メインメニューを開く

ヤマトより愛をこめて」(ヤマトよりあいをこめて)は、日本歌手である沢田研二の24枚目のシングルである。

ヤマトより愛をこめて
沢田研二シングル
初出アルバム『今度は、華麗な宴にどうぞ。
B面 酔いどれ関係
リリース
規格 7インチシングル
ジャンル ポップス
時間
レーベル ポリドール
作詞・作曲 作詞:阿久悠
作曲:大野克夫
プロデュース 西崎義展
石川浩二
チャート最高順位
沢田研二 シングル 年表
ダーリング
1978年
ヤマトより愛をこめて
(1978年)
LOVE (抱きしめたい)
(1978年)
テンプレートを表示

1978年8月1日ポリドール・レコードより発売された。

目次

解説編集

表題曲は、同年公開の劇場用アニメ映画さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(以降、『さらば』)のエンディングテーマである。

作詞は阿久悠、作曲は大野克夫が、それぞれ「憎みきれないろくでなし」から4作連続で担当した。当初は宮川泰により作曲されたが、候補曲の4曲がプロデューサーの西崎義展の気に入らずボツとなり、新たに大野へ依頼することとなった。最終的には大野による作曲、宮川による編曲の楽曲として完成した[1]

発売されて3週間でオリコンのベスト10に初登場し、2週間4位にランクされた。音楽番組『ザ・ベストテン』では8月31日放送から10月5日放送まで6週ランクインし、最高位は2位[2]

ベストアルバム『ROYAL STRAIGHT FLUSH』収録版はバージョンが異なり、伴奏のエレキギターが追加され、後奏が短い。『さらば』で使用されたのは、こちらのバージョンである。

日本コロムビアから1978年に発売されたサウンドトラック『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 音楽集』『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち ドラマ編』では、沢田研二が当時ポリドールに所属していたために彼のボーカルを使えず、『音楽集』ではインストゥルメンタル、『ドラマ編』ではメロディーに合わせて西崎が歌詞を朗読したものが、それぞれ収録された。同じく日本コロムビアから1980年12月に発売されたアルバム『宇宙戦艦ヤマト 主題歌ヒット曲集』では、ささきいさおによるカバーバージョンが収録された。『宇宙戦艦ヤマト』関係のアルバムにオリジナル版が収録されたのは、2000年コロムビアファミリークラブより通販のみで販売された『松本零士音楽大全』が初である。

2017年2月25日から劇場先行上映されるアニメ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章には、本曲がエンディングテーマとして用いられる。これを記念し、YouTubeでは『さらば』当時の音源を用いた第一章のPVが公開されている[3]

収録曲編集

  1. ヤマトより愛をこめて(4分43秒)
    • 作詞 - 阿久悠 / 作曲 - 大野克夫 / 編曲 - 宮川泰
  2. 酔いどれ関係(3分19秒)
    • 作詞 - 阿久悠 / 作曲 - 大野克夫 / 編曲 - 船山基紀

カバー編集

  • 西崎義展(1978年、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち ドラマ編』に収録)
  • 同志社学生混声合唱団(1995年、アルバム『宇宙戦艦ヤマト〜混声合唱とピアノ・打楽器のための 合唱組曲』に収録。久石譲編曲。)
  • ささきいさお(1995年、アルバム『宇宙戦艦ヤマト ソング・コレクション』に収録)
  • 緒方恵美(2007年、アルバム『アニメグ。』に収録)
  • 高見沢俊彦(2008年、DVD『Kaleidoscope II〜鋼鉄天使の凱旋〜』に収録)
  • 山寺宏一(2017年、アルバム『POWER』に収録)[4]

出典編集

  1. ^ 『ロマンアルバムデラックス11 さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』徳間書店、1978年、p.97
  2. ^ 山田修爾『ザ・ベストテン』ソニー・マガジンズ、2008年、pp.281-282
  3. ^ 「宇宙戦艦ヤマト2202」鈴村健一&神田沙也加が完成披露に登壇、新PVも公開 - 映画ナタリー(株式会社ナターシャ)、2017年2月6日、2017年11月30日閲覧
  4. ^ 山寺宏一、置鮎龍太郎、関智一ら男性声優6名が阿久悠作詞の特撮&アニメ主題歌カバー - 音楽ナタリー(株式会社ナターシャ)、2017年11月16日、2017年11月30日閲覧