具にも防寒具にも使う。

日本へは明治時代初頭に寝具というよりも防寒具として導入された[1]

現在の日本の家庭での主な用途は寝具であり、睡眠中の暖かさを保つことである。掛け毛布としても敷き毛布としても使え、寒い場合は複数枚を使用する方法もある。小さな毛布はスタジアムでの観戦時に、欧米同様に身体をくるむ防寒具として使われることもある。業者などは他の用途でも用いており、運送業者などは家具などを運ぶための緩衝材として使うこともある。

用途編集

次のような用途がある。

  • 寝具 – 日本では主な用途。
  • 防寒具 – 屋外で防寒具として身体を包む。怪我人や病人で体温が下がった人の体温を上げるためにくるむこともある。低体温症に陥った人をくるむということもある。救急医療の現場には用意してある。体温の維持は命をつなぐためにとても大切なことなので、災害時に利用される避難所には、防寒具としても寝具としても使う道具としてかなりの数量を用意しておくことが一般的である。また、どこかで難民(避難民)が多数発生した場合には、" 緊急支援物資 " として各国から現地に送り届けることが世界的に一般的である。
  • 敷物 – ラグと呼ぶほうが多い。冷たい床や地面で尻が冷えるのを防ぎ、薄いクッション材としても機能する。ピクニックブランケットとも呼ばれる。
  • 保温具 – 使用済みとなった古い毛布を自動車のラジエーター冷却水の温度低下を防ぐために巻き付けて使用することもある。
  • 緩衝材 – 使用済みとなった古い毛布を荷物の運送用の緩衝材として使用することがある。引越しの場合の家具の損傷防止や、空間を埋めることで転倒や振動を防ぐことが出来る。
  • 吸音材 – 壁面に設置したり壁面付近に吊ることで音の反響を防ぐことができる。
  • 消火 – 出火したものに毛布をかぶせることで消火あるいは火を抑えることができる。防火用毛布、防火毛布、消火カバーと呼ばれる専用のものもある。
  • 防具 – 警護対象者にかぶせることで銃撃から身を守ることができる。防弾ブランケットと呼ばれる専用のものがある。
  • 馬着 – 馬着は英語でhorse blanketと呼ばれる。

種類編集

製造方法で分類する場合は、織毛布(おりもうふ)と編毛布(あみもうふ)に分類する[2]

そのほか、特殊な用途の毛布を分類するための用語もある。

織毛布編集

羊毛毛布
羊毛を用いたもの。暖かく弾力性がある[1]カシミアアルパカキャメルなどの獣毛を混ぜた製品は最高級品とされる[1]
アクリル毛布
アクリル繊維を用いた毛布。機能性付与が容易であるとされる[1]。軽い、耐久性に富む、染色性が良いなどの特徴がある。なお、アクリル製のアクリル毛布には編毛布のものもある[2]
綿毛布
綿(超長綿)を用いた毛布[1]。軽くて吸湿性がある。洗濯が容易。
シルク毛布
を用いた毛布。他の繊維に比べて軽くて保温性が高く、静電気も起きにくい。

編毛布編集

マイヤー毛布
長い立毛を持つ最高級の毛布。ドイツ製のカールマイヤー編み機によって作られるニット毛布。
タフト毛布
基布にアクリルのパイル糸を起毛した毛布。縦糸の代わりに綿布が用いられる。災害用として使用される。

加重毛布編集

ウェイトブランケットともいい(正しくは weighted blanket)、一定の圧迫感(圧迫刺激)によって安心感を得る感覚過敏の子供などのために、ガラスペレットなどで敢えて重量を増した毛布。Weighted blanketを参照。近年では一般向けの安眠グッズとしても販売されている。

電気毛布編集

電熱線を内蔵し、加熱・保温を行う毛布。


特殊なブランケット編集

ウールを使ったものではないので、普通の意味でのブランケットではないが、シート状で用途的にはブランケットと共通しているのでブランケットと呼ばれているものもある。

歴史編集

毛布の古い形は、古い記録としては、Kambalaという名で記述が残っている。7世紀の中国の僧で旅人であった玄奘は、629年から645年にかけて行ったインドへの旅についての日記でKambalaという道具に言及しており、ヒツジもしくはヤギの毛でできた素材だと書いており、彼はそれを身につけるものと分類していた [3]。(なおサンスクリット語でKambalaとは、ウール素材の毛布のことである[4][5]。)

歴史的な逸話編集

 
メキシコにおけるフランス干渉戦争に参戦したフランス外国人部隊の、1863年の制服と装備品一式。兵士の足下に背嚢が置いてあり、その上辺部に毛布がぐるりと巻き付けてある。

ル・ブーダン編集

ル・ブーダンLe Boudin )は、フランス外国人部隊軍歌行進曲の題名である。直接的には、フランス料理の一つである「ブーダン」、すなわちブラッドソーセージの一種を指す名称であるが、彼らにとっては自分たちに支給されていた青い毛布の愛称であった。兵士にとって欠かせないその毛布の、往時の携帯方法として、円筒状に巻いてカバーをし、背嚢(リュックサック)の上辺部に沿わせて縛り付けておくのが常であったが、円筒状に巻いたその形をの詰め物であるブーダンになぞらえたわけである。

赤ゲット編集

幕末期に日本に毛布をもたらしたイギリス貿易商は、赤い毛布を導入した。日本と同じくイギリスからみれば東国であるインドでは赤色が好まれたからである。これを戊辰戦争の兵士が防寒用に用い、明治時代になって一般市民も用いるようになり、「赤ゲット」と呼ばれるようになった。地方から上京する際に、この赤い毛布を角巻(四角い形をした毛布の肩掛け)のように身にまとう者が多く、そこから転じて「おのぼりさん(お上りさん;都会に出てきた田舎者)」や「田舎者」を指す言葉になり[6]随筆などにおいては1970年代まで使われている[7]。赤ゲットをまとう「おのぼりさん」は、2019年(平成31年/令和元年)に放映されたNHK大河ドラマいだてん〜東京オリムピック噺〜』の第3話にも描かれた。主人公である金栗四三と親友・美川秀信はともに赤ゲットをまとった出で立ちで東京行きの汽車蒸気機関車)に乗り込むが、ナレーションでも「(赤ゲットは)おのぼりさんの証である」と紹介された。

毛布と人間心理編集

英語で "security blanket"、日本語で「安心毛布」と呼ばれるのは、主に子供が、不安感を解消し安心感を得るために持ち運ぶモノ[8]を総じて比喩的に指すための心理学用語である。毛布や柔らかい布でできた人形類が、子供にこのように使われるモノの典型なのでこう呼ばれるようになった。漫画『ピーナッツ』の登場キャラクターであるライナス・ヴァン・ペルト(en:Linus Van Pelt)が肌身離さず毛布を持っていることから「ライナスの毛布」とも呼ばれる。(ライナス・ヴァン・ペルトが毛布を肌身離さず持っている絵は英語版記事 en:Linus Van Pelt に掲載されているので参照のこと。ちなみにライナスは指しゃぶりen:Thumb sucking)もしており、これも子供が不安感をやわらげ安心感を得るためにする行為の典型である。)

比喩編集

「ブランケット」を比喩として用いている例や、ブランケットに見立てている例。機能がブランケットに類似していると、比喩的にブランケットと呼ばれることがある。

なおblanket(毛布)の機能である「全体を大きく包み込む」という機能は、比喩的な意味も生じさせることになっている。辞書で2番目の意味として「包み込むもの」や「包括的なもの」が掲載されており、3番め目の意味としては「無差別の」という意味も掲載されている。

 
"Impact ejecta" とあるのが隕石衝突によって生じる噴出物ブランケット。
   
ピッグス・イン・ア・ブランケット
ピッグス・イン・ブランケッツ
  • ブランケット湿原英語版(英:blanket bog
    • 泥炭地で形成される、ミズゴケ類が平坦に広がった地形。アイルランドなどの極端に湿潤な海洋性気候下では、土壌は塩基が溶脱されて酸性になるため、鉱物質基盤の上にミズゴケが直接生育でき、見た目にブランケットを敷き詰めたような湿原が形成される[9]。英語名としては、"blanket bog(ブランケット ボグ)"、"blanket mire(ブランケット マイア)"、"featherbed bog(フェザーベッド ボグ)" がある。
  • ムラサキダコ属英語版(学名:Tremoctopus、英名:blanket octopus
 
ムラサキダコ属
    • ムラサキダコ科(学名:Tremoctopodidae)に分類されている唯一のタコ。英語名は大きな傘膜をブランケットに見立てている。■右列に画像あり。
  • テンニンギク属英語版(学名:Gaillardia、英名:firewheel, Indian blanket, Indian blanketflower, sundance)
 
ツルメヒシバ
 
ブランケットリーフ

ブランケットにちなむ固有名詞編集

固有名詞に使われた例

他 「ブランケット」が名称に織り込まれているもの編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 『繊維の百科事典』丸善 p.982 2002年
  2. ^ a b c 繊維総合辞典編集委員会『繊維総合辞典』繊研新聞社 p.586 2002年
  3. ^ Thomas Watters M.R.A.S. (1904) (English). On Yuan Chwang'S Travels In India, 629-645 A. D.. pp. 149. http://archive.org/details/OnYuanChwangsTravelsInIndia629645AD. ""The third group is the kambala. This word, which denotes “woollen cloth” and “a blanket”"" 
  4. ^ Turner, R. L. (1999) (英語). A Comparative Dictionary of the Indo-Aryan Languages. Motilal Banarsidass Publishe. pp. 139. ISBN 978-81-208-1665-7. https://books.google.com/books?id=UX_AeDYzhBQC&dq=Kambala+blanket&pg=PA139 
  5. ^ Sanskrit Dictionary”. sanskritdictionary.com. 2022年2月5日閲覧。
  6. ^ 赤ゲットとは”. コトバンク. 2020年12月24日閲覧。
  7. ^ その65 「赤ゲット」は、こうして残った。”. 株式会社三省堂 辞書ウェブ編集部 (2009年4月29日). 2020年12月24日閲覧。
  8. ^ [1]
  9. ^ 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “ブランケット湿原”. コトバンク . 2023年1月11日閲覧。
  10. ^ Bedfordia arborescens Hochr.” (英語). Global Biodiversity Information Facility (GBIF). 2023年1月11日閲覧。

関連項目編集