ユカギール人

ユカギール族から転送)

ユカギール人(Yukaghir/Yukagir、ロシア語: юкаги́ры、自称はロシア語: одул(odul)、ロシア語: деткиль(detkil)など)は、シベリア東部に住む先住民族である。コリマ川流域のサハ共和国マガダン州チュクチ自治管区に住んでいる。居住地域は2つに分かれ、北部ユカギール(ツンドラ・ユカギール)はサハ共和国コリマ川下流部に、南部ユカギール(タイガ・ユカギール)はコリマ川上流部とマガダン州スレドネカンスキー地区に住む。

ユカギール(ヤクーチア,1905)

概要編集

ユカギール人は北東アジアで最も古い民族の一つで、古くはバイカル湖から北極海まで住んでいたといわれる。17世紀にロシア人が入植した頃には、レナ川からアナディル川河口に至る広い範囲に住み、9,000人ほどいた。しかし19世紀にかけて伝染病などで人口が減少し、一部の人々はヤクートエヴェンに同化した。

かつては多数の部族があり、現在はそのうち次の3部族のみ残っているとされるが、部族としてのアイデンティティも失われつつある。

  • ヴァドゥルVadulはツンドラ・ユカギールに当たり、主にトナカイを飼育している。人口は700人以上。
  • オドゥルOdulはタイガ・ユカギールに当たり、狩猟採集生活をしている。人口は400人以下とされる。以上の人々の人口は1,509人(2002年)となっている。ヴァドゥル、オドゥルはいずれも「力強い」の意味。
  • チュヴァンChuvan:チュクチ語を用いているが元来ユカギールの部族である。人口1087人(2002年)。かつてはチュクチ人とともにいたが現在はコリマ川流域に住む。

言語編集

母語であるユカギール諸語ウラル語族との同系説が有力である。これにチュクチ・カムチャツカ語族エスキモー・アレウト語族も加えたウラル・シベリア語族を成すとする説[1]もある。

現在多くの人がヤクート語ロシア語を使うようになっており、ユカギール語は話者が200人以下で絶滅の危機にある。

宗教編集

正教が布教されたが、古来のアニミズムシャーマニズムも残る。太陽を最高として様々な精霊が世界を支配し、シャーマンも死後は神になると考えられていた。

遺伝子編集

ある研究では、ユカギール人のY染色体ハプログループC2系統31%、N1a1系統31%、Q系統31%となっている[2]

別の研究では、11人のユカギール人男性のY染色体ハプログループのうち、3人がハプログループN1a1ヤクートで見つかったものとは異なる下位系統)に属し、別の4人がハプログループC2(多くがコリャーク人にも見られるのと同じ下位系統)、別の1人はハプログループO(ハプログループOの確認例としては最北の民族である)に属していた。残りの3人は明らかなロシア人の遺伝的影響を示しており、2人がハプログループR1a、1人がハプログループI2aに属していた。 この研究では、ミトコンドリアDNAに関して、ユカギール人とチュクチ人の間に類似点は見られなかった[3]

脚注編集

  1. ^ Fortescue, Michael. 1998. Language Relations across Bering Strait: Reappraising the Archaeological and Linguistic Evidence. London and New York: Cassell. ISBN 0-304-70330-3.
  2. ^ Duggan AT, Whitten M, Wiebe V, Crawford M, Butthof A, et al. (2013) Investigating the Prehistory of Tungusic Peoples of Siberia and the Amur-Ussuri Region with Complete mtDNA Genome Sequences and Y-chromosomal Markers PLoS ONE 8(12): e83570. doi:10.1371/journal.pone.0083570
  3. ^ Fedorova SA, Reidla M, Metspalu E, et al. Autosomal and uniparental portraits of the native populations of Sakha (Yakutia): implications for the peopling of Northeast Eurasia. BMC Evol Biol. 2013;13:127. Published 2013 Jun 19. doi:10.1186/1471-2148-13-127