北の宿から

日本の都はるみの楽曲

北の宿から」(きたのやどから)は、1975年12月1日に発売された都はるみの67枚目のシングル。演歌ならびに昭和歌謡を代表する楽曲として時代を超えた高い評価を得ている。

北の宿から
都はるみシングル
B面 風の噂
リリース
ジャンル 演歌
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 阿久悠(作詞)
小林亜星(作曲)
竹村次郎(編曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
    1976年度年間3位(オリコン)[1]
    1977年度年間11位(オリコン)[1]
    オリコン歴代シングルランキング100位
都はるみ シングル 年表
泣き笑い
(1975年)
北の宿から
(1975年)
ただひとり
(1976年)
テンプレートを表示

解説編集

  • 2021年9月26日より放送の「日清どん兵衛」CM「心にしみるWだし 篇」にて本楽曲がBGMとして使用されている[2]

歌詞編集

  • 作詞家の阿久悠は初めて都はるみに詞を書くにあたって都の元気のいい個性を生かそうと考え、『野郎』というタイトルの詞を作ったがボツになり、急遽イメージを転換して書いたのが本作品だった。「別れた男性のセーターを編む」というのは別れにケリをつける若い女性の儀式であり、「死んでもいいですか」は自嘲気味のひとり芝居というようなイメージだったという[3]
  • 「演歌撲滅運動」なるキャンペーンを提唱した淡谷のり子が名指しで批判した楽曲でもある。しかし阿久自身が意図したのは失った恋に自らけじめをつけようとする性根の座ったしぶとい女だった。阿久は「僕は強い女を書いたつもりだったのに、怖い女あるいは悲しい女を描いたと受けとられた」と述懐している[4]
  • なお当時、都が音楽番組で同曲を歌唱の際、「大サビ」としてサビの部分をリフレインし、音程を上げて歌うパターンが多く披露されていた(レコード音源には、そのようなパートは録音されていない)。

旋律編集

  • この曲の旋律はフレデリック・ショパンピアノ協奏曲第1番の第1楽章のピアノ独奏部分の冒頭部との類似が指摘されている。しかし作曲した小林亜星自身はこの曲を元に作曲したわけではない、と述べている[5]。ショパンは1849年に亡くなっており、法律としては「北の宿から」が発表された1975年時点では、ピアノ協奏曲の著作権は日本において著作権の保護期間を満了し消滅している。
  • 小林は後に懇意のヴァイオリニスト、天満敦子のためにこの曲のヴァイオリン編曲版を発表している。2009年発売の天満のアルバム『ロマンティックをもう一度』にはヴァイオリンによるこの曲の演奏が収録されている。

チャートアクション編集

  • オリコンシングルチャートの1976年の年間第3位、1977年の年間11位を獲得した[1]。オリコンシングルチャート史上100曲目の(週間)1位作品でもある。初登場時は83位だったが、発売約1ヶ月後に『第26回NHK紅白歌合戦』で歌われ、約半年後にはトップ10にランクイン。また、年末になって音楽賞レースなどにより、44週目(1976年12月6日付)で1位を獲得した。この最長到達週記録は2003年に中島みゆきの「地上の星/ヘッドライト・テールライト」に破られるまで1位であった。その後12月20日付から1977年1月10日付まで3週連続1位を記録している[1]

収録曲編集

  1. 北の宿から(3分47秒)
    編曲:竹村次郎
  2. 風の噂(3分5秒)
    編曲:栗田俊夫

カバー編集

  • 1977年、石川さゆり(アルバム『能登半島』に収録)
  • 1978年、テレサ・テン(アルバム『心にのこる夜の唄』に収録)
  • 1978年、青江三奈(アルバム『君の唇に色あせぬ言葉を 〜阿久 悠 作詞集』に収録)
  • 1979年、研ナオコ(アルバム『NAOKO VS AKU YU』に収録)
  • 1996年、天童よしみ(アルバム『天童節 昭和演歌名曲選 第十七集』に収録)
  • 2002年、坂本冬美(アルバム『坂本冬美 ヒットカバー名曲集』に収録)
  • 2007年、クミコ(アルバム『十年 ~70年代の歌たち~』に収録)
  • 2009年、イルカ(アルバム『歌鬼2〜阿久悠 vs. フォーク〜』に収録)
  • 2013年、桑田佳祐AAAイベント『昭和八十八年度!第二回ひとり紅白歌合戦』でカバー)
  • 2013年、岩佐美咲(アルバム『リクエスト・カバーズ』に収録)
  • 2014年、岩崎宏美(アルバム『Dear Friends VII 阿久悠トリビュート』に収録)
  • 2015年、角川博(アルバム『女ごころ…ヒットカバー集』に収録)
  • 2015年、市川由紀乃(アルバム『唄女 うたいびと ~昭和歌謡コレクション』に収録)
  • 2016年、吉幾三(アルバム『あの頃の青春を詩う vol.3』に収録)
  • 2016年、松前ひろ子(アルバム『松前ひろ子 全曲集~挽歌の岬~』に収録)
  • 2017年、北原ミレイ(アルバム『北原ミレイ~阿久悠作品を歌う』に収録)
  • 2018年、葵かを里(アルバム『葵かを里全曲集~金沢茶屋街~』に収録)
  • 2020年、UA(トリビュートアルバム『都はるみを好きになった人 ~Tribute to Harumi Miyako~』に収録)

エピソード編集

発売当時の値段は500円。

1978年に北朝鮮拉致被害にあった地村(旧姓濱本)富貴恵は、拉致された当時この曲を口ずさむことで辛い境遇を慰めていた[6]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e オリコンランキング情報サービス「you大樹」
  2. ^ 日清のどん兵衛「心にしみるWだし 篇」、日清食品 - 2021年9月28日閲覧。
  3. ^ 阿久悠愛すべき名歌たち』(岩波書店 1999年7月19日) ISBN 978-4004306252
  4. ^ 阿久悠 『書き下ろし歌謡曲』(岩波書店 1997年8月20日) ISBN 978-4004305200
  5. ^ 月刊誌『ショパン』2009年1月号
  6. ^ 「ふたりの情景を歌い続けて 地村富貴恵さんに教えられた「北の宿から」の重み」婦人公論 2003年3月22日号