メインメニューを開く

モリイ湖(もりいこ、Lacul Morii)は、ルーマニアの首都ブカレスト市内を西北西から東南東に横切るドゥンボビツァ川英語版(デゥンボヴィツァ川)の途中にある人造湖で、ブカレストの中心からおよそ6km西北西にある。湖としては市内最大で、面積は246haある。ドゥンボビツァ川に一定の流れを提供している。[1]

モリイ湖
Lacul Morii.png
モリイ湖
モリイ湖の位置(ルーマニア内)
モリイ湖
モリイ湖
場所 ルーマニア
グループ Bucharest Lakes
ルーマニア
最長 1.2 km (0.75 mi)
最大幅 2 km (1.2 mi)
水面積 2.46 km2 (0.95 sq mi)
平均水深 6 m (20 ft)
最深部 7 m (23 ft)
水量 0.015 km3 (0.0036 cu mi)
岸全長1 7 km (4.3 mi)
水面標高 78 m (256 ft)
Lacul Morii Island
自治体 ブカレスト
1 岸の長さは厳密な測定によるものではない。
テンプレートを表示

概要編集

主に洪水から街を保護するために1986年に造られた。レクリエーションエリアにもなっている。の境にはダムが設置してあり、洪水が予測されるとき、洪水を緩和するために、湖の量を増加させることができる。湖の南には半島があり、北部にはモリイ湖島という、ブカレストの唯一のがある。 2011年には、ボランティアが、475本の木を植えた。島では、何度か大きな音楽コンサートを開催したことがある。湖はレクリエーションエリアとして使用され、航空ショー[2]ボート水上スポーツコンテストのようなショーがある。ライブ音楽祭やその他のコンサートが開催されることもある。 ウィンドサーフィン[3]水上スキー水上バイクその他のウォータースポーツも盛んで、モリイ湖を旅行先にするプロジェクトもあり、周辺エリアは、モダンな住宅、商業·ビジネスエリアになっている[1]

ギャラリー編集

引用・脚注編集

外部リンク編集