モンゴル高原

東アジア北部に位置する内陸の高原地帯

モンゴル高原(モンゴルこうげん、: Mongolian Plateau)は、東アジアの北に位置する内陸の高原地帯で、モンゴル民族テュルク系民族の居住地。モンゴル国ロシア極東の南部と中国内モンゴル自治区をあわせた領域にほぼ一致する。漢語では蒙古(もうこ)あるいは蒙古高原(もうここうげん)と言う[1]

モンゴル
モンゴル語キリル文字表記 Монгол
中国語表記(ピンイン 蒙古 (Mĕnggŭ)
ロシア語 Монголия
仮名転写 モンゴル
英語表記 Mongolia
実効統治国家 モンゴル国中華人民共和国ロシア
モンゴルの歴史
モンゴル高原
獫狁 葷粥 山戎
月氏 匈奴 東胡
南匈奴
丁零 鮮卑
高車 柔然
鉄勒 突厥
  東突厥
回鶻
黠戛斯 達靼 契丹
ナイマン ケレイト 大遼
(乃蛮) (客烈亦) モンゴル
モンゴル帝国
大元嶺北行省
北元オイラト
大清ハルハ
大モンゴル国
モンゴル人民共和国
モンゴル国

標高およそ1000m前後の草原からなり、中央部は乾燥地帯(ゴビ砂漠)である[2]。ゴビ砂漠を境目として、北部はモンゴル国にあり、外蒙古または漠北とも呼ばれ、南部は南モンゴル(内蒙古)あるいは漠南と呼ばれ、歴史的・政治的に2地域に分かれている。北部はサヤン山脈を境界としてシベリアに接する。降水量は少なく、寒暖差の激しい、厳しい気候である。

脚注編集

  1. ^ 日本国語大辞典, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,世界大百科事典 第2版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “モンゴル高原とは” (日本語). コトバンク. 2021年3月13日閲覧。
  2. ^ モンゴルこうげん【モンゴル高原】 | も | 辞典” (日本語). 学研キッズネット. 2021年3月13日閲覧。

外部リンク編集