ヤーコブ・フュルヒテゴット・ディールマン

ヤーコブ・フュルヒテゴット・ディールマン(Jakob Fürchtegott Dielmann、1809年9月9日 - 1885年5月30日)はドイツの画家、版画家である。ヘッセン州ヴィリングスハウゼンの芸術家村(Willingshäuser Malerkolonie)やクローンベルク・イム・タウヌスの芸術家村(Kronberger Malerkolonie)のメンバーとして活動した。

ヤーコブ・フュルヒテゴット・ディールマン
Jakob Fürchtegott Dielmann
Jakob Fürchtegott Dielmann.jpg
Karl Bennertによる肖像画
生誕1809年9月9日
Flag of the Free City of Frankfurt.svg 自由都市フランクフルト・アム・マイン
死没1885年5月30日
ドイツの旗 ドイツ帝国, フランクフルト・アム・マイン

略歴編集

フランクフルト・アム・マインに庭師の息子に生まれた。1825年から1827年までフランクフルトの版画出版の会社で働いた後、フランクフルトの美術学校(Städelschen Kunstinstituts)でヴェンデルシュタット(Karl Friedrich Wendelstadt) に学んだ。この頃、画家のヤーコブ・ベッカーと友人になった。1835年にベッカーと、デュッセルドルフ美術アカデミーに移り、ディールマンは風景画家のヨハン・ヴィルヘルム・シルマーの弟子になった。 ミッテルライン地方やマイン川流域やヘッセンの風景を描いた。

1841年にヴィリングスハウゼンで活動する画家、ゲルハルト・ヴィルヘルム・フォン・ロイテルンを初めて訪ね、ヴィリングスハウゼンの芸術家村のメンバーとなり、村人の生活や伝統衣装を着た人々を描いた。1842年にもヴィリングスハウゼンを訪れた。1842年からフランクフルトの美術学校で、アントン・ブルガーフィリップ・ルンプフを指導した。1860年代になってクローンベルク・イム・タウヌスに移り、クローンベルク・イム・タウヌスに芸術家村を形成することになった。

作品編集

参考文献編集

  • Heinrich Weizsäcker: Dielmann, Jakob Fürchtegott. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 47, Duncker & Humblot, Leipzig 1903, S. 680–683.
  • Museumsgesellschaft Kronberg im Taunus (Hrsg.): Jakob Fürchtegott Dielmann – Gründer der Kronberger Malerkolonie. Kramer, Frankfurt am Main 1984.