メインメニューを開く

ハプログループI (Y染色体)

ハプログループI (Y染色体)(ハプログループI (Yせんしょくたい)、英: Haplogroup I (Y-DNA))とは分子人類学において人類の父系を示すY染色体ハプログループ(型集団)の分類で、ハプログループIJの子系統で、L41, M170, M258, P19_1, P19_2, P19_3, P19_4, P19_5, P38, P212, U179の変異によって定義されるグループである。40,000-50,000年前にヨーロッパまたは中東で誕生したと考えられる。途絶えずに現代のヒトに直系の子孫を残す下位系統の最も近い共通祖先はおおよそ25,000-30,000年前にさかのぼると推定される。

ハプログループ I (Y染色体)
ハプログループIの分布
推定発生時期 42,900 [95% CI 40,300 <-> 45,700]年前[1]
47,600年前もしくは40,700年前[2]
推定発生地 西アジアまたはヨーロッパ
現存下位系統の
分岐開始年代
27,500 [95% CI 25,200 <-> 29,800]年前[1]
30,500年前もしくは26,100年前[2]
親系統 IJ
子系統 I1,I2
定義づけられる変異 L41, M170, M258, P19_1, P19_2, P19_3, P19_4, P19_5, P38, P212, U179
高頻度民族・地域 北欧(I1)、バルカン半島(I2)、クロマニョン人(I2)

分布編集

ヨーロッパに高頻度である。I1系統が北欧に、I2系統がバルカン半島に多い。en:Herzegoviniansに63.8%[3]ルーマニア人に48.1%[4]ボスニア人に42.0%[5]ノルウェー人に40.3%[6]スウェーデン人に40%[7]などである。ハプログループC1a2 (Y染色体)に次いでヨーロッパに分布を広げたグループであり、32,000-22,000年前にヨーロッパに至った[8]Swederian文化クンダ文化の担い手と考えられる。サブグループI1は北方人種と、I2はディナール人種と分布の相関がみられる。

下位系統編集

ISOGG 2011による。

  • I L41, M170, M258, P19_1, P19_2, P19_3, P19_4, P19_5, P38, P212, Page123, U179
    • I*
    • I1 L64, L75, L80, L81, L118, L121/S62, L123, L124/S64, L125/S65, L157.1, L186, L187, L840, M253, M307.2/P203.2, M450/S109, P30, P40, S63, S66, S107, S108, S110, S111 :北欧に多い。新石器時代ヨーロッパ中部に分布しており[9]、北欧へ至ったようである。
    • I2 L68/PF3781/S329, M438/P215/PF3853/S31 ヨーロッパ中南部に多い。

クロマニョン人編集

13,000年前のスイスクロマニョン人を遺伝子調査したところ、ハプログループI2a (Y染色体)に属すという結果が出た[10]。これによりハプログループIはクロマニョン人のハプロタイプであることが明らかとなった。

農耕と巨石文明の受容編集

ハプログループIはヨーロッパ先住系の狩猟採集民(クロマニョン人)だが、後からハプログループG2aによってもたらされた農耕巨石文明[11]を受容した。巨石記念物の作り手として、ハプログループG2aとともにハプログループI2aも検出されている[12][13]

碧眼・金髪編集

ハプログループI(特にI1)は碧眼の分布と相関しており、碧眼遺伝子の担い手であったようである[14]。また金髪の分布とも相関している。

言語編集

ハプログループIの担っていた言語は印欧語などに言語交替したため完全に失われており、その詳細は全く不明である。しかしウラル語族バルト・フィン諸語フィンランド語エストニア語など)の語彙にはその他のフィン・ウゴル語派と共通しないものがあり、それは古い基層言語に由来する可能性があること、また特にサーミ語に関しては、祖先は別の言語を話しており、のちにフィン・ウゴル語を受け入れたという可能性が高いこと、またゲルマン諸語の語彙にもその他の印欧語族と共通しないものがあることから、これらの基層言語として元来のハプログループIの言語の痕跡を垣間見ることができる可能性がある。

脚注編集

  1. ^ a b YFull Haplogroup YTree v5.06 at 25 September 2017
  2. ^ a b G. David Poznik, Yali Xue, Fernando L. Mendez, et al. (2016), "Punctuated bursts in human male demography inferred from 1,244 worldwide Y-chromosome sequences." Nature Genetics 2016 June ; 48(6): 593–599. doi:10.1038/ng.3559.
  3. ^ Pericic M, Lauc LB, Klarić IM, Rootsi S, Janićijevic B, Rudan I, Terzić R, Colak I, Kvesić A, Popović D, Sijacki A, Behluli I, Dordevic D, Efremovska L, Bajec DD, Stefanović BD, Villems R, Rudan P (2005). "High-Resolution Phylogenetic Analysis of Southeastern Europe Traces Major Episodes of Paternal Gene Flow Among Slavic Populations". Molecular Biology and Evolution 22 (10): 1964–75. doi:10.1093/molbev/msi185. PMID 15944443.
  4. ^ Alexander Varzari, Population History of the Dniester-Carpathians: Evidence from Alu Insertion and Y-Chromosome Polymorphisms (2006)
  5. ^ Pericic M, Lauc LB, Klarić IM, Rootsi S, Janićijevic B, Rudan I, Terzić R, Colak I, Kvesić A, Popović D, Sijacki A, Behluli I, Dordevic D, Efremovska L, Bajec DD, Stefanović BD, Villems R, Rudan P (2005). "High-Resolution Phylogenetic Analysis of Southeastern Europe Traces Major Episodes of Paternal Gene Flow Among Slavic Populations". Molecular Biology and Evolution 22 (10): 1964–75. doi:10.1093/molbev/msi185. PMID 15944443.
  6. ^ Rootsi, Siiri (2004). Human Y-chromosomal variation in European populations (PhD Thesis). Tartu University Press. hdl:10062/1252.
  7. ^ Rootsi, Siiri (2004). Human Y-chromosomal variation in European populations (PhD Thesis). Tartu University Press. hdl:10062/1252.[page needed]
  8. ^ Eupedia
  9. ^ Eupedia
  10. ^ Eppie R. Jones, Gloria Gonzalez-Fortes, Sarah Connell, Veronika Siska, Anders Eriksson, Rui Martiniano, Russell L. McLaughlin, Marcos Gallego Llorente, Lara M. Cassidy, Cristina Gamba, Tengiz Meshveliani, Ofer Bar-Yosef, Werner Müller, Anna Belfer-Cohen, Zinovi Matskevich, Nino Jakeli, Thomas F. G. Higham, Mathias Currat, David Lordkipanidze, Michael Hofreiter et al.(2015) Upper Palaeolithic genomes reveal deep roots of modern Eurasians Nature Communications 6, Article number: 8912 doi:10.1038/ncomms9912
  11. ^ Eupedia
  12. ^ Eupedia1
  13. ^ Eupedia2
  14. ^ R1 populations spread genes for light skin, blond hair and red hair


Y染色体アダム (Y-MRCA)
A0 A1
A1a A1b
A1b1 BT
B CT
DE CF
D E C F
G H IJK
IJ K
I J K1 K2
L T MS NO P K2*
N O Q R