ユゴ 大統領有故』(ゆご だいとうりょうゆご、原題:그때 그사람들)は、2005年韓国映画朴正煕暗殺事件を描いたブラック・コメディ[1]イム・サンス監督・脚本。原題の「그때 그사람들(→その時その人たち)」の由来は、暗殺現場に居合わせた歌手シム・スボンのヒット曲「그때 그사람(→その時その人)」から。

ユゴ 大統領有故
그때 그사람들
監督 イム・サンス
脚本 イム・サンス
製作 シム・ジェミョン、シ・チョル
出演者 ハン・ソッキュ
ペク・ユンシク
音楽 キム・ホンジプ
撮影 キム・ウヒョン
編集 イ・ウンス
配給 エスピーオー
公開 大韓民国の旗 2005年2月3日
日本の旗 2007年12月15日
上映時間 104分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示

エピソード編集

暗殺事件の舞台となった宴席でシム・スボン役のキム・ユナが日本語で美空ひばりの「悲しい酒」と都はるみの「北の宿から」を弾き語るシーンがあるが、実際には2曲とも歌っておらず、朴大統領が日本の演歌好きだという逸話から脚色されたものである[2]

キャスト編集

【】内は実際の事件における氏名

スタッフ編集

  • 監督・脚本:イム・サンス
  • 製作:シム・ジェミョン、シ・チョル
  • 音楽:キム・ホンジプ
  • 撮影:キム・ウヒョン
  • 美術:イ・ミンボク

脚注編集

外部リンク編集